画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Wine lets you run Windows software on other operating systems.

Wineチームは3月16日(米国時間)、「WineHQ - Wine Announcement - The Wine development release 3.4 is now available.」において、Wine開発版の最新バージョンとなる「Wine 3.4」の公開を伝えた。WineはLinuxやmacOS、*BSDなどのオペレーティングシステムでWindowsアプリケーションを実行するための互換レイヤ。

Wine 3.4における主な変更点は次のとおり。

Vulkanサポートの改善(X11ドライバの統合なども含む)

x86-64における特権インストラクション処理の改善

RegEditにおける16進数編集ダイアログの改善

wine-stagingからのいくつかのパッチのマージ

複数のバグ修正

前回の開発版に引き続き、Vulkanのサポートが進んだ点が注目される。今後しばらくはVulkanのサポート改善が続くものと見られる。

Wineは仮想環境のようにPCをエミュレートするタイプのソフトウェアとは異なり、WindowsのAPIそのものをUNIX系オペレーティングシステムのAPIに置き換えることで処理を行っている。Windowsアプリケーションを実行するにあたって、Windowsを必要としないという特徴がある。