画像提供:マイナビニュース

写真拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)が新型「ポロ」を発売した。6代目となる今回のモデルでフォルクスワーゲンが強調するのは、シャープで力強いデザインや広い室内空間。全長も65mm大きくなったというから、これまでとは違った客層にも響く商品になっているのかもしれない。

○共通プラットフォーム採用で変身した「ポロ」

新型「ポロ」の発表会に登壇したVGJのティル・シェア社長が、まず初めに提示したのは「ベストセラーの進化」というメッセージだ。進化とは「長い伝統の上に新たな時代の要請への答えを積み重ねていくこと」と定義した。ポロは1975年の誕生以来、世界で累計1,400万台の販売実績を持つフォルクスワーゲン(VW)の人気商品だが、日本では1996年に本格導入が始まり、これまでに25万台以上が売れているという。

40年を超える歴史を持つポロだが、今回の新型で注目すべき進化のポイントは、VWが展開する「MQB」というモジュラー戦略を採用したことだ。設計の基本となるプラットフォームをVWの他の車種と共有することで、上級モデルの「アルテオン」などと共通の技術や品質をコンパクトカーであるポロにも落としこめるようになった。

「ゴルフ」「パサート」「ティグアン」「アルテオン」といった、大きさも価格も違うクルマでVWが共有するMQBは、サイズをモデルによって柔軟に変えられることを特徴とする。ポロが全長4,060mmであるのに対し、VWの最上級モデルであるアルテオンの全長は4,865mmだ。ただ、先代と比べるとポロの全長は65mmも伸びていて、ホイールベース(前輪と後輪の中心を結んだ距離)に至っては80mmも長くなっているそうだ。

○イメチェンで女性人気に影響は?

シェア社長によると、現行ポロのユーザーは48%が女性であるとのこと。女性に支持された理由としては、取り回しの良さ、安全性能の充実ぶり、日本に適したサイズ感といったポイントを挙げた。だが、新型ポロからは、もう少し男性客にも訴求したいというVWの思惑が見てとれる。

まずデザインを見ると、フロントマスクは横に長く位置の低い水平方向のラインで「ワイド・アンド・ロー」な雰囲気をかもし出しているし、ボンネットにはV字ラインを入れてシャープさを演出している。サイドから見ても、ウィンドウの下部を斜めに横切るキャラクターラインが鋭い印象だ。新型ポロの販売開始と同時に公開となったスペシャルムービーでは、「カワイイだけで、生き残れる時代じゃないから。」とのメッセージを明確に打ち出してもいる。

新型ポロのターゲット層は、20〜40代で単身あるいは若いファミリー層に設定しているとのこと。荷室容量は先代から71リットルも増えて351リットルとなり、使い勝手は向上しているとシェア社長は強調した。先行受注は3月2日に開始しており、これまでに1,000件を超える注文を得ているという。

小さくてかわいいクルマから「大人になった」(シェア社長)ポロ。VWとは最も距離が遠そうな若い女性客のため、ポロではイメージをキープしていくという戦略もありだったのではないかとも思えるが、より間口の広くなった新型ポロには、「これまでのモデルを超える販売台数を」とシェア社長は期待を込めた。