4月から新生活をスタートされる皆さま、いろいろ不安や心配もあるでしょうができるだけ順調にスタートしたいときっと誰しも思いますよね。そんなあなたを応援すべく、ぜひ覚えておきたいこと4つをまとめてみました。新生活に戸惑い、自信を失いそうな時はぜひ思い出してみてください。

新生活を順調にスタートするために覚えておきたいこと5つ

1. 誰かの幸せを素直に喜べる気持ちを忘れないようにしよう

新生活が始まり、誰もがナーバスになっているこの時期、他人のちょっとしたことがひどく気になったり、羨ましく感じたりしがちです。でもそんな時こそ、誰かの幸せや喜びを素直に喜べる気持ちを大切にしましょう。そんな素直さを感じさせる人柄であれば、周囲の人も何かと手を貸してくれるし、いざという時力になってくれます。自分の幸せも他の人の幸せも同じように大事にできる人でありたいですね。

2. 失敗は誰だってする、だからこそ恥ずかしがらずにどんどん聞こう

慣れない新生活ではどんなに気を使っていても失敗したり、怒られてしまったりすることもあるでしょう。でも失敗をしない人なんて存在しません、どんな人だってきっと失敗やミスを繰り返しながら試行錯誤しているのです。だから失敗しても自分を責めたりせず、分からないことや不安はどんどん口に出したり、たずねてみたりして下さい。それはちっとも恥ずかしいことではないし、相手にも自分のことをよく理解してもらう糸口となるでしょう。

3. どんなに忙しくても自分の心身のSOS信号に耳を傾けて

新生活が慌ただしく過ぎてゆくと、ついつい無理を重ねてしまいがち。睡眠不足になったり、食生活が乱れたりしやすくなります。そうなると誰だって全体的なエネルギーがどんどん低下してしまうもの。そんな生活パターンがうつ病といった精神的なダメージにつながってしまうこともあるのです。ですからどんなに忙しい生活でも、自分の心と体の健康状態には注意を払い、SOS信号を発していないか気をつけていましょう。

4. 一見ハードルが高そうなことも克服できれば楽しくなる

新しい環境に慣れることで精一杯な日々がしばらく続きますが、でも一見難しそうなこと、ハードルが高そうなことから逃げないように気持ちをオープンにしていましょう。そうした難題は確かに乗り越えるのが難しそうな気がしますが、それに挑戦して克服したら自分の実力も大いに伸び、もっと人生が楽しくなるはず。それに若い時の失敗は決してムダにはなりません。周囲の人にも力を借りて積極的にチャレンジして下さい!

5. 今までの生活のなかでの成功体験やうれしかったことをいつでも思い出そう

今までの慣れ親しんだ環境から急に新しい生活になって戸惑ったり、自信を無くしたりすることもあるでしょう。それが5月病というかたちで表れることもありますが、自分のメンタリティをしっかり守るためにも、今までの成功体験やうれしかったことを自分でいつでも思い出せるようにして、今の状況が一時的なものに過ぎないことをはっきり自覚しておくべき。そうすれば気分が落ち込んでも、回復するきっかけをつかみやすくなります。