米国は依然、インターネット広告市場の規模が世界で最も大きい国。その同国で、市場を独占しているのは、検索最大手の米グーグルと、ソーシャルメディア最大手の米フェイスブックだ。

 しかし、米市場調査会社eマーケターの最新レポートによると、今、この市場では、米アマゾン・ドットコムなどの下位にいる企業が、広告収入を増やしており、上位2社のシェアを奪いつつあるという。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

グーグルとFBのシェアが初めて低下

 eマーケターが推計する、今年(2018年)における、グーグルとフェイスブックを合わせた金額ベースの市場シェアは56.8%。両社の合計シェアは昨年の58.5%から低下し、初めて前年の数値を下回ると、eマーケターは見ている。

 これを詳しく見ると、グーグルのシェアは37.2%となり、昨年の38.6%から若干低下する見通し。フェイスブックのシェアは19.6%で、こちらも昨年の19.9%から若干低下するという。

 eマーケターによると、グーグルのシェアは、2年ぶりに低下する。フェイスブックのシェアは、eマーケターが調査を開始して以来、初めて前年のそれを下回る(ウォールストリート・ジャーナルの記事)。

 eマーケターが推計する、グーグルの今年の米国インターネット広告収入は、前年比14.5%増の399億2000万ドル(約4兆2400億円)。また、フェイスブックは、同16.9%増の210億ドル(約2兆2300億円)。

 こうして両社のネット広告収入は、今年も伸び続ける。しかし、この市場は今年、前年比19%増の1070億ドル(11兆3800億円)規模に達し、グーグルとフェイスブックの伸び率を上回る。ゆえに、この2社のシェアは低下する、というのがeマーケターの予測だ。

アマゾンの広告収入、今年は64%増の28.9億ドル

 その背景には、アマゾンや米スナップといった、下位に位置する企業の躍進があるという。

 このうち、アマゾンについて見ると、その今年の米国における推計ネット広告収入は、前年比64%増の28億9000万ドル(3070億円)。アマゾンもそうだが、上位2社以外の企業は、いずれもシェアが5%にも満たないという状況。

 だが、アマゾンは、今後も広告収入を伸ばし、シェアは今年の2.7%から2020年には4.5%に上昇するという。アマゾンは、企業別広告収入ランキングも上昇し、オース(米ベライゾン傘下の米AOLと米ヤフーの中核事業を統合した企業)と、マイクロソフトを追い抜き、3位に浮上すると、eマーケターは予測している。

アマゾンが持つ潜在能力

 アマゾンは現在、自社のeコマースサイトで、「スポンサーリンク」や「スポンサープロダクト」といった広告商品を展開している。

 これらはいずれも、利用者が入力した検索キーワードや閲覧内容に関連する、スポンサー企業の商品を検索結果ページや商品詳細ページに表示するもので、同社はスポンサーから広告料を受け取っている。

 ただ、eマーケターによると、こうしたアマゾンの広告事業は、今のところ「控えめ」。つまり、まだ本格的と言えるものにはなっていない。同社は、膨大な数の顧客と、その販売データを持つ。アマゾンは、それらを生かし、広告事業を大規模に展開する可能性があると、eマーケターは予測している。

(参考・関連記事)「ネット広告市場に忍び寄るアマゾンの脅威」

筆者:小久保 重信