岡田兵吾(おかだ・ひょうご)  マイクロソフトシンガポール シニアマネジャー  大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本、アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)のグローバル企業3社で21年間、シンガポール・日本・アメリカをベースに活躍。これまで、アジア全域の新事業開発、業務改善および組織改革に従事。現在マイクロソフトではシニアマネジャーとして、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4ヵ国のライセンス監査業務の責任者を務める。   また「アジア組織・改革リード」、「CSR(社会貢献活動)委員」等を兼任し、マイクロソフトでの働き方改革を評価されて数々受賞。世界トップレベルのIEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得、同校のアルムナイ・シンガポール支部初代会長。米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。   ダイヤモンド・オンラインにて「STAY GOLD!リーゼントマネジャー岡田兵吾の『シンガポール浪花節日記』」を連載中。人生目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「STAY GOLD!」。著書に、『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』(ダイヤモンド社)がある。

写真拡大

残業できない、残業を部下にさせられない環境下で生産性を上げていくには、仕事を圧縮していくしかなかった――。3社の外資系企業を渡り歩き、14年間かけて磨き上げてきた「仕事圧縮術」を公開! 新刊『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』から、仕事を小さくしていくことで、「スピード」と「質」を最大化する仕事術を紹介していきます。「労働時間の長さ」「生産性の低さ」に対する課題をどのように乗り越えてきたのか、問題解決に役立つノウハウがあります。

人に任せることで、自分はより付加価値のある別の仕事を進める

 仕事をこなすうえでよく見られる間違いの一つが、何でも自分一人でやろうとしてしまうことです。

 全部の仕事を一人でこなしてはいけません。自分が苦手な分野や未経験の分野を手探りで行い、結果として仕事の質を低くしてしまうより、他者に任せることで得られるより高い成果を求めるべきなのです。そしてまた人に任せることで、人を動かすという、リーダーに必須のスキルを磨くことができます。

 人に任せることで、自分はより付加価値のある別の仕事を進めることができます。

 人に仕事を任せるといっても、仕事を丸投げすればよいというものではありません。「○○部分の△△がよくわからないので、調べてほしい」など、目的やなぜお願いする必要があるのかを丁寧に説明して理解してもらう必要があります。

「仕事を人に任せるのが、プロフェッショナルだ」と教えてくれた人がいます。マイクロソフトシンガポールにてアジア全域のライセンス監査業務の責任者である、私の現在の上司です。自分の専門領域以外の仕事を取りまとめられずに、パニック状態にあった同僚に向けられた言葉でした。

 仕事の目的は、優れた成果を生み出すことです。何でも自分で抱え込まず、人に任せることで最高の成果を目指すのです。

 だからこそ、今までやったこともないような新しいことや大きな仕事に挑戦するとき、まずは仕事の全体像と作業を把握して、自分でやるべき仕事と人に任せる仕事を見極めるのです。

 自分でやるよりも、人に任せたほうが質的にも良くなることは躊躇せずに人に割り振りましょう。人に任せる仕事は、目的や課題をしっかり伝えて、上手にサポートしてもらえるように心がけます。最終的にベストな成果につなげることこそが大切なのです。

「仕事は人に任せることがプロフェッショナル」であることを肝に銘じ、人を巻き込んで、優れた最高のアウトプットを生み出してください。

■参考文献
部下の怒声で一念発起!
明日から「残業知らず」になり、「生産性」が爆発的にアップする「仕事圧縮術」