シーメンスの最新型近郊車両「デジーロ・シティ」。現在はドイツおよびオーストリアの工場で製造し、輸送されている(筆者撮影)

シーメンスは3月2日、英国内に鉄道車両製造のための新しい工場を建設する計画を発表した。建設予定地は英国北部ヨークシャー州のグールという町で、すでに高速道路M62号線のインターチェンジに隣接する27ヘクタールの土地を長期リースする契約を結んでおり、この新工場建設に対する投資額は2億ポンド(約295億円)に達するという。同社はまた、地元の雇用創出について、約250人が工場建設のために雇用され、工場完成後は車両製造のための従業員約700人を現地採用すると試算している。

英国シーメンスのCEO、ユルゲン・マイアー氏は会見で、将来の鉄道業界におけるシーメンス社の成功はここに鉄道車両工場を建設することにあると見ている、と述べている。同社にとって英国に工場を建設することは、それだけ重要なプロジェクトの一つと位置付けられているようだ。

大手他社はすでに英国工場保有

英国には、シーメンスと双璧を成す鉄道車両製造大手のボンバルディアが、中部ダービーにすでに工場を保有している。同社はカナダを拠点とした重工業メーカーとして知られるが、鉄道部門の本社はドイツのベルリンにある。主要市場が欧州全体であることを考えても、鉄道に関してはもはやカナダのメーカーではなく、ドイツのメーカーとして考えるのが自然だ。

そのボンバルディアの英国ダービー工場は、元をたどれば1839年に創業したダービー・ミッドランド鉄道の工場だ。同工場は1948年の鉄道国有化によって英国国鉄の工場となり、1970年には国鉄の鉄道車両製造を独占する国営企業ブリル(BREL/British Rail Engineering Limited)の工場となった。ブリルは1989年に民営化されたのち、1992年にスイスを拠点とする重電メーカーのABBが買収したものの、同社は1996年に鉄道部門を売却、ダイムラー・ベンツの鉄道部門と合併して新会社「ADトランツ」となり、さらに2001年に同社をボンバルディアが買収した結果、ボンバルディアの工場になったという複雑な経緯を持つ。


ベルリンにあるボンバルディア鉄道部門本社。カナダ企業というイメージが強いボンバルディアだが、鉄道部門は欧州を拠点とし、本社機能もドイツにある。英国にも工場を持ち、英国向けの車両は英国内で製造される(筆者撮影)

だが、大元をたどれば英国のボンバルディア工場は、英国国鉄の車両を独占的に納入してきた国営企業がベースになっているのだ。現在は開かれた市場になっているとはいえ、地場に根付いた強みがボンバルディアにはある。

一方で、欧州市場では後発の日立製作所も、英国北部ニュートン・エイクリフに新工場を建設、都市間輸送を担うIEP(Intercity Express Programme)用の新型車両を製造する拠点としている。同社はこれまで、山口県下松の同社工場で製造した車両を船積みで輸出してきたが、輸送にかかる費用や時間がネックとなるため、欧州での市場開拓を進めていく上では現地工場の建設が必須条件だった。

建設計画の途上では、外国企業の参入による英国民の雇用機会減少などを危惧する反対の声などもあったが、英国工場では現地採用を中心とするなど、周辺地域の雇用機会拡大を打ち出し、英国民の信頼を得た。新工場は2015年に操業を開始し、英国内向けの車両を製造・出荷している。


日立製作所の新型特急列車、IEP用800系車両。老朽化した既存の特急列車を置き換える目的で製造されている(筆者撮影)

日立はその後、イタリアのアンサルドブレダを買収したことで、欧州大陸側にも工場を持つことになり、大陸での販路拡大はもちろん、英国工場の生産能力が逼迫した際に不足分をカバーすることも可能となった。実際、IEP用新型車両の製造は、通常はイタリアや大陸向けの車両を中心に製造している旧アンサルドブレダのピストイア工場でも行っている。

新工場建設するほどの需要はある?

しかし、シーメンスは英国内に工場を持たず、英国向けの車両についてもドイツのクレフェルト、もしくはオーストリアのウィーンにある自社工場で製造し、英国まで輸送していた。同社はこれまで約3000両もの車両を英国へ納入した実績を誇り、現在はロンドンとその近郊を走るテムズリンク、サウスウェスタン・レイルウェイなどから、近郊型車両「デジーロ・シティ」の大型受注を抱えている。現地工場の建設に踏み切ったのは、英国における競争力をさらに高めるためだ。

しかし、英国という限られた市場において、新工場を建設するだけの需要が今後も見込まれるのだろうか。現在、英国内で受注が予想される案件としては、老朽化したロンドン地下鉄車両を更新するディープ・チューブ・アップグレード・プログラム、ロンドンの新交通システムDLR車両の更新および輸送力増強のための追加増備、サウスイースタン鉄道およびウェールズ&ボーダーズ鉄道の近郊型車両更新、そして高速鉄道の2期計画路線「ハイスピード2」向けの中・高速車両だ。

このうち、ロンドン交通局が管轄する地下鉄車両更新とDLR車両の更新・増備に関しては、車両の老朽化が進んでいることと、輸送力増強が喫緊の課題であることから、早急な対策が必要となっている。


40年以上が経過したロンドン地下鉄ピカデリー線用車両。ロンドン地下鉄からは、まもなくベーカールー線用なども含め、900両規模の発注が見込まれる(筆者撮影)

更新のために必要な車両数は、地下鉄ベーカールー線の7両編成36本の計252両と、ピカデリー線の6両編成87本+予備車3両の計525両、それにウォータールー&シティ線の4両編成5本20両で、総計797両となる。これにDLRの旧型車両更新および輸送力強化のための車両増備を加えれば、900両に達するほどの大型案件となるだろう。このロンドンの案件が一段落した後も、英国内では旧型車両の更新や追加増備による輸送力増強など多くの需要が見込まれている。

英国内は車両メーカー戦国時代に

また、シーメンスが英国内に工場建設を急ぐもう一つの理由として、2019年に迫った欧州連合(EU)からの英国脱退(ブレグジット)という点にも注目しなければならない。英国がEUから正式に離脱した後、英国外からの輸入については関税がかけられることになるため、大陸側の工場で製造して輸入する形では、英国内に工場を持つ他社に対して価格面で不利となる可能性がある。


ボンバルディアの主力車両、エレクトロスター。1999年から製造が続けられている人気車両で、英国ダービーの工場で製造される(筆者撮影)

さらに、EU離脱後は人や物の流れが今よりも制限されることが予想され、工場の建設は難しくなる。この先もしばらく続く、決して小さくない英国内の車両供給需要を考えれば、ある程度の生産能力を持った工場を離脱前に建設することは理に適っており、英国内に新工場を建設する十分な理由になると言えよう。

欧州市場における主要3メーカーが揃い踏みとなった英国。これに加え、スペインのCAFも2018年に英国工場を開設予定となっている。英国内はまさに鉄道車両メーカー戦国時代へ突入、群雄割拠の様相を呈してきた。次の製造案件はどこのメーカーが獲得するのか、その興味は尽きない。