なぜ「異性の友達」がたくさんいる人は、夫婦間の会話もはずむのだろうか。独身の人もシニアの人ほど異性の友達を持つべきだ(写真:node/PIXTA)

男性サラリーマンが定年退職して、「会社人」から「社会人」になると、それまでとは「人と付き合うパターン」が変わってきます。

会社という「タテ社会」だけで過ごしてきた男の「末路」

何しろ会社の中で大半の時間を過ごし、仕事が終わった後も同じ職場のメンバーと飲みに行ったり、休みの日は休みの日で会社の仲間とゴルフに行ったりしていたのが、そういう機会はほとんど途絶えることとなるからです。

一般的に男性はタテ社会のコミュニケーションは得意ですが、ヨコのコミュニケーションは苦手という人が多いように思います。

先日、『世界一孤独な日本のオジサン』(岡本純子著、角川新書)という面白い本を読みました。著者はコミュニケーションの専門家ですが、中高年齢層の男性のコミュニケーション力の低さに改めて考えさせられるところがたくさんありました。もちろん、これは必ずしも男性自体が悪いというわけではありません。

そもそも男性のコミュニケーション能力というのは何か目的があり、それを実現するためにコミュニケーションを取る、つまりコミュニケーションは手段である場合がほとんどです。これに対して、女性はコミュニケーション自体が目的となり、とりとめのない話であろうが、話す論点があちこちに飛ぼうが、それを楽しみながら延々と続けていくことができます。

確かにカフェやファミレスに行っても、女性同士のグループで和気あいあいと話しているのはよく見かけますが、中高年の男性ばかりで集まって延々と雑談に興じているという光景は目にすることが少ないように思います。なぜなら男性にとって、コミュニケーションとは、できるだけ効率よく解答を見つけたり問題を解決したりするための手段だからです。でも、それはあくまでも仕事の場合であり、会社を引退した後は自分の居場所を確保し、孤独に陥らないようにするためには人とのつながりやコミュニケーションが重要であることは言うまでもありません。

そんなシニア世代にとって、私は男性でも女性でも特に「異性の友達」を持つことが大切なのではないかと思っています。

なぜ異性なの?と思われるかもしれませんが、中高年になってから異性の友人を持つことは極めて有効です。

女性からは共感力を、男性からは思考プロセスを学ぶ

たとえば男性の場合、前述のように女性の持っている独特のコミュニケーション能力を学ぶことができます。男性の中には、中高年の女性と話をしていると突然何の脈絡もなく別の話題に飛躍したりするのが、ついていけないと感じる人もいるでしょう。実はかくいう私も、女性の人たちとお話しているとしばしばそれを感じることがあり、時にいら立ちを感じることもあります。しかしながら、女性同士の会話の進め方を聴いていると、そういったいら立ちを補って余りある「共感力」を学ぶことができるのです。

逆に女性の場合、男性との会話を通じてその思考プロセスを知ることができます。会社で働いていたのであれば、会社における男性の言動からある程度その思考構造を理解できるでしょうが、専業主婦の場合は異性といっても、その多くは夫との会話でしょう。夫婦でのコミュニケーションがうまくいかず、ささいなことでも険悪になってしまうのは、やはりお互いの思考プロセスやそのパターンが十分に理解されていないからだと思います。モノの見方も、男性と女性では随分異なるわけですが、お互いにその違いを理解し合うことで人間の幅が広がることは間違いありません。

特に昨今は独身のシニアも増えてきています。パートナーの有無と「孤独」との間にあまり関係はないと思いますが、いずれにしても友達の存在は非常に重要なものです。パートナーのいない分、自分が今までいた狭い世界から抜け出す意味でも多くの友人を持ち、中でも異性の友人を複数持つことは重要だと思います。それにひょっとしたら友人がパートナーに変わるという幸せが訪れるかもしれません。照れることなく、多くの異性の友人たちと積極的に交流していくべきではないでしょうか。

ところが、独身であればともかく、結婚している男女がそれぞれ異性の友達を持つということに「どことなく抵抗がある」という人がいるかもしれません。

でもそれは必ずしも1対1で付き合うということを意味しているわけではありません。複数の友達同士で、付き合っていけばいいのです。あるいは、女性の中に男性が1人入ったり、その逆だったりすることも大いに結構なことだと思います。私も妻も、仕事とは関係のない趣味の世界で互いに異性の友人をそれぞれ持っていますし、夫婦同士で交流している人も少なからずいます。そうした付き合いの中で、私もずいぶん勉強することができました。結果としてそういう経験を持つことで、夫婦の間のコミュニケーションも従来よりもスムーズになるはずです。異性の友人を持つというのはまさに、シニアだからこそできることだと言っていいのではないでしょうか。