3月8日、国際女性デーに合わせてソウル市内をデモ行進する女性たち(写真:REUTERS/Kim Hong-Ji)

米国芸能界で2017年末から相次いだセクシャルハラスメント(セクハラ)告発の「#MeToo」運動は、2018年1月には韓国にも飛び火し、3月上旬の時点でも拡大が続いている。セクハラにかかわった有名人や大物政治家が相次いで失脚し、自殺者も出た。

韓国人はこの事態の展開に唖然としている。この運動は今後もさらに広がりを見せ、より多くのドラマが展開すると予測される。実のところ、韓国社会でセクハラが昔から広く行われてきたというのは、決して不思議なことではない。「セクシャルハラスメント」を韓国語で言う場合、二つの翻訳がある。

韓国に存在するセクハラ「性戯弄」と「性醜行」

比較的に軽いのは「性戯弄」(言語でひやかしたり体に触ったりするケース)、重いものは「性醜行」(胸や尻を触ったり、スカートに手を入れて太ももを触ったりするケース)。男尊女卑の社会文化や父権主義が強い点で、韓国はアジアでもセクハラの先進国だと言える。「男性至上主義」「ショーヴィニズム」が大手を振ってまかり通る国だ。

1980年代、筆者が台湾紙の韓国駐在特派員だった時、なぜ韓国に外で働く女性が少ないのか、なぜ女性は結婚すると職場を離れて家に入って夫と子どもに仕え、外の社会に顔を出すことが非常に少ないのかについて疑問を持っていた。

これに対し、ある華僑が次のように分析したことがある。それは、韓国では職場でのセクハラが非常に深刻であり、若い部下にセクハラをする男は、自分の妻が他人からセクハラを受けるようなところには絶対に行かせないからだ、と。これは確かに道理にかなっているように思える。この分析は、筆者が聞いた中で、さらに筆者の経験に照らし合わせても最も本質を突いた、しかし特異なものだった。

韓国では女性の地位が低く、長期にわたって「男は外、女は内」という社会文化が形成されてきた。たとえば1980年代中期になっても、韓国ではタバコを吸う主婦に対し、夫は離婚を求めることができた。夫が外で働いてお金を稼いで帰っているのに、妻は外で遊びまわり、悪い友達と付き合ってタバコを吸うようになる場合、タバコを吸うこと自体が「良家の女性」ではないというわけだ。

主婦がタバコを吸うことが離婚される理由になることを聞いて、私は不思議に思ったものだ。もちろん、1980年代後半からの民主化と社会の開放に伴って、現在の韓国ではタバコを吸う女性も増えたため、タバコが原因の離婚訴訟は、すでに存在しないだろう。

男尊女卑の韓国社会で、女性の地位が低いことがわかるもう一つの事例がある。韓国の男の子は、小さいころから「男子厨房に入らず」の観念を教え込まれる。韓国のことわざに、「男が厨房に入れば、『唐辛子』が落ちる」というのがある。

「唐辛子」とは、男子の性器のこと。男の子は、子どものころから父母や祖父母からこうした観念を叩き込まれた。それがいつから始まったことなのか、すでに起源をたどることはできない。しかし、それが韓国の男が持つ「尊大」な性格をはぐくんでいることは否定できない。厨房に入って妻の家事を手伝うような男は職場で同僚から軽蔑され、「女々しい」と見られるのだ。

韓国司法界にも存在する性醜行

とはいえ、このような観念は残っているものの、それもすでに変化している。現在の若い世代の間では働く既婚女性の比率が高まっており、共働きの夫婦が増えている。そのため、帰宅すれば夫婦が一緒に台所で食事を作ったり、あるいは他の家事をすることがすでに普通になっている。そうした男が笑われることはもうない。

しかし、それが普遍的なレベルに達しているかと言えば、そうではない。35歳以上の男性では、家事をしない人がやはり大部分を占めている。このため、韓国で旧世代の陳腐な「男尊女卑」の観念を取り除くには、少なくともさらに1、2世代ぶんの時間が必要だろう。

韓国のこのような男尊女卑の社会文化を知った上で、「#MeToo」運動がもたらした騒ぎを見ると、なぜ韓国が現状のようになったかがわかるだろう。これまで韓国女性は、男性の「玩具」にすぎなかったと言っても過言ではない。そのため今年1月末、ある女性検察官が先輩の男性検察官にお尻を触られたという8年前の「性醜行」をテレビで暴露すると、韓国全土が大騒ぎとなった。

この事件で多くの人たちが不思議に思ったのが、司法は社会正義の最後の防衛線だと考えられているのに、司法関係者でさえ人間の尊厳と性別の平等を無視し、社会の古い風習に囚われて女性の同僚をいじめているということだ。そのような司法が、公正に法を執行するのは難しいだろう。

女性検察官の告発は、韓国社会で論議を巻き起こした。韓国法務省は世論からの圧力を受けて「性戯弄/性犯罪対策委員会」を設置した。この委員長として、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「女性政策研究院」院長に任命されたばかりの権仁淑(クォン・インスク)氏を指名した。

権仁淑氏は学生だった1986年、民主化活動中に警察に拘束され、取り調べ中に警察官から性的拷問を受けた被害者だ。当時、この事件が明るみに出ると、韓国人全体の憤激を引き起こした。全斗煥(チョン・ドファン)元大統領の軍事独裁政権の下で、警察が公権力を乱用して暴力をふるったことに世論は激怒し、このような悪質な人権蹂躙の不法行為は、翌1987年に軍政という暴政を倒す最後のエンジンとなった。

権仁淑氏は一生の名誉と不幸な婚姻を犠牲にし、性的拷問事件によって女性たちの意識を啓発したのだ。

だからこそ、権仁淑氏が女性政策とその対策組織のトップとして起用されたことは象徴的な意義がある。「女性学」の教育に一生をささげてきた同氏の経験は、韓国女性の自立意識の向上をさらに強化することになった。

ところが、それでも有名人に対する告発はやまなかった。著名な詩人であり、何度もノーベル文学賞候補に挙げられたことがある高銀(コ・ウン)氏が「性醜行」していたことを相次いで告発され、公開の場での謝罪に追い込まれた。

ノーベル賞候補者もセクハラで告発

さらに3月5日には忠清(チュンチョン)南道知事の安熙正(アン・ヒジョン)氏が、女性秘書から「8カ月内に4回もレイプされた」とテレビで告発された。その8回のうちの最後の1回は、「#MeToo」運動が韓国でも広がりを見せ、女性検察官がセクハラを告発した時期だったというのだ。


安熙正氏(写真:REUTERS/Kim Kyung-Hoon/File Photo)

安熙正氏は「韓国政界の希望の星」とされ、文大統領の唯一の後継者だと考えられていた。

この女性秘書の告発によって彼はただちに謝罪の声明を発表し、知事の職を辞任した。この事件は、韓国での「#MeToo」運動の火にさらに油を注ぐことになり、その火の勢いはますます激しさを増している。

安熙正氏は、その後も別の女性から被害を告発されている。政界の希望の星は隕石のように一瞬にして地に落ち、跡形もなく消え去った。さらにその3日後、今度は有名俳優の趙敏基(チョ・ミンギ)氏が多数の女子学生をレイプしたと告発され、勤務先の大学を解雇された。あげく、本人は3月9日に自殺した。

この事件に、韓国全土はさらなる衝撃を受けた。有名人は、知名度が高まることで束縛がなくなり、自己抑制が効かなくなる。保守的な社会的雰囲気の中で、彼らは告発されることはないだろうと考え、行動をますますエスカレートさせる。

実際には、セクハラやレイプなどの事件は、加害者が有名人かどうかにかかわらず、世界のどの国でも起きうることだ。しかし有名人らは、自分の知名度におごり、権勢をふるって自分勝手なことをやりがちだ。

韓国の「#MeToo」運動によって有名人が一夜のうちに失墜し、さらには命まで落としているのを見て、台湾でもおそらく多くの好色漢たちが不安に駆られていることだろう。

しかし、台湾のそうした輩は韓国と比べるとまだ幸運だ。例えば、映画監督の張作驥氏や政客の馮滬祥氏、文化人の許博允氏など台湾の有名人が告発されて起訴されても刑は軽く、有罪判決を受けても罰金を払って終わりというケースがある。

馮滬祥氏は3年4カ月の実刑判決が確定したが、刑務所に85日間入っただけで病気治療を理由に保釈されている。それなのに、夜中に男女の友人たちを招いて宴会を開いていたというのだ。

台湾にも残る有名人によるセクハラ文化

台湾の女性は、レイプ被害を受けても自分の名誉を守るためとの理由で声を上げたがらない。事が静まるのを待つという態度を示す。そのため、こうした事件が社会に出てくることは少ない。さらに、台湾マスコミの未熟な報道にゆえに、事件が公になると被害者が二次被害を受けたり、あるいは事件の焦点が曖昧にされてしまうことが多い。結果として、加害者は法による裁きを受けることなく、さらにより多くの被害者を出すこともある。

実は、筆者もこのような事件に巻き込まれた。2017年6月初旬、私が講義をしている国立政治大学韓国語学科の非常勤准教授である韓国人・朴在慶(パク・ジェギョン)氏が、3カ月間に多数の女子学生に「性醜行」を行ったとして立法委員(国会議員)が記者会見を開いて告発した。

もともと事なかれ的な態度だった大学側も、これを受けて仕方なく被害を受けた9人の女子学生を引き連れて大学の学校性別平等教育委員会に出向き、被害状況を説明した。実は、この事件が明るみに出る前に、すでにこの事件の解明を求める202人の学生が署名を行い、朴在慶氏が教師として不適任であることを訴えていた。韓国学科の学生だけでなく、朴在慶氏の授業を受けたことがある他学科の学生たちのほとんどが、彼が教師として不適任だと指摘していた。

署名の際に、彼が不適任な理由を書いた学生もいたし、朴在慶氏が授業中に公然と学生の身体やお尻に触ったと指弾した。これは、韓国で言う「性戯弄」よりさらに深刻な「性醜行」に当たる。9人の女子学生のうち彼を告訴したのは、最もひどい被害を受けた2人の学生だけだった。

ところが朴氏は、学生が告訴する前に、被害を受けたこの2人の女子学生を支援していた筆者を、名誉棄損で告訴したのである。筆者は学生が受けた被害の証拠を持っていたため、彼に対して虚偽告訴罪で反訴した。しかも朴氏は、かつて東洋経済オンラインに掲載された慰安婦問題に関する筆者の記事をも取り上げ、「もともと親日反韓な態度で韓国人を攻撃した教授」ということを韓国メディアに流布した。

筆者に対する朴在慶氏の告訴は、検察官から「証拠不十分」と認定され、不起訴処分で終わった。一方、女子学生が彼に対して起こした「セクハラ防止法」に関する告訴は、検察官の捜査を経て正式に公訴となった。3月6日に台北地裁で1回目の公判が行われ、4月中旬に2回目の公判が予定されている。

朴在慶氏はさらに2017年8月、韓国の台北駐在代表部(韓国の台湾における大使館)に「自分は国立政治大学と台湾の司法機関から不当な迫害を受けている」と訴え、同代表部に支援を求めたのである。しかも韓国代表部は、なんと楊昌洙(ヤン・チャンス)代表(大使)の正式な署名入りで外交書簡を台北地検と台北市警察局に送り、朴氏の後期の授業に影響が出ないよう司法当局が「迅速かつ公正な処理を行う」よう要求したのである。

韓国代表部が出したこの外交文書は、実際には台湾の内政と司法に対する干渉であり、台湾司法当局の反感を買うだけだ。しかも、朴在慶氏の「性醜行」事件が発生してから国立政治大学韓国語学科では、すでに彼のすべての授業を停止し、裁判で無罪にならない限り授業は再開させないことになっている。ところが、韓国代表部は朴氏の一方的なウソを聞いただけで外交文書を地検と警察局に送った。これは完全に誤った行為だ。代表部が外交文書を送った後、朴氏は9月初旬に検察から罪状が重大だとして、出国禁止処分となっている。

実は、「#MeToo」運動の火が燃え広がる前の2014年7月、韓国ではすでに重大な「性醜行」事件が発生して全国を驚かせた。ソウル大学数学科教授として有名な教育者とされていた姜錫真(カン・ソクチン)氏が、研究助手兼修士課程生から「何度も性醜行を受けた」と告発されたのだ。

この女子学生は「すべてを失ってもかまわない」という覚悟で告発したのである。ソウル大学は当初は消極的な態度を取り、問題を穏便に済ませようとした。しかし事件がマスコミで報道されると、収拾がつかなくなった。それは、姜錫真氏から「性醜行」を受けた女性たちはこの10年間で22人にも上り、この女性が告発した後にその22人全員が相次いで告発したためだ。ソウル大学は結局、彼を解雇した。2016年1月末、彼は2年半の懲役刑が確定したが、このときには「#MeToo」運動のような広がりは伴わなかった。

教育界に根深いセクハラ

この姜錫真氏による「性醜行」事件は、韓国人なら周知の事実だ。国立政治大学のセクハラ教師である朴在慶氏も、台湾に来る前にこの事件を知っていたはずだ。しかし、それでも彼は、台湾の女子学生に手を出した。彼は台湾の多元的な社会文化を知らなかったばかりか、台湾ではすでに女性意識が高まり、女性の地位がアジアでも最も高い国であることをまったく知らなかったようだ。

ただ、男性が自らの父権主義的な優越性によって女性に対して行うセクハラは、台湾ではその多くが隠されてしまい、決して少ないわけではない。大学の学校性別平等教育委員会で最終的に告訴した国立政治大学の女子学生は、9人のうち2人だけだったことを見てもわかるだろう。これには、面倒が降りかかることを嫌がるという台湾女性の態度が見て取れる。実際のところ、自分を守ろうとするこうした女性の心情が、男性の好色文化を助長する温床となっている。

「#MeToo」運動が台湾でも広がることが期待される。特に台湾芸能界では多くの好色漢がいて、セクハラ常習犯も多い。このような変質的な人格は、社会正義の力で制裁しなければ、全面的に撲滅することはできない。台湾人は普遍的に正義感に欠ける。だからこそ、より多くの勇気のある女性が出てくる必要がある。それによって起きる騒動は一時的なものかもしれないが、社会文化を救い矯正する意義は永遠のものになるだろう。これは台湾だけではないはずだ。