【アロマ占星術】3月21日、太陽が牡羊座へ 春のスタートをアロマでサポートしよう!

写真拡大

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地いいセルフケアをしてみませんか?

■太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 3月21日、魚座にいる太陽が「牡羊座」に移動します。その後、4月21日までは、牡羊座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化を、よりよくサポートしてくれるアロマを紹介します。

■牡羊座太陽期の特徴

【太陽の位置】牡羊座(火のエレメント)
【期間】3月21日〜4月21日
【ポジティブなメンタル症状】やる気や行動力が高まる、物ごとを始めやすくなる
【ネガティブなメンタル症状】勝ちにいこうとしすぎる、無鉄砲になる

 牡羊座は12星座の始まりに位置し、生まれたての生命の象徴。なんでも前向きに挑戦しようとするチャレンジ精神や開拓精神、ポジティブな行動力が旺盛になります。また、牡羊座に太陽が入る日は、「太陽の暦」では1年の始まりとなる「春分」にあたり、まさにスタートの力に満ちあふれた時期です。

 ただしその分、そのエネルギーが悪いほうに働くと、何ごとも自分が勝たないと気がすまない「好戦的な態度」を取ってしまったり、後先考えない「無鉄砲な行動」もしがちに。

 今回は、そんな牡羊座エネルギーをよりよくサポートし、春のスタートダッシュを成功させるアロマをエレメント別に紹介します!

■牡羊座、獅子座、射手座(火のエレメント)……ローズマリー
 火のエレメントの人たちは、本領発揮となるこの時期。持ち前のスタートダッシュ力をよりよく活かせるよう、牡羊座の象徴オイルである「ローズマリー」を使ってみましょう。頭をスッキリさせる作用があり、意志力が明確になります。1日の中で何度か定期的に嗅ぐようにするのがいいでしょう。食用のローズマリーハーブを食事に入れたり、ハーブティーにするのもオススメです。

■牡牛座、乙女座、山羊座(地のエレメント)……ティートリー
 地のエレメントの人たちにとっては、普段の慎重さを脱ぎ捨てて、前向きに挑戦する力を得たいときです。やる気を出させる作用を持つ「ティートリー」を使ってみましょう。スッキリした香りのティートリーは、地の星座と相性のいい樹木のアロマ。しっかり地に足を下ろした状態でありながら、果敢な行動をする勇気が得られるはずです。朝の始まりに必ず嗅ぐようにしてみて。

■双子座、天秤座、水瓶座(風のエレメント)……ペパーミント
 風のエレメントの人たちにとっては、動きやすさを感じるようになる時期です。持ち前の情報収集&情報処理能力をよりよく活かせるよう、「ペパーミント」を使ってみましょう。ペパーミントは、風の星座の特徴である知性やコミュニケーションにはたらくアロマ。このスタート時期に、自分がやるべきことへの集中力がグンとアップします。迷いが生じたときや気分が落ち込んだときには必ず嗅いでみて。

■蟹座、蠍座、魚座(水のエレメント)……シナモン
 水のエレメントの人たちにとっては、ぐっと情熱を高めていきたい時期となります。スタートダッシュ力をサポートしてくれる「シナモン」を使ってみましょう。スパイシーでありながらも少し甘い香りが心身をあたためて、落ち込みや迷いを遠ざけてくれます。朝、昼、夜と、食事時などに香りを嗅ぐようにしてみてください。お茶やお菓子などで体内に取り入れるのもオススメです。

 牡羊座太陽期は、社会的にも年度の始まりにあたります。新しい生活を始める人にとっては、とてもサポートになるエネルギーが注がれる時期です。オススメアロマを使って、上手に牡羊座パワーを取り入れてみてくださいね。
(永沢蜜羽)※画像出典/shutterstock