「Gettyimages」より

写真拡大

 一時期減少に転じていた離婚件数は、直近では再び少しずつ増える傾向にあるようです。長年連れ添った夫婦が離婚をするというのは、普通に考えるとあまり幸せなこととは言えないでしょうが、それでも互いのこれからの人生にとってプラスになるのであれば、そういう選択をすることがあっても良いだろうと思います。それに夫婦のことは他人にはうかがい知れない面がありますので、良し悪しを他人が簡単に言えるものではないことは確かです。

 ただ、あくまでも一般論として考えた場合、少なくとも老後の生活ということで見れば、熟年離婚には2つの大きな問題があると思います。ひとつはお金の問題、そしてもうひとつは生活の問題です。

●熟年離婚で老後ビンボーに

 まずはお金の問題ですが、結論から言ってしまうと熟年での離婚というのは経済的には決してプラスにはなりません。むしろマイナスのケースのほうが多いと思います。離婚の場合の金銭の問題というと、すぐに慰謝料のことが頭に浮かびます。しかしながら慰謝料というのは片方がなんらかの理由で精神的な苦痛を受けた場合のことですから、離婚の場合に常に慰謝料が生じるとは限りません。よくタレントやスポーツ選手が離婚する場合に巨額の慰謝料が話題になりますが、一般の夫婦の場合にはあまり参考にはならないと考えたほうがいいでしょう。離婚調停などで慰謝料を支払う事由があるとされた場合でも、実際にはせいぜい100〜300万円もあればいいほうだと思います。

 恐らく多くの人は、財産分与のことを慰謝料と勘違いしているのかもしれません。財産分与とは、結婚期間に築いた財産は夫婦2人の力によるものという考え方に基づくものです。したがって、持っている財産を半分に分けるのが目安になります。ただ、普通のサラリーマンの場合、財産といってもその多くは自宅ですし、それもまだローンが残っていたりするとその分を引かなければなりませんから、相当な金融資産でも持っていない限りは、離婚した奥さんもそんなにお金を受け取れるわけではありません。

 最後は年金です。平成19年以降、離婚した場合に夫の年金を分割できるということで離婚を決意した妻が増えたとよく言われますが、これも実際のところは、それほどもらえるわけではありません。分割できるのは厚生年金だけですから、夫が自営業の場合、分割で妻は一銭ももらえません。夫がサラリーマンであれば、専業主婦の妻の場合、半分はもらえますが、これは結婚期間に相当する部分なので、例えば結婚期間が30年で、その間の厚生年金が月額にして10万円ぐらいだとすれば、その半分の5万円が妻の分です。妻の分の基礎年金と合わせても10万円を少し超える程度ですから、それだけで十分な老後の暮らしができるかどうかは疑問です。夫にとっても本来受け取れる厚生年金の金額が半分になってしまうわけで、さらに老後の生活は心細くなります。熟年離婚によって夫婦共に老後ビンボーということになりかねません。

 結局、経済的なことに限って言えば、2人とも働いて夫婦仲良く暮らすというのがベストな選択だと言えるでしょう。どの世代においても夫婦共働きは老後ビンボーに陥らないための最強の方法です。さらに夫婦がそれぞれ仕事を持って働き続けるというのは、経済的な面以外にもメリットがあるのです。

●熟年離婚よりも怖い高齢離婚を避けるには?
 
 私はいつも老後の三大不安は「貧困」「病気」「孤独」だと言っています。熟年離婚によって老後ビンボーに陥るということは憂慮しなければいけませんが、私はむしろそれ以上に恐ろしいのは「孤独」に陥ることだと思います。離婚しなくてもサラリーマンは会社を定年になった後、友達も少なく、家族にも疎まれて孤独に陥るということが起こりがちです。ましてや60歳を過ぎてからひとりになってしまうというのは、死別であればやむを得ないでしょうが、離婚によるシングル化はできるだけ避けたいものです。
 
 特に熟年離婚は長年不満を抱き続けた女性の側から切り出されるケースも多いため、離婚後は元気になる女性が多い一方、男性は一層落ち込んでしまうことになりがちだといわれています。そうならないようにするためには、男性の場合、定年まで仕事一途で突っ走るのではなく、多様な趣味を持つとともに家のことも妻に頼らず、自立する気持ちを持つことが大切です。

 最近ベストセラーになったリンダ・グラットン氏の『ライフ・シフト』(東洋経済新報社)でも人生100年時代の到来と言われています。60歳で完全リタイアするのも良いですが、働けるうちは夫婦共に働いたほうが、経済的にもコミュニケーションの上でもメリットは大きいと思います。現役時代の熟年離婚も避けたほうが良いのはもちろんですが、もっと恐ろしいのは定年後しばらくたってからの高齢離婚でしょう。これはリカバリーのチャンスが大幅に少なくなってしまうからです。高齢期になっての孤独というのは、心身ともに大きなダメージを与えることは間違いありません。

 可能な限り、自立の意識を持って働き続けること、友人や夫婦間のコミュニケーションを大切にすること、この2つが幸せな老後を送るキーワードになると言えそうです。
(文=大江英樹/オフィス・リベルタス代表)