画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTデータは3月20日、企業のAI技術活用に必要なコンサルティング、システム開発、システムインフラなど、必要となるサービス全般をワンストップで提供するサービス「AI.Studio エイアイスタジオ(以下、AI.Studio)」を2018年4月より提供開始すると発表した。

同サービスは、同社が同日開所した三鷹データセンターEASTのインフラを利用して提供する。

「AI.Studio」は、(1)AI活用に向けた業務改革コンサルティングや新サービス創出に向けたビジネス検討・実証実験プランの策定、(2)AIソリューションと外部データを用いたシステムインテグレーション、(3)セキュアなシステムインフラをワンストップで提供するサービスで、AI活用の検討から実証実験、商用化までを一気通貫でサポートする。

サービスメニュー(予定)は、AIを業務に組み込むための、業務プロセス改革・IT基盤整備などのコンサルティング、機械学習プラットフォーム「DataRobot」、Analytics自動化ソリューション「AICYCLE」などのAIソリューション提供サービス、三鷹データセンターEASTやパートナーのサービス(Azure、AWS、NTT Comなど)を組み合わせた、AIシステム基盤の3つを提供する。

NTTデータ 執行役員 ビジネスソリューション事業本部長 佐々木裕氏

NTTデータ 執行役員 ビジネスソリューション事業本部長 佐々木裕氏は、「AI.Studio」の特徴として、マルチデータソース、マルチAIエンジン、マルチクラウドの3つのキーワードを挙げ、「AIは導入期に入っており、企業も活用を始めている。そのための基盤ニーズも高い。今後は基幹系のデータを容易に活用できる環境を、三鷹データセンターEASTを中心に提供していく。われわれはAIエンジンにこだわりはなく、環境を提供していく。また、企業のデータにオープンデータを掛け合わせた解析を可能にしてく。さらに、現在はクラウド連携も不可欠な状況のため、マルチクラウドでのAI環境を提供していく。そして、基盤とサービスをあわせて提供し、検討、導入、運用まで一気通貫で提供していきたい」と述べた。

同社では、金融、製造、流通、テレコムユーティリティを中心に提供し、2020年までにAI・アナリティクス領域において、500億円規模の売り上げを目指すという。