成果主義で必死に居残る社員にかける言葉

写真拡大

何が勝ち組と負け組を分けるのか。雑誌「プレジデント」(2017年3月6日号)の特集「『働き方』全課題60」では、「超一流の仕事術 全解明」として、より成果を上げるためのノウハウを各方面のエキスパートに取材。今回は、千葉商科大学専任講師の常見陽平氏が「残業させない技術」について解説する――。

■「ちょっとスケジュール帳を見せて」

長時間残業は健康を害します。組織全体のパフォーマンスも落とします。それでも「終わるまで帰らない」と開き直る部下に、どんな言葉をかけるか。最もダメなのは「いつまで残ってるんだ」という一方的な叱責です。残業をするのには理由があるはずです。それは恐らく2つにわけられます。1つは「残業はしたくないけれど、残業をしないと仕事が終わらない」。もう1つは「成果を出すためにサービス残業でもいいから居残って仕事をしたい」。

前者であれば、「業務分析」を手助けしてあげましょう。ここでの業務分析とは、業務の背景・目的を明らかにしたうえで、理想と現実のギャップを洗い出し、それを解消する施策を提案すること。営業職でも可能です。さりげなく「ちょっとスケジュール帳を見せて」と言えばいい。「昨日は何件訪問した?」「それは新規、クロージング、情報収集のどれ?」などと質問して、部下の仕事の癖を見抜くのです。絶対的な経験不足は能力では補えません。経験豊富な上司がアドバイスをすれば、業務効率は改善します。

厄介なのは後者のような「モーレツ社員」です。これは「成果主義」の弊害としても知られています。内閣府経済社会総合研究所の研究では、成果主義的な評価を導入すると、労働時間がかえって長くなることが報告されています。より大きな成果を求めてオーバーワークをしたり、時間をかけて帳尻を合わせたりしてしまうのです。成果主義は本来、生産性の向上が目的なのに、単に労働時間が長くなる場合もあるのです。

■「モーレツ」な働き方には持続性がない

より多くの仕事をこなして、成長を遂げたい、という前向きなモチベーションには水を差したくありません。頑張る姿勢を認めてあげながら、労働時間や成果の問題は解決したい。そのためには「君はいつまでその働き方をするつもりなの?」と声をかけてみてはどうでしょうか。

結婚や育児、介護など家庭環境に変化があれば、長結婚や育児、介護など家庭環境に変化があれば、長時間労働はできません。また部下をもつ立場になれば、上司自らが仕事をすべて片づけるわけにはいきません。仕事を振る技術を身につける必要があります。そこで「優秀な社員ほど早く登用される可能性があるのだから、この機会にリーダーとしての働き方を身につけたほうがいい」と気づきを促すのです。

現在の「働き方改革」は、政府を巻き込んだ大きな流れになっています。副業解禁やテレワークの推進など、各企業が柔軟な働き方を模索しています。効率化は歓迎です。ただし、すべての残業を「悪」と決めつける風潮には違和感があります。形式的な「定時消灯」では、社外のサービス残業はなくせません。ときには社内で徹夜をせざるをえないこともあるでしょう。問題は、長時間の残業が恒常的な場合です。そうした企業は「ブラック」の誹りを免れません。

部下の長時間労働は上司の責任。まずは「誰がどのくらい忙しいのか」を把握する。そしてオーバーワークの人には、「モーレツ」な働き方に持続性がないことを伝える。「俺の時代は」なんて、もう通じません。

▼「いつまでその働き方をするつもりなの?」と聞いてみる

----------

常見陽平
千葉商科大学専任講師。1974年生まれ。97年一橋大学商学部卒業。リクルート勤務などを経て、2015年より現職。近著に『僕たちはガンダムのジムである』がある。
 

----------

(千葉商科大学専任講師 常見 陽平 構成=朽木誠一郎)