福山雅治

写真拡大

19日放送の「プレミアMelodiX!」(テレビ東京系)で、歌手で俳優の福山雅治が、低音ボイスになった秘密を明かした。

福山がテレビ東京の歌番組に出演するのは26年ぶりだという。そこで、「福山と会う機会がない」という同局のスタッフらが「どうしても聞いてみたかった“伝説”」と題した質問を、福山本人にぶつけてみた。

最初の質問として、司会の南海キャンディーズ山里亮太が「低音ボイスのルーツは“カツアゲ”が怖かったから!?」と問い掛けると、福山はカメラを真っすぐ見つめて「本当です」と、あっさり認めたのだ。この答えに、山里は「うそー! やだぁ…」とショックの声を漏らす。

福山が中学生だった頃は、“ヤンチャ”な人からカツアゲされることが多かったという。そこで福山は「絡まれたときに、低い声で対応すると相手がビビるんじゃないか、怯(ひる)むんじゃないか」と思い立ち、低い声が出せるように練習したというのだ。その結果、「この声になっていったと僕は自分では思ってます」と明かした。

なお、福山は、中学校で兄と同じブラスバンド部に入り、それが音楽と本格的に触れ合うきっかけとなったことも紹介している。

【関連記事】
福山雅治が小学生時代に起こした警察沙汰…結果的に母親からボコボコに
いしだ壱成が福山雅治から届いた「ポエティック」なメールの内容を明かす
東方神起・ユンホが福山雅治の曲「桜坂」の思い出を語る…日本語学習で触れ「低音ボイスを真似してた」