無借金経営やめました?トラスコ中山が銀行借り入れで戦略投資

写真拡大 (全2枚)

 トラスコ中山の中山哲也社長は9日、都内ホテルで開いた株主総会で、2017年8月に実施した100億円の銀行借り入れに言及し,「再度の資金調達の計画がある」と明らかにした。前年まで“無借金経営”を続けてきたが、大規模な物流施設や情報システムを中心に「先を見据えた投資が必要」と資金調達し、戦略投資に振り向ける。

 中山社長は17年12月期の各利益が、積極的な設備投資などのために微増だったことにふれ、「売上高3000億円の企業づくりの真っ最中、と理解いただきたい」と株主に求めた。30%強の配当性向が妥当とする株主から株主還元について問われ、「投資がかさんでいる。(配当性向を)収益が戻ったらもう一度考えたい」と説明した。17年12月期は、配当性向が25%台だった。

 同株主総会は東京都内と大阪府内の2会場で開かれ、計1790人(前回比327人増)が参加。両会場から12人(前回は20人)が質問し、所要時間は2時間52分だった。