距離だけでなくライや花道の狭さといった難易度を上げる要素が満載だった(撮影:米山聡明)

写真拡大

つかみ。それはお笑いの用語であり、一番初めのギャグやボケがうけるかどうかすべるかで、その後のお客さんの心をつかめるか、つかめないかが決まるとされる。その一番始めのギャグのことを指す。それはゴルフの世界でも同じこと。バーディが先にくれば気持ちに余裕が出てきて乗っていけるし、ボギーがくれば焦りが生まれる。
【関連写真】Tポイントレディスの激闘を1000枚を超える写真で振り返る!
お笑いのメッカ・大阪で12年ぶりに行われた「Tポイントレディス」では、そんな“つかみ”が大きな明暗を分けた。それがパー4としては国内女子ツアー歴代二位タイの長さを誇る一番ホール。通常営業時はパー5として使用されているホールだが、今大会ではパー4として使用された。距離だけでなく、二打目地点が左足下がりとなっていてボールを上げづらくグリーンを捉えづらいのもポイント。
さらに難易度を上げるのが本来はパー5だけあって、短い番手で打つサードショットを想定してつくられたグリーン周り。花道がとても狭く両脇はバンカーが行く手を阻む。そう簡単にバーディを獲れない、お笑い用語で言えば中々笑わない『重い客』だ。
そんな重い客を一番つかんだのは優勝した鈴木愛。第一ラウンドは残り190ヤードから手前4mにつけてバーディ。さらに首位から出た2日目は、ティショットを大きく左に曲げたが斜面を転がり、平らな左ラフまで落ちてくる幸運にも恵まれパーをセーブ。続く二番のチップインバーディで完全に流れを掌握した。
一方、一打差二位から出た酒井美紀はつかみきることができなかった。初日は鈴木同様バーディを奪い優勝争いに加わったが、二日目は二打目をグリーン奥にこぼすと寄せられず。ボギーとすると、悪い流れを引きずったのか次の2番ではアプローチをミス。連続ボギーとすると、その後反撃を見せたが時すでに遅し。2014年「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」以来の優勝はならなかった。
また、二打差の3位タイから出た申ジエ(韓国)は、残り203ヤードから5番ウッドでピン左5mとチャンスにつけたが決められず。そこからことごとくバーディパットが外れ、6番で我慢できずにダブルボギー。優勝争いから一気に脱落した。
一番ホールで二日目にバーディを獲ったのはベイブ・リュウ(台湾)だけ。二日間の平均スコアは4.7135だった。この数字は1990年以降に行われた全てのパー4の中で歴代5番目の数字。また、1番ホールの中では歴代で最高の難易度である。
ちなみに、2017年シーズンで見ると一番ホールが難易度一位だった大会は1つしかなく、兵庫県にある花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコースで行われた「スタジオアリス女子オープン」。やっぱり関西では“つかみ”が大事なのかも。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃ見聞】
パター二刀流で難グリーンを攻略 女王・鈴木愛が三度目の正直Vでいざ海外メジャーへ
藤田光里のコラムが連載スタート!【藤田光里のMindTravel】