<WGC-デル・マッチプレー 事前情報◇20日◇オースティンCC>
世界ゴルフ選手権では唯一マッチプレー方式で争われる「WGC-デル・マッチプレー」が現地時間の21日(水)から5日間の日程で、テキサス州にあるオースティンCCを舞台に行われる。この試合に出場できるのは世界ランクの上位ランカーのみ。トッププレーヤーが終結するエリートフィールドとなる。
世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング【連続写真】
予選ラウンドは3日間。選手は4名づつ16個のグループに分かれ、総当たりで戦い各組1名が決勝ラウンドへ。4日目からはトーナメント方式で1回戦と準準決勝、最終日に準決勝と決勝が行われる。
日本からは松山英樹、池田勇太、宮里優作、小平智の4選手が出場する。この日、抽選で組み分けが決定し、松山と宮里が同組で激突することが決定。パトリック・キャントレー(米国)、キャメロン・スミス(オーストラリア)の4人で一つしかない決勝への切符を争う。このドローを受けて宮里は自身のSNSで「ははは〜#松山英樹#一回戦#DELLマッチプレー(原文ママ)」と笑い泣きの顔文字と共にペアリングの画像を投稿している。
池田はマット・クーチャー(米国)、ロス・フィッシャー(イングランド)、ザック・ジョンソン(米国)のグループとなった。小平はフィル・ミケルソン(米国)、ラファエル・カブレラ・ベロ(スペイン)、チャールズ・ハウエルIII(米国)と戦う。
【グループ1】
ダスティン・ジョンソン、ケビン・キスナー、アダム・ハドウィン、ベルント・ウィスバーガー
【グループ2】
ジャスティン・トーマス、フランチェスコ・モリナリ、パットン・キジーア、ルーク・リスト
【グループ3】
ジョン・ラーム、キラデク・アフィバーンラト、チェズ・リアビ、キーガン・ブラッドリー
【グループ4】
ジョーダン・スピース、パトリック・リード、リー・ハオトン、チャール・シュワーツェル
【グループ5】
松山英樹、パトリック・キャントレー、キャメロン・スミス、宮里優作
【グループ6】
ローリー・マキロイ、ブライアン・ハーマン、ジョナサン・ベガス、ピーター・ユーライン
【グループ7】
セルヒオ・ガルシア、ザンダー・シャウフェレ、ディラン・フリテリ、シュバンカー・シャルマ
【グループ8】
ジェイソン・デイ、ルイ・ウーストハウゼン、ジェイソン・ダフナー、ジェームス・ハーン
【グループ9】
トミー・フリートウッド、ダニエル・バーガー、ケビン・チャペル、イアン・ポールター
【グループ10】
ポール・ケーシー、マシュー・フィッツパトリック、カイル・スタンレー、ラッセル・ヘンリー
【グループ11】
マーク・リーシュマン、マーク・リーシュマン、バッバ・ワトソン、ジュリアン・スリ
【グループ12】
タイレル・ハットン、チャーリー・ホフマン、ブレンダン・スティール、アレクサンダー・レヴィ
【グループ13】
アレックス・ノレン、トニー・フィナウ、トーマス・ピータース、ケビン・ナ
【グループ14】
フィル・ミケルソン、ラファエル・カブレラ・ベロ、小平智、チャールズ・ハウエルIII
【グループ15】
パット・ペレス、ゲーリー・ウッドランド、ウェブ・シンプソン、キム・シウー
【グループ16】
マット・クーチャー、ロス・フィッシャー、ザック・ジョンソン、池田勇太
<ゴルフ情報ALBA.Net>

タイガー、松山の順位は?アーノルド・パーマー招待の結果
1ヵ月半ぶり復帰の松山英樹は49位タイ 「4日間できたことが収穫」
パーマーの魂がもたらしたウッズ・フィーバーとマキロイの復活優勝【舩越園子コラム】
「オーガスタは非常に楽しみ」T・ウッズが完全復活に向け確かな手ごたえ
【危険な◯◯解説】<<<松山英樹>>>2018年のドライバーショットで大激論