「きれいだから好き」を直訳しても、日本人のサクラ好きは説明しきれないかもしれない(写真:ake1150sb/iStock)


この連載の一覧はこちら

3月に入ってからサクラの様子が気になって、ひそかに日本気象株式会社の開花予想をチェックしていたのですが、8日の発表では、なんと東京で過去最速の15日に開花の予想。22日には満開になるというではないですか! ちょっとびっくりして、隣に座っているイギリス人の同僚ジョンに「今年の花見は早めにしないとダメかもなあ。ジョンも一緒に花見に行かない?」と誘うと、ちょっと冷めた表情で「なんで日本人はそんなにサクラが好きなの?」と聞かれてしまいました。

ソメイヨシノが同時に咲くのは…

そういえば、日本人のサクラ好きについて書かれた英語の新聞記事を学生時代に読んだことがあります。どこで読んだのか覚えていませんが、「外国人には日本人が過剰にサクラに夢中になる様子がとても奇妙に映る」というようなトーンで書かれていた気がします。日本人がサクラに熱狂する理由の1つとして挙げられていたのが、サクラそのものの美しさでした。

「日本にあるサクラのほとんどがソメイヨシノで、その品の良いほんのりとした薄いピンクの花が、日本人の謙虚さに合っている。しかも同地域にあるソメイヨシノがほぼすべて同時に咲くという奇跡は、ソメイヨシノが接ぎ木で全国に広がって同じDNAを有しているからだ。一気に何十本ものサクラが満開になる様子は幻想的で、その美しさが日本人をとりこにする」といった形で紹介されていました。

「薄いピンクが日本人に合っている」のくだりはこじつけ感がぬぐえませんが、ジョンに記事のことを伝えると

Were they all grafted? (全部接ぎ木なの?)

とジョンが聞いてきました。そこがポイントではないのですが……。でも、これは筆者もその記事を読むまでは知りませんでした。

The article said the Yoshino cherry tree cannot be grown from a seed. (その記事によると、ソメイヨシノは種からは育てられないらしいよ)

Why not? (なんで?) と言われたのですが、そんなこと筆者にはわかりません。記事に書いてありませんでしたから。「自分で調べて」と言うと No, that’s fine. (別にいいよ)ですって。

「わび」と「さび」

でも、その記事でいちばん印象に残っているのは、2つ目の理由。「短命サクラの花が1〜2週間で散ってしまう様子が、日本文化の『わび』『さび』に通じるから」というものでした。

日本に住んでいるから、当然「わび」「さび」は知っているだろうと横着して、訳さずにそのままwabi-sabiとジョンに言ったら

What’s “wabi-sabi”? (「わび」「さび」って何?)

とすかさず尋ねられてしまいました。うーん、実は筆者もぼんやりとしかわからないのだけれど……。

昔、英会話の教師になったばかりのころ、先輩教師に「ただ英語が話せるだけじゃなくて、日本や日本人に特有のものは英語で説明できるようになったほうがいい」と勉強会でしごかれたことがありました。訳しづらい日本的なものは「英語でなんて言うんですか」と、よく生徒に聞かれるというのが理由でした。

そのときに「わび」「さび」の説明を練習させられたのを思い出しました。いろいろ詳しい説明もあったのですが、もう20年以上も前のこと。いまでもかろうじて覚えているのは

Wabi is to find and enjoy richness in poverty and beauty in simplicity. (「わび」というのは、不足の中に充足感を、質素さの中に美を見いだして楽しむこと)

という文くらいでした。とりあえず、この暗記文をジョンに向かって唱えると、「さっぱり意味がわからない」と失笑されてしまいました。悔しいので、Maybe it’s too philosophical for you to understand.(キミには哲学的すぎて理解できないだろうね)と負け惜しみを言ったら、What’s sabi then?(じゃあ、「さび」は?)と畳みかけられました。

Sabi is beauty in oldness.(「さび」というのは、古さの中の美)

と言うと、「ああ、日本も歴史が古いから、昔のものを大切にするよね。古いものが美しいかどうかは、ボクにはわからないけどね」とうなずいていました。どうやら「さび」のほうは、なんとなく伝わった様子。イギリスも、古いものに価値を見いだす文化ですもんね。

ところが、「それで『わび』『さび』とサクラは何の関係があるの?」と困惑した様子のジョン。「サクラの木が古いときれいだということ?」とちょっとズレた解釈をしています。なるほど、もう少し説明しないと伝わらないか……。

Things seem all the more beautiful since they all die, disappear or change.(死んだり、なくなったり、変わったりするからこそ、ものはさらに美しく見えるんだよ)

つまり、「『さび』というのは、古いものだけでなく、何かが古くなっていく過程、朽ちていく過程にある美も含むから、サクラの散る姿も美しいと日本人は感じるってこと」と話すと、ジョンは納得してくれました。

サクラの表現いろいろ

一気に満開になって、あっという間に散っていくはかないサクラの姿は、日本人独特の美意識に合っているのかもしれませんね。ちなみに、サクラが「満開」というのは英語でどんなふうに表現するのか、知っていますか? サクラの花は

cherry blossom (サクラの花)

というのが一般的です。cherryにはサクランボという意味もありますので、「サクランボの花」ということですよね。cherry tree blossom (サクランボの木の花)でも通じるでしょう。もちろん、サクランボには観賞用の品種(つまりサクラ)と、食用の品種(いわゆるサクランボ)がありますので、われわれが思う「サクラ」というのは、食用の「サクランボ」の木とは異なるものです。でも、英語では区別をしませんのでこんな言い方になってしまうのです。

食用のサクランボの木ではなく、「サクラ」の木を指すというのを英語で明確に示すときには、花のほうを強調するためにcherry blossom treeと「サクラの花の木」なんて言うこともあります。満開というのはbe in full bloomを使いますので

The cherry blossoms in Tokyo are now in full bloom.(東京のサクラは、いま満開です)

と表現することができます。3分咲き、5分咲きのような表現は英語ではしませんので、むりやり訳すよりも、段階に分けてなんとなく説明するのが自然だと思います。

3分咲き → The cherry blossoms are starting to bloom.(サクラの花が咲き始めています)
5分咲き → The cherry blossoms are in half bloom.(サクラの花が半分咲いています)
7〜8分咲き → The cherry blossoms are almost in full bloom.(サクラの花がほとんど満開です)

サクラの開花予想や、桜前線は新聞では

the cherry blossom forecast (サクラの開花予想)
the cherry blossom front (桜前線)

と表現されます。皆さんもぜひ、3月中は英字新聞や英語のニュースでサクラを取り上げているものに注目してみてください。

花見を英語で言うと?

すっかり話がそれてしまいましたが、もともとはジョンに花見の話をしたのがきっかけでした。花見や花見スポットを英語で言うときにはviewという単語を使います。

a cherry blossom viewing party(花見)
a cherry blossom viewing spot(花見スポット)

ジョンにHave you ever been at a cherry blossom viewing party?(花見に行ったことある?)と聞くと、首を振っていました。「今年は春分の日あたりに花見ができそうだから、皆も誘って花見をしようよ。ジョンも花見デビューしようぜ!」と言うと、特にうれしそうでもなくOkay.(やってもいいよ)と気のない返事。

さっそく、同僚たちにも声をかけて、飲食物の買い出しや場所の打ち合わせを始めると、ジョンがボソッと「せっかくだからバーベキューにしようよ」と提案。なんだ、ずいぶん乗り気じゃないですか。でも、バーベキューできる花見スポットなんてあったかなぁ……。すると、日本人の同僚ジロウさんが

Dumplings rather than blossoms! (花より団子だね!)

と言うと、そこにいた皆が爆笑。ジョンがけげんな顔でWhat’s that supposed to mean?(どういう意味だよ?)と聞くと、大笑いしているアメリカ人のジョーに

It means you are more interested in the food and drinks than the cherry blossoms at a cherry blossom viewing party! (花見で、サクラよりも食べ物や飲み物のほうに関心があるってことだよ!)

と背中をたたかれていました。バツが悪そうな顔をしながら、Well, isn’t everybody?(でも、皆そうじゃないのか?)と開き直るジョンでした。John, it’s going to be a good opportunity for you to experience wabi-sabi… (ジョン、「わび」「さび」を実体験するいい機会になりそうだね……)。