北千住にあるタカラ湯。現在の建物は1938(昭和13)年築だ(撮影:今井康一)

東京23区だけでも無数にある、名建築の数々。それらを360度カメラで撮影し、建築の持つストーリーとともに紹介する本連載。第3回の今回は、足立区の銭湯「タカラ湯」と北区の銭湯「稲荷湯」へ訪れた。
なお、外部配信先でお読みの場合、360度画像を閲覧できない場合あるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みいただきたい。

東京には約600の銭湯がある

東京の銭湯は、「宮造り建築」と呼ばれる、お寺か神社のような建物であるのがなによりの特徴。これは関東大震災後、突如銭湯に広まった様式で、宮大工の技術を持った棟梁が考え出したものだという。


この連載の一覧はこちら

1920年代は自宅に風呂のある家庭は少なく、お風呂と言えば銭湯に入りに行くのが一般的だった。狭い範囲に数軒の銭湯が競合していたような地域も多かった。

そこで客寄せのために外観や内部が派手になり、人目を引くこの様式が広まっていったという経緯がある。見知らぬ街を歩いていて、この宮造りの銭湯と空に向かってそびえる煙突のある風景に出会うと、街並みが一気に魅力的に思えてくる。

東京の銭湯の最盛期は高度経済成長期である1968年の2687件。2015年末には628件(東京都浴場組合調べ)で、ずいぶん減ったとはいえ、まだまだ健在だ。今回は、特に外観も内部も東京を代表する建築として見応えのある、戦前築の銭湯を訪ねてみよう。

テルマエ・ロマエのロケ地にもなった西巣鴨の稲荷湯の男湯(編集部撮影)

最初に向かったのは、北千住駅から徒歩15分ほどの「タカラ湯」だ。北千住一帯は銭湯のゴールデントライアングルと言われ、「キング・オブ・銭湯」と言われるほど建物が立派な「大黒湯」や、江戸東京たてもの園に移築された「子宝湯」など銭湯建築の名作が多い。

タカラ湯の創業は1927(昭和2)年。当初は荒川土手近くにあったが、1938(昭和13)年、道を挟んだ現在の場所に建て替えられた。そのとき、風呂場・脱衣場を設けてもまだ土地に余裕があったために、造られたのが池のある立派な日本庭園。

「祖父が庭師のような仕事もしていたらしく、こんな本格的な庭を造ったようです。ところがその後すぐに祖父は亡くなり、祖母とまだ若い父が切り回すように。当時は大変だったようですよ」と現在の主人の松本康一さんは語る。

男湯脱衣場は庭園に面しており、全面ガラス戸で縁側に出ると池のニシキゴイを眺められる。新潟・山古志産のニシキゴイには60年ほども長生きしたものもいたという。庭木は浅草の植木市で入手するなどして年々充実させ、季節ごとに花が絶えないように祖母が丹精していたと松本さんは語る。

一方の女湯には、男湯のような立派な庭はないのが残念だが、洗い場も脱衣場も男湯より広くゆったりとしている(注:毎週水曜日のみ男湯と女湯が入れ替わります)。

タカラ湯は縁側からの景色が美しい(編集部撮影)

家一軒と同等の価値がある彫刻も

タカラ湯の見どころは庭ばかりではない。正面入口上の七福神が宝船に乗っている彫刻は、柴又帝釈天門前の園田仏具店の園田正信作で、これだけで家一軒が建つほどの価値があるほどだとか。

1988年には洗い場、風呂を改装。中普請と言われる改装は定期的に必要であるが、この時に受け付けを番台(入口近くに設置された、男湯と女湯のどちらも見渡せる台)式からロビー式に替え、ロッカーも導入。

日本庭園とともに、タカラ湯で代々受け継がれている伝統は薬湯。以前はにがりを入れた塩湯で少々のケガはそれで治ってしまうほどだったとか。今は生薬を入れた薬湯のほか、電気湯、ハーブ湯、ゲルマニウム温泉などさまざまなお風呂があるのを特徴にしている。

もう一軒訪ねた銭湯は、北区滝野川の稲荷湯。やはり宮造り銭湯が東京に続々と建てられていった頃である1930(昭和5)年築だ。現在の女将の土本公子さんの曾祖父が石川県から上京して大正初期に銭湯を始めた。現在の建物は曾祖父が「日本一の風呂屋を作るんだ」と宣言して建てたものだ。

宮造りの銭湯は、正面に寺社のような「千鳥破風」と呼ばれる屋根を持ち、その下の玄関上に唐破風がある二重破風(屋根)が特徴だが、稲荷湯はそれがさらに三重になっている。稲荷湯にも脱衣場の外には池を擁した庭があり、憩いの空間に。以前は現在の脱衣場の一部まで池が広がっていたが、改築されている。

ここは、男湯女湯の間に仕切りがあるとはいえ、吹き抜け空間の高い天井が気持ちよく、大きな窓から自然光が入る。女将さんによると「この明るさがいいと、まだ日の高いうちにおいでになる常連さんもいらっしゃいます」という。

こちらも2014年に洗い場の改装を行い、タイルを新しくしたほか、浴槽を3つに増やした。改装前からあった42〜43度の浴槽と46度の“あつ湯”に加えて、新たにもう一つ“ぬる湯”の浴槽を作った。

今は都内の銭湯でもロビー式が増え、番台は全体の2、3割になっているというが、こちらは今も伝統の番台式。ペンキ絵は毎年1回描き換えていて、現在は男湯が富士山、女湯が潮岬(和歌山県)。富士山の景色は人気なので毎年男湯か女湯のどちらかが必ず富士山になるそうだ。

そして、洗い場では今でも昔ながらの木おけを使用。毎年、お正月の2日は7時から朝湯を営業し、その際に新しい桶をおろすのを恒例にしている。また、稲荷湯は映画「テルマエ・ロマエ」の撮影が行われたことでも有名。こちらの浴槽からローマ人に扮した阿部寛が登場する場面は衝撃的だった。2012年の公開後には、映画を見てやってくるお客さんも増え、中には海外からの旅行客もいるらしい。

番台の上から全体をのぞむ。右手が男湯、左手が女湯(編集部撮影)

銭湯経営者に雪国出身者が多い理由

東京の銭湯経営者は、石川、富山、新潟県出身者が多い。寒い雪国で雪下ろしなどにも耐える辛抱強さは、重労働とされる風呂屋の仕事をものともしないからと言われる。戦前から高度経済成長期の1960年代にかけて、銭湯はたいへん儲かる商売だったため、東京で成功すると故郷の兄弟や親戚を東京に呼び寄せ、その一族が新たに都内で銭湯を開業していくという例も多かった。今回取材したタカラ湯、稲荷湯とも、親族が都内で銭湯を経営しているとのこと。

相変わらず銭湯の毎日の仕事は大変なもので、営業が終わった直後の深夜の掃除や風呂焚き、番台など仕事も多く拘束時間も長い。

しかし、そうして日々清潔に磨きあげられた銭湯の大きな浴槽や広々とした空間は実に気持ちのよいもの。特に今回取材した2軒は建物も庭も由緒があり、周辺の町並みも味わい深い。お風呂屋さんを目的地にした町歩きに出掛けてみることをおすすめする。