「くるりんぱ」を重ねるだけ! 女子力が上がる三つ編み風アレンジ

写真拡大 (全13枚)

「くるりんぱ」だけでできる,三つ編み風アレンジ

「くるりんぱ」と「ねじねじ」だけで、不器用さんでも簡単に、たくさんのヘアアレンジができちゃいます。ヘアメイクアップアーティストの成田幸代さんに教えていただく、このシリーズ、今回は三つ編み風のアレンジです。

清楚な印象で、オフィスにもぴったり。ただサイドをとめるだけよりも、断然エレガント感アップ!実際に三つ編みするより断然ラクにできます。先端をリボンやシュシュなどで飾れば、キュートささらにアップ!
〈用意する物〉

100均などでも売っているビニールゴム×3個:(約2僉Ш戞Чより茶色の方が目立たず使いやすい)。あればリボン(お好みで)

〈基本テク〉
◆始めに、髪全体を巻いておくと、より上品にできます


1. 両サイドの髪を耳の位置で手に取り、後ろでビニールゴムで一つにまとめます。
※下の毛は、タッカールで押さえておきます。

2. 束ねた根元上部の真ん中を指で穴をあけ、毛先を通し「くるりんぱ」します(Y字の真ん中に、毛先を通す)。

3. 残りの髪を、上下半量(耳の下の位置くらいで)に分けて、ビニールゴムでとめます。

4. 2本目も同様に、2本目の根元に差し込み、「くるりんぱ」します。

〈ポイント〉
1本だけでもOKですが、2本重ねると断然オシャレに見えます。

5.下の髪の毛を取り、2本目の毛束の上で、ビニールゴムで止めます。3段目の毛束も、同様に根元の真ん中へ通し「くるりんぱ」します。

5. 三つの毛束を合わせて、髪ゴムで一つにまとめます。リボンで飾るとよりかわいさアップ。

〈ポイント〉
◆最後に、トップや後頭部を少し指でつまんで引っ張り、ふんわりさせるのがポイント。「くるりんぱ」の頭皮に近いねじり始め部分は、引っ張ると全体の形が緩んで崩れてしまうので注意して。

 

 

 

編集:YUKO
モデル:橋本実佳 写真:樋口勇一郎
取材協力:成田幸代/『Yogini』をはじめとした数々の雑誌、広告、ファッションショーで活躍するヘアメイクアップアーティスト。100%天然由来のスキンケア化粧品「伏水薫」のプロヂュースを手がけ、多くの女性の支持を集めている。
http://www.fumika-kyoto.com/