写真=iStock.com/TAGSTOCK1

写真拡大

どれだけ論理的に物事を考えられる人でも、「話し方」に問題があればチャンスを逃してしまう。「プレジデント」(2017年12月18日号)では、6つの場面別に「相手が気持ちよくなる言い方」を紹介しています。第4回のテーマは「仲が悪い職場の飲み会」。解説者はトレンディエンジェルの斎藤司さんです――。

■僕の場合は薄毛という最終兵器があるので(笑)

仲が悪い人や嫌いな人がいたり、全体的に関係がギスギスしている職場の飲み会って……。考えただけでも憂鬱だし、適当に言い訳して欠席したいですよね。僕はお笑いの世界に入る前、楽天で中古車販売の電話営業やホームページなどの制作担当のサラリーマンでした。ベンチャーで明るいオープンな会社だったので、飲み会はいつも楽しかったですよ。ヒンヤリした空気の飲みの席なんて、想像もつかない。

でも、歓迎会や送別会とか、仲が悪くてもやらざるをえない場合もあるでしょう。もし、自分がそういう飲み会の幹事になってしまったら、「トレンディエンジェル」で漫才をしているとき同様、ボケに徹するでしょうね。

まずは会の口火を切る“ブレークスルー”が大事ですね。たとえば完全な和食の店なのに、ありそうもない飲み物をオーダーします。「とりあえずテキーラね」とか「カシスソーダください〜」って。そこでたとえば「おまえはOLかっ!」と突っ込んでくれる人がいるといいですね。自分のボケをうまくレシーブしてくれるような同僚を、日頃からつくっておくのは大事です。

「笑点」の大喜利作戦もあります。参加者の誰かが面白いことを言ったら、「座布団1枚!」って座布団を自ら山田隆夫さんになって運んでいく。こう考えると、座敷がある和食の店をセレクトするといいのかなあ。

部署内の「あるあるネタ」も使えますね。上司のクセを真似したり、いつもダサい服を着ている奴がいたら、イジってみたり。“あるある”は、笑いの共有と場の一体感を生みます。でも、悪口にならないように注意。相手のプライドを傷つけると、後で大変なことになります。うまくイジれる人がいない場合は、自虐ネタで自分を落とすのが安全でしょう。僕の場合は薄毛という最終兵器があるので(笑)、これを駆使すれば誰も傷つかない。

毛髪ネタといえば……。今お昼の情報番組に出させてもらっています。たまにスタジオの空気を和ませるために、自虐ネタを挟んでいます。MCの俳優さんも薄毛の方なので、先日も彼を巻き込んだコメントでボケてみたのです。ところが、誰も突っ込んでくれないし、妙な沈黙があって(泣)。結局スベろうがウケようが、それが自分のミッションなので、やることはやったという満足感はありました。スベってもめげないハートの強さは、組織の中でも必要だと思います。

■「すっぽんに噛まれたら、もっと指を突っ込め」

とにかく、たとえウケなくてもボケの積み重ねがポイントです。大事なのは質より量。ちょこちょこおかしなことを言い続けていくうちに、場がゆるんでくるでしょうし、「なんだか、意外に楽しいじゃん、たまにはみんなで飲むのもいいもんだな」と、周りが思ってくれればシメたものです。

ボケをずっと繰り返すことの自分なりの意味――それは「すっぽんに噛まれたら、もっと指を突っ込め」というポリシーです。もともとシャイで人見知り、高校時代は友達が全然いなかったぐらいの暗い性格でした。今でも漫才の舞台に上がると、お客さんの顔を見るのが怖くて仕方がない。でも、怖いからといって逃げてしまったら終わりです。自分たちのネタを披露して、ちっとも笑ってくれないお客さんがいたとしても、その人から目をそらしたら負け。逆にそのお客さんをロックオンして、彼が笑うまでしつこくボケを繰り返す。つまり、すっぽんが噛むのに疲れて口を離してくれるまで、指を突っ込み続けるというわけです。

「すっぽん理論」は、舞台以外の仕事の現場でも生かしています。ドラマで共演した女優の前田敦子さんに対しても、この理論で攻めました。彼女も僕と同様に人見知りタイプなのでしょうね。根は優しい女性ですが、ちょっと難しい性格のように見えたし、最初はよそよそしかった。だから僕は自分のことをガンガンさらけ出していったのです。たとえば「僕の今付き合っている彼女ってこういう人で、こういう性癖があって」とか(笑)。また、彼女は意外に、人との会話で適当に受け答えすることがあったので「あっちゃん、適当な性格だよね。僕は無理だわ」とか言うと、徐々に笑い顔を見せて、素の自分を出してくれるようになった。格好つけて言うと、「俺も裸になるから、君も裸になれよ」みたいな。

舞台や撮影現場と飲み会を一緒にはできませんが、ベースの部分で「すっぽん理論」は使えると思うんです。飲み会も仕事のうち。腹をくくって場を盛り上げたいと思ったら、スカしてる人たちが根負けするくらいのボケを打ち続け、向こうに「もう笑うしかない」と思わせるのも手です。

■「この人苦手なタイプ」と決めつけるのはやめよう

冒頭でも言いましたが、嫌いな人や苦手な人と、お金を払ってまで一緒に飲みたくないのがホンネ。でも、組織では、好きな人とだけ付き合うわけにはいきません。どんな相手でも受容する気持ちも大切ですよね。だから「この人苦手なタイプ」だとか「性格が難しそう」とか、そういう決めつけはやめたほうがいい。「自分と価値観が違う」人だとしても、それもその人の個性。しらふの状態ならできないけれど、酒に酔った勢いで自分をぶつけたら、相手のいいところが見えてくるかもしれない。素朴なかわいい部分が見えたり、嫌いな上司からいい話を聞けたりするかもしれません。

ボケや自虐に徹するのは、ものすごく気を使うし、大変なこと。嫌いな人を受け入れるなんてキレイごとかもしれない。でも、「○○さんも頑張ってるんだなあ」と、周囲が思ってくれたら、部署内での自分の評価が上がるし、上司の覚えもよくなります。決して損なことではないですよね。

最後に、ギスギスした職場の飲み会を盛り上げる方法をまとめると――。小ボケを打ち続ける。誰かをイジるか自虐ネタで笑いを共有する。手強い相手を「すっぽん理論」で落とす。ここまでやってダメだったら、うーん、もう諦めるしかないな(苦笑)。

----------

斎藤 司(さいとう・つかさ)
お笑い芸人、俳優
1979年、神奈川県生まれ。会社員生活を経て、2004年にたかしとトレンディエンジェルを結成。15年M−1グランプリ王者になる。「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」(フジテレビ系)に出演。
 

----------

(お笑い芸人 斎藤 司 構成=東野りか 撮影=神ノ川智早 写真=iStock.com)