東京・赤坂で開かれた「パナマ・ゲイシャフェア【世界一の珈琲 特集】90+編」の様子(サザコーヒー提供)

写真拡大

1杯7500円のコーヒーがある。茨城県のサザコーヒーは、世界最高級のコーヒー豆「パナマ・ゲイシャ」の「No227」という豆を使ったコーヒーを、1杯7500円で販売している。一体どんな味がするのか。2月に行われた試飲会の様子を紹介しよう――。

■独自に淹れた最高品種を味わう

2月21日、東京・赤坂にある「コーネルコーヒー」で次のイベントが行われた。

パナマ・ゲイシャフェア【世界一の珈琲 特集】「90+」編

一見、大げさなイベント名だが、主催者のサザコーヒー(本店:茨城県ひたちなか市)には自信があった。世界最高級のコーヒー豆である「パナマ・ゲイシャ」(パナマ産のゲイシャ品種)を用いた、「淹れる人」「抽出方法」に徹底してこだわった内容だからだ。

昨年12月末、筆者はプレジデントオンラインへの寄稿「2018年に来る『コーヒー第4の波』の正体」で、「価格の広がり方もワインに似てきた」と書いた。「ゲイシャ」はその象徴ともいうべき豆である。世界有数の農園が栽培した希少価値のコーヒー豆を飲む――という最前線の楽しみ方を紹介したい。

■コーヒーの輸入量は1980年の2倍

近年、日本のコーヒー輸入量は伸びている。直近の2016年は48万1764トンだった。2000年に40万トンの大台に乗ってからは、17年連続で40万トン超となっている。この数字は1980年(19万4294トン)の2倍以上だ(※)。

※いずれも生豆換算の合計。財務省「通関統計」をもとにした全日本コーヒー協会の資料による。

わざわざ1980年の数字と比較したのは意味がある。国内の喫茶店数が最も多かった年は「1981年の15万4630店」で、最新調査では「2014年の6万9983店」に減っている(総務省「経済センサス」調査結果をもとにした全日本コーヒー協会資料より)。つまり、喫茶店の店舗数は半減したが、コーヒーの輸入量は倍以上となった。最も大きな理由は「飲む場所」が増えたことだ。当時は少なかった「コンビニコーヒー」や、ファミリーレストランやカラオケボックスの「ドリンクバー」でも、現在、コーヒーは当たり前のように飲めるからだ。

以上は「量」や「普及状況」の話だが、「質」でいえば、総輸入量のうち「スペシャルティコーヒー」と呼ばれる高級品は全体の5%程度にすぎないという。その中でも最高級品となると、ごく一握りの存在だ。

■「世界王者が使う豆」を提供する会社

冒頭のイベント名の「90+」は「ナインティプラス」と読む。コーヒーの品質にこだわる米国の会社(とブランド)名だ。味と香りに特化した90+の商品は、世界で高く評価されている。創業者のジョセフ・ブロンスキー氏は、ゲイシャ品種に魅せられてエチオピアとパナマで自社農園を持ち、徹底してこだわったゲイシャ豆を生産する。

「世界各地のコーヒー品評会に出品された豆の評価基準では、80点越えが『スペシャルティコーヒー』と呼ばれますが、90点越えの点数がつくコーヒーにはなかなか出合えません。それを社名やブランド名につけるところに、この会社のこだわりがあります」

国際審査員でもあるサザコーヒー代表取締役・鈴木太郎氏はこう説明する。同氏は、業界関係者の団体「日本スペシャルティコーヒー協会」(SCAJ)理事で、同協会内の「コーヒーブリュワーズ委員会」委員長も務める。サザコーヒーの活動では長年世界各地の生産国を回り、良質のコーヒーを買い続けてきた。ブロンスキー氏とも親交がある。

■最高級コーヒー豆でいれる1杯の値段

今回のイベントでは、2018年正月早々に鈴木氏らがパナマに出張し、買い付けた最新のベスト90+の「ゲイシャ」や、2017年に2つの世界大会で優勝したバリスタや、日本大会2位のバリスタが使用した「パナマ・ゲイシャ No227」というコーヒー豆が提供された。サザコーヒーエキュート品川店では、「No227」を1杯7500円(税込)で販売する。

2014年のWBC(ワールドバリスタチャンピオンシップ)で、日本人を世界王者に導いた阪本義治氏(バリスタトレーナー。act coffee planning代表)は「ゲイシャ」についてこう解説する。

「いま、国内外のコーヒー競技会(バリスタの競技会、ドリップやサイフォンを用いた競技会)で、ゲイシャ品種以外を用いた優勝者はほとんどいません。花や香水のような独特の香りを持ち、上質な柑橘系の酸味があるゲイシャは競技会のほか、世界中の品評会でも、最も注目のコーヒーとして評価されています」

■人気店店主も驚いた「衝撃の味」

今回のイベントでは、次の3人のバリスタがコーヒーを淹れた。

(1)岩瀬由和バリスタ(2016年WBC準優勝。2014〜15年JBC2連覇)
(2)本間啓介バリスタ(2016〜17年JBC2年連続準優勝)
(3)植松大記バリスタ(2017年海外コーヒーカクテルの大会で優勝。他に準優勝3回)

当日の参加者には、メディア関係者のほか、飲食店関係者が多かった。茨城県牛久市の人気店「サイトウコーヒー」を経営する齋藤孝司氏は、イベントで試飲したエスプレッソ(高圧抽出したコーヒー)とカプチーノ(エスプレッソに泡立てた牛乳を注いだもの)のセットについてこう話す。

「エスプレッソでは、飲む前には深いコクと苦味、キレを期待していましたが、飲んだら想定とはまったく違う味で驚きました。コーヒーというよりも、グアバやパイン、ピーチのようなフルーツをミックスさせた味で、爽やかな酸の多重層にしっかりとカカオのコクも舌に乗る。単にフルーティーという言葉で片付けられない、体験したことのないようなエスプレッソでした」

「一方、カプチーノはまるでその衝撃を忘れさせるかのような穏やかでまろやかな味。酸は奥に引っ込み、クリームがカカオを包み込み、最後の最後までとがりのない、本当に優しい味です。このセットの対比が非常に面白くて衝撃的でした」

斎藤氏は自家焙煎のコーヒー店を17年運営しているが、それでも驚きを隠さなかった。コーヒーの好みは人それぞれだが、パナマ・ゲイシャの味に驚く人は多い。しかも作り手は世界最高峰の日本人バリスタだ。まさに世界最先端のコーヒーだったといえる。

この3人のバリスタは、それぞれ所属会社が違う。イベントだから当たり前……と思うかもしれないが、長年コーヒー業界を取材してきた筆者の立場では別の感慨を持つ。技術を見せ合いながら、切磋琢磨することで、より進化したと感じるのだ。

昭和時代から、有志が情報交換を行う会はあった。たとえば「コーヒーマンクラブ」(CMC会)は1979年の発足で、富士コーヒーやシーシーエスコーヒー、キャラバンコーヒーなど、老舗や中小焙煎業の経営者・幹部が集まり交流する会だ。80年代からインドネシアやベトナムといったコーヒー生産地の視察も行ってきた。現在も活動は続いている。

■世代交代でよりオープンに情報を共有

一方で、現在でも「○○グループ」として技術やノウハウを囲い込み、グループ以外の会員にはノウハウを見せない会社もある。だが、時代遅れ感も抱く。「クローズド」から、より「オープン」が目立つのは世代交代もあるように思う。今回紹介した鈴木氏は40代、岩瀬氏、本間氏、植松氏は30代だからだ。

実は、1人当たりのコーヒー消費量では、日本はそれほど多くない。ルクセンブルク、フィンランド、ノルウェー、スイス、デンマーク、オーストリアといった欧州各国の消費量は日本の倍以上だ。

量よりも「細やかな味」を楽しむのが日本の消費者(これは日本人に限らない)の特徴でもある。そんな舌の肥えた消費者に鍛えられて、コーヒーの世界がどうなっていくか。「まだワインほど、目玉の飛び出るものではない」とも聞くが、そういう人は「1杯7500円」のコーヒーを飲んでみたらいかがだろう。

----------

高井 尚之(たかい・なおゆき)
経済ジャーナリスト・経営コンサルタント
1962年名古屋市生まれ。日本実業出版社の編集者、花王情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画・執筆多数。近著に『20年続く人気カフェづくりの本』(プレジデント社)がある。

----------

(経済ジャーナリスト 高井 尚之)