22世紀の希望はどこにあるのか(撮影:今井康一)

3月1日、小泉進次郎議員を会長代行とする「2020年以降の経済社会構想会議」の第1回会合が開催された。
この会議の前身として、2020年以降を見据えた新たな社会モデルを打ち出すべく、小泉進次郎議員を中心に自民党若手議員で作られたのが「2020年以降の経済財政構想小委員会」、通称「小泉小委員会」だ。議論紛糾しながら模索する様子は、『人生100年時代の国家戦略 小泉小委員会の500日』に克明に描かれた。
アドバイザーとして委員会に参加した予防医学研究者の石川善樹氏は、「21世紀の政治家たちがはじめて22世紀を語ったもの」と話す。議論の様子について、詳しく話を聞いた。

一本の電話がきっかけで気軽に出掛けていったら…

小泉小委に参加したきっかけは、一本の電話でした。ある日、小泉進次郎さんから「来週、空いてる?」と電話があったんです。若手の政治家が集まって議論するということだったので、「それは楽しそう!」と気軽に出掛けていったら、いきなり立ち上げの記者会見に参加することになり、焦りました(笑)。でも、そこから500日もの伴走がはじまったのです。


進次郎さんが僕を選んだ理由ですか?……なぜでしょうね(笑)。聞いたことないのでわかりませんが、アドバイザーとして議論に参加するうえで、2つのことを心掛けました。

まずは「ゴキゲン」であること。真剣に、難しい話をするからこそ、その旅路に一人くらい場を盛り上げる役割の人がいてもいいんじゃないかなと。

もうひとつは、「視点を変える」です。やはり政治家同士で議論をすると、どうしても偏ってしまうと進次郎さんは考えたのでしょう。だから僕だけでなく、ほかにも人工知能、経済学、病児保育、経営コンサルティング、広告クリエーターなどさまざまな立場の人がアドバイザーとして参加していたのだと思います。

さて、さっそく本題に入りたいと思います。『人生100年時代の国家戦略』という本では、具体的にどのような議論が行われたのか詳述されていますが、僕はもっと俯瞰してみたときに、「いったいあの500日は何だったのか?」という視点でお話ししたいと思います。

……とはいえ、何だったのでしょうか(笑)?! 一言で言うには、あまりに色んな議論をしたのですが、要するに「これからの時代における個人と社会のありかたを、日本人としてどうとらえなおすのか?」ということが主たるテーマだったのだと思います。


石川 善樹(いしかわ よしき)/ 予防医学研究者。ハビテック研究所長。1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士号(医学)取得。「人がよりよく生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。 専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など(撮影:今井康一)

たとえば、22世紀にはおそらく、「人生100年時代」が到来しているでしょうと。そうなったときに、個人はどのように生きていて、国としてどのような社会設計が求められるのだろうか、といったようなことを議論しました。

しかし! ここでちょっと想像してみてほしいんですが、いったいどこぞの誰が、「人生100時代の国家戦略」を構想しえると思いますか?

……おそらく、誰であっても不可能ですよね。なぜなら、どれほど優秀ですばらしい人であっても、「限界」があるからです。そして、自分たちはどのような限界に囲まれているのかを、ことあるごとに突き付けられたのが、今回の500日の議論だったと思います。

その限界がどのようなものであったのかを知ることは、おそらく小泉小委員会の本質を理解するうえで役立つと思うので、その話をこれからしたいと思います。

まず先に結論から言っておきますが、「3つの本質的な限界」があったように思います。

限界 人は何を知りえるか?(過去、現在、未来)
限界 人は何をなすか?
限界 人は何を望みえるか?

……といわれても「なんのこっちゃ?!」と混乱されると思うので、1つずつお話しします。

人は何を知りえるか?(過去、現在、未来)

まず、「人は何を知りえるか?」という限界についてお話ししましょう。

わかりやすい話でいうと、今回は若手議員を中心として議論を進めたのですが、当然ながらベテラン議員と比べて、《過去》に関する情報の限界があります。それゆえ議論しようとしても、ベテラン議員から「そんなことは10年前にさんざん議論したことだ」と言われてしまうこともありました。

じゃあ勉強しようとなると、今度は《現在》という時間の限界が現れます。日本各地を走り回り、大いに見聞を広めたくても、国会会期中は国会に座っていなければならないし、休日は地元に帰らなければならない。いわんや海外のことなど……という状況です。

そして《未来》。これは、想像力の限界となって現れます。今回、委員会が発信した提言に「22世紀へ」という言葉がありますが、実は、同様のことが過去にもありました。

1960年、中曽根康弘氏が科学技術庁長官に就任した際に、『21世紀への階段』(弘文堂)という本を出されています。これは、当時の一流の科学者を集めてつくられた未来予想になります。

……しかし、です。この本をめくってみると、第一章に書かれているのが、「21世紀、原子力は花盛り」という未来予想です。当時は、原子力とオートメーションが想像力のすべてでしたからね。

もしかすると、今語られている人工知能やバイオテクノロジーを活用した未来像も、22世紀の人が見れば苦笑するようなものかもしれません。『人生100年時代の国家戦略』は、21世紀の政治家たちがはじめて22世紀を語ったものでもありますが、未来を想像するというのは、それほど難しいことなのです。

整理しますと、このように「過去」のことを知りえない、「現在」のことを知りえない、「未来」のことを知りえないという限界がある中で、22世紀に向けた国家戦略を考えなければならなかったわけです。

人は何をなすか?

「人生100年時代の国家戦略」を考えるうえで、次に突き当たった限界が、100年という長いスパンで、「人は何をなすか?」という問題です。

日本人の生き方は、戦後から昭和、平成と時代が進むにつれ、様変わりしてきました。平均寿命も、終戦直後は50歳でしたが、いまや90歳に迫ろうとしています。

たとえば、前回の東京オリンピックの時は、平均寿命は70歳で、定年は55歳でした。ちなみにですが、サザエさんのお父さんである波平さんは54歳だそうです。定年間近ですね。

しかし、今や平均寿命が90歳の時代です。だとすれば、いったい何歳で定年になるのだろうかと。今のままでいいのか、いやたとえば75歳まで働く時代になるのか? これだけでも、社会でコンセンサスをとるのは大変だと思います。

人生観も大きく変化してきました。終戦直後は、老いも若きもひたすら働くしかありませんでした。「働く=人生」だったのです。

ところが高度成長期になると、世界の先進諸国では、「学ぶ、働く、休む」といった具合に、人生は3ステージに分かれました。これは本当に大きな変化で、たとえば、ジェームス・ディーンは、なぜ「理由なき反抗」をしていたのか? それは、働いていないからですよね(笑)。同様に、タケノコ族なんかが現れたのもこの時代の特徴ですよね。

では、今はどうか? ないんですよ、それが。22世紀の日本人が、それこそ100歳まで生きてしまうのだとすれば、その人生の軌跡はいかなるものなのか? もちろん自由に生きていってかまわないわけですが、一方で社会に生きる個人として、最低限果たすべき責任は何なのか?……など想像すら難しい問題がたくさんありました。

人は何を望み得るか?

そして、議論を進めるうえで「あーこれは特に難しいな」と感じた3つめの限界が、「人は何を望みうるか?」です。

歴史を振り返ると、戦後の日本人は、とにかく食料を求めていました。だから選挙なんかも争点は、「誰が自分たちを腹いっぱい食わせてくれるのか?」ということでしたよね。

しかし、日々の糧を求める一方で、「精神的な糧」も求めていたように思います。たとえば1947年、岩波書店が西田幾多郎の全集第一巻として『禅の研究』を発売した際には、一ツ橋の同書店には3日前から行列ができて、当日は1200人もの学生が並んだという逸話が残っています。iPhoneに行列をなす今からすると、考えられない話ですよね。

その後の高度経済成長期は、ご存じのとおり、欧米型のライフスタイルを望みましたよね。モビリティが高まったことによって、人々は郊外に一軒家を建てるようになり、商店街は大規模モールへと変わっていった。誰もが「今日より明日は豊かになる」……そう信じて疑わなかった時代です。そして大前提にあったのが、「20年学び、40年働き、20年休む」という人生の3ステージモデルです。

……そして現在なわけですが、いまの日本人は人生に対して何を希望しているのでしょうか? そもそも、まだ100歳まで自分が生きるかもしれないと思っている日本人は少数です。僕はいろいろな機会をとらえて調査しているのですが、ほとんどの日本人は「80歳」くらいが自分の寿命だと思っています。

そのような状況の中、「昭和の人生モデルが古くなり、人生100年時代になりました!」と言われても、困る人のほうが多いかもしれません。

しかし、未来は狙い、創っていかなければなりません。小泉小委員会では、『人生100年時代の国家戦略』の中に書いてあるとおり、喧々諤々の議論を経て、次のようなメッセージに到達しました。


「これからの時代の人は、自由に人生を生きる。学んで働いて、また学んでもいい。休んでもいいし、子どもと一緒に会社に行ってもいい。いろんなレールをぶっ壊そう、一人ひとりが自由に選べる100年でいいじゃないか」

まさにこれが、委員会の提言「レールからの解放」というメッセージに込められています。そして、自由にチャレンジして、仮に失敗したとしても、国家がそれを救う。それがセーフティネットです。全世代、全勤労者向けの社会保険なども議論されました。

……とはいえ、「自由すぎる人生は逆につらいんですけど」という意見も当然あると思います。ただ、何かしらの結論を出さなければならないので、今回の小泉小委員会では「自由」というメッセージになりましたが、はたして今の日本人は人生に何を望むのか、22世紀の希望はどこにあるのかという壮大なる議論は、これからも続けていかなければならない課題です。

日本を好きにさせるリーダーに

委員会では当初、外部からの専門家を招いて意見を聞いていたのですが、ある時、進次郎さんが「今日は議員だけの自由討議としよう」と言いました。正解を見つけるのではなく、意見をぶつけ合おう、と。

この日のことは、強く記憶に残っています。みんなが本音で議論をした、とても面白い会だったと思います。というのも、まとまりがまったくない(笑)。

皆さんにも、ぜひ追体験してほしいので、『人生100年時代の国家戦略』の57〜62ページ(本記事末尾のスライドショー)をご覧ください。抽象論を振りかざす人、具体的な問題を挙げる人、「抜本的に変えようぜ」という人が出てくれば、「変えなくていいんじゃないか?」という人も出る始末。

言いたい放題、とっ散らかり放題です。もはやまとめるなんてことができない状況の中、最後に締めの一言を放ったのが小泉進次郎さんです。具体的に何を言ったのかは、ぜひスライドショーで確認してほしいのですが、間違いなく言えるのは、進次郎さんの最後の一言で、委員会がぐっとまとまったということです。

その証左に、この混沌たる会議が終わった後、ある議員が僕の肩を抱いて次のようなことを言いました。

「石川さん、最後の進次郎さんのアレ見たか? あれがリーダーだ。俺に足りないのは、ああいうリーダーシップなんだよなぁ……」とぼやきながら会議室を出て行ったのがとても印象的でした。

このエピソードには、さらに後日談があります。進次郎さんの締めの一言に、委員会のメンバーは感銘を受けすぎてしまい、「シーーン」と場が静まって会は解散したのですが、進次郎さん本人は、「あれ、全然響かなかったのか?!」と落ち込んでいたと、後に明かしてくれました(笑)。

ただ、リーダーシップを発揮したのは、小泉進次郎だけではありません。今回の委員会を立ち上げた、小泉進次郎、村井英樹、小林史明を、僕は「自民党の若手三銃士」と呼んでいます。

この3人にはそれぞれ違ったリーダーシップがありますし、順番に総理大臣になってもらいたいほど非常に期待してもいます。そして同時に、リーダーとしてもっと育っていってもらいたいと願っています。

最近、僕が興味を持っていることの1つに、「国際社会におけるリーダーシップのありかたとは何だろうか?」という問いがあります。世界のさまざまなリーダーの発言や立ち居振る舞いを見ている中で、圧倒的に輝いて見えるのは、中国アリババ社の創業者であるジャック・マーです。

ジャック・マーのすごさを認識したのは、米国のビル・クリントン元大統領との対談映像です。何がすごいって、政治家よりもよっぽど政治家らしく、魅力的なんです。それこそ、ジャック・マーの話を聞いていると、彼個人はもちろんのこと、アリババ社、さらには中国のことまで好きにさせるような、愛にあふれたすばらしさがあります。ああいう存在感を、次世代を担う若手政治家の方々にも身に付けていただきたいと切に思うわけです。

たとえば、政治家の話を聞いて、その政治家本人を好きになるというくらいではまだまだでしょう。はたしてジャック・マーのように、日本そのものを好きにさせることができる政治家がどれほど日本にいるだろうか? 

もちろん、「がんばれー」と外から応援するだけで、リーダーが育つわけではありません。僕たち国民が、そのように育ててあげるという感覚でいなければならないと思っています。それが、最後に述べる「政治家こそ働き方改革を」という話です。

政治家こそ働き方改革を

今、国民の政治に対する要求が、あまりにもフワッとしすぎていると感じます。「進次郎もまだまだだなあ」なんて言って一丁前の気分になっていたり、「投票したい政治家がいません」と文句だけを並べたり。しかし、そうではなく、具体的な要求を僕ら国民の側から出していかなければなりません。

たとえば僕は、日本の政治家は、国会のいすに長時間縛りつけられるというルールをやめたほうがいいと思っています。今年1月のダボス会議に首相が出席しなかったのは、先進国では日本だけです。理由は、「国会会期中のため」。

ダボス会議は、ただ偉い人が集まって楽しく話しているだけではありません。各国の権限のある人が一堂に会するからこそ、効率よく交渉ができる場でもある。そこに出席できないなんて、あまりに生産性が低すぎます。実際、国会にしばりつけられる時間で見ると、日本の総理は圧倒的に長いそうです。

そのような意味で、働き方改革、時間の使い方改革がいちばん必要なのは、政治家ではないでしょうか。票を託した政治家が、いまどのように時間を使っているのか、本当はどういう時間の使い方をしてもらいたいのか、もっと僕たち国民が理解し、改善要求を出していくべき問題だと思います。

……さて、偉そうなことをたくさん述べてきましたが、小泉小委員会の本質がどこにあったのか、読者の皆さんに少しでも伝わっているとうれしいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

(構成:泉美木蘭)