言うことを聞いてくれないのには、ワケがあります(写真:World Image / PIXTA)

年々、日本で働く外国人の数が増加しています。2016年には、外国人労働者の数が100万人を突破しました。

異なる価値観を持つ人材が集まり、新しいビジネスや商品が生まれている一方で、彼らの仕事の仕方や、働き方に戸惑う日本人も多いようです。ITエンジニアとして10年近く海外で働いてきた私も、いまだにその価値観の違いに驚かされています。

過去には、こんな経験もしました。ブラジルで進めていたプロジェクトにトラブルが発生したので、急いで日本から現地に飛びました。目的は、「プロジェクト納期を絶対に守る」「品質を確実に担保する」といった本気の姿勢を伝えて、現地のリーダーを鼓舞することです。

ところが、それが裏目に出てしまいました。現地のブラジル人リーダーに対して、私が必死になって課題や目標について話すと、「それはあなたに任せた仕事なのでよろしくお願いします」と、ことごとく逃げ腰の発言をされてしまったのです。

「集団主義的」な日本人、「個人主義的」な外国人

予想外の反応に、当時の私は驚きました。いったい、何がいけなかったのでしょうか? 経験を積んだ今なら、もっと彼らと日本人の「働き方の違い」について考慮すべきだったと思います。

私たち日本人の多くは、「集団主義的」な働き方をしています。仕事が遅れている人がいれば、チームでカバーするのが当たり前です。上司が命令するケースもありますが、多くの場合、チーム内で話し合うことで作業分担の見直しが行われます。

一方、外国の人たちは、最初に決めた作業分担をあまり見直しません。一度役割が決まると、自分にできる作業量や所要時間を周りの人に宣言します。自分の担当ではない作業に遅れが発生しているからといって、日本人のように積極的にフォローに入らないのが実情です。

つまり、外国人は「個人主義的」な働き方なわけです。彼らがフォローしないのはやる気がないからではなく、人の仕事を奪う可能性を考慮しているから、という理由があります。

残念ながら、日本的な「背中を見せて、仕事を教える」というやり方は彼らに通用しません。外国人と仕事をするときは明確な役割分担をして合意を得ることが必須だと、当時の経験から痛感させられました。

世界から見て、日本人は働きすぎ

ほかにも日本人が外国人と一緒に働くうえで、知るべきことがいくつかあります。

たとえば、外国人は「仕事よりもバカンスを優先する」という価値観を持つということ。できるだけ残業や休日出勤をしないのが世界の常識です。

なかでも特に残業や休日出勤に厳しいのが、冒頭にも出てきたブラジルです。日本でも昨今「働き方改革」が話題で、政府や企業は残業や休日出勤を減らそうと一生懸命になっていますよね。プレミアムフライデーやドローンで残業を監視するといった施策が注目を集めましたが、ブラジルの現在の制度を知ったら、とてもシンプルなことに驚くかもしれません。

ブラジルでは、管理職も含めて、1年のうちに連続30日のバケーション休暇(しかも有給)を与えなければいけないという法律があります。さらに、1週間の労働時間は44時間まで、残業は1日2時間までと制限されています。残業には、通常業務と比べて50%割り増しの賃金が発生します。

欧米諸国でも休暇を取ることが推奨されています。ドイツでは6カ月継続勤務した人に、最低24日の有給休暇を取得する権利が与えられます。フランスでは年間5週間の法定最低休暇があり、スウェーデンでは1日6時間労働の試みが始まりました。オランダは週4日勤務が当たり前になりつつあります。

日本のように「電車が時刻表どおり来る」国は世界でも極めてまれです。プロジェクトの納期遅れなどにも敏感です。しかし、バケーションをしっかり取る国では、納期遅れをあまり気にしない(気にしてくれない)こともしばしば……。


海外では業種、役職にかかわらず全員が上記のような休暇についてのルールに従います。そしてバケーションについても、本人が取ると決めている日を後から調整するのは不可能です。

日本のように残業や休日出勤で遅れをカバーするという発想もありませんから、プロジェクトで動くときには、メンバーのバケーションに合わせた進行計画を立てなければいけません。それを怠ると、バケーションの長さだけ納期が遅れていきます。

そうした国は多いのですが、なかでもブラジルでは特に、大きめのバッファーを取った余裕あるスケジュールを立てる必要があります。そのバッファーの大きさたるや、ふだん日本で仕事をしている人には想像もつかないほど。そして、そのバッファーはたいてい使い果たされます。