「できる」という実感がわかなければ、成長は難しい。


「うちの子、学年最下位なんです」

 相談を受けたときは、当然、割り算ができないのだろうと思っていた。経験上、公立中学で学年最下位レベルの場合、分数はおろか割り算もできないことがほとんどだからだ。

 ところがその子は分数が理解できていた。分数ができるのに成績最下位という、初めてのケース。

 これで成績がひどいというのは合点がいかない。成績表を見せられたが、そんなのは役に立たない。実際にその子がテストにどう答えたか知りたい。そう思い、定期テストの答案を持ってきてもらった。すると、どうやら原因がつかめてきた。恐ろしくスペルミスが多いのだ。

「1」と「7」と「9」、また「6」と「0」が区別できない。濁点があったりなかったりするので、「か」と「が」が区別できない。送り仮名は、省略したりサービスしたり。漢字もおおよその形は合っているのだが、棒の数がその都度まちまち。選択問題でアとイのどちらを書いているか判読できない。字をキチンと書けないのだ。

 それを指摘すると「あ、そうだね、でも分かっているし、大丈夫大丈夫」と全く気にしていない。気になって本人の様子を観察すると、実に落ち着きがない。話し合っている途中でもシャーペンをクルクル回し、落としたら即座に取りに行こうとして椅子をバタン。典型的な多動症だった。

 この子は理解する力に問題はなかった。しかし多動であるためか、細かいミス、オッチョコチョイが多く、それを気にしない習慣が身についていた。せっかく正解にたどり着いているのに、「1」なのか「9」なのか分からない字を書くからバツを食らっていた。学年最下位というのは、採点者が「なんと答えたのか分からない」からだった。

 これは本人にとっても不幸だった。理解できているのに、スペルミスだったからバツだったのか、理解できていないからバツだったのか、本人も区別できていなかった。このため、自分は着実に成長できているのか、という自己効力感(Self-efficacy)が全く得られない空回りが続いていたようだった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ミスを注意深く観察する

 自己効力感は極めて重要だ。分からなかったことが分かった。できなかったことができた。ここまではできるようになって、これからはこういうことができるようになりたい。自分がどこまで成長して、今後どれをマスターしていけばよいのかを自覚しなければ、「学ぶ」ことが楽しくなくなるからだ。

 ところがその子は「スペルミスを気にしない」ために、自分がどこまでできるようになったのか、理解できているのかを確認する術を失っていた。理解できていることさえスペルミスでバツにされ、「自分は理解できていないのだろうか?」と不安になる。自己効力感のないぬかるみの中にいた。

 そこで私はスペルミス対策に集中することとし、勉強を一切教えないことに決めた。100円ショップでことわざ集を購入し、「これを毎日10個書き写そう。字が1つでも間違っていたら全部書き直しのルール。いいね?」と伝えた。その子は楽勝楽勝、と気軽に考えていた。ところが。

 たった10個のことわざを書き写すのに、実に3時間。漢字は棒が一本多かったり少なかったり、送り仮名が足りなかったり余計なのがあったり、濁点があったりなかったり。さっき提出したときは正確に写せていたのに、次に提出する時は間違っていたり。「字を気にしていない」ことが明らかだった。

 私は、句読点の有無程度であっても書き写せていなければ、容赦なく「はい、もう一回10個全部書き写し」と言って突っ返した。普段なら、ちょっとしたケアレスミスを私は気にしない。しかしこの子は、ケアレスであることが自己効力感を持てないでいる主原因であったから、軽視できなかった。

「これ、濁点がないだけじゃん。大したミスじゃないでしょ。サービスして! お願い!」

 しかし私は、こう答えた。

「サービスしたいのヤマヤマやけどな。キミはこれを克服しなきゃ。はい、もう一度10個全部書き直し。ガンバって!」

 3日目くらいに泣き出した。10個書き写すことすらできないことが悔しくて。

 しばらく泣かせておき、落ち着いた頃に次のように伝えた。

「ミスは誰にでもあるから仕方ない。でもキミの場合は、ミスがないか見直してから提出することをしないだろ。提出する前に見直しを3回やってごらん。自分がどんなミスをしやすいか、パターンが分かってくるはずだ」

 それまでは全く見直しせずに提出していた(このことこそ、字のミスを全く気にしていない証拠なのだが)が、おろそかであるとはいえ、提出前に見直しするようになった。もちろん、いい加減な見直しだから、ミスを見落として、またバツを食らった。しかし大きな変化がここで起きた。

「正確に書こう」と意識していたのから、「間違いをどうやったら見つけられるか」に意識がシフトした。書き写している最中は、自分がミスをしているのかどうか自覚しにくい。しかし見直しの時間に、自分がミスしやすいパターンはどこなのか、注意深く観察することに意識がいくようになった。

 すると、見直しの時間にミスを発見する確率が高くなり、その分、正確に写せることわざが増えた。ミスを発見するコツが分かってくると、自分がどういうミスをしやすいのかが自覚でき、書き写す際にも「ありがちなミス」に注意して書く、というフィードバックができるようになった。

 3時間のうちに10個書き写すこともできなかったのに、2時間ノーミスで何十個も正確に書き写すことができるようになって、この訓練を終えた。それから中学校の学習内容に移ると、着実に成績が伸びていった。スペルミスのせいで「分かっているのか、いないのかが分からない」状態だったのを脱したのだ。

 自分は着実に成長できているのだろうか? それを実感するには、自己効力感が得られていることが前提となる。それがなければ、自信をもって難題に取り組むことが楽しめない。「自分は、いつまでたっても分からないままではないか」というぬかるみに足を取られた感覚では、成長意欲が失われるのだ。

今、ここに意識を集中する

 もう1人は、全く別の形で自己効力感を持てずにいた。その子は高校生だったが、分数の理解から怪しかった。そこで小学3年生のドリルを与えて、分数から鍛え直すことにした。ところが、分数を学ぶ以前に、大きな問題があることが発覚した。

「タマシイが飛んでいく」のだ。「このドリルをやってね」と声をかけると「ハイ」というよい返事。ところが10分後に戻ってくると、ドリルの向こう側の景色を見るように、目がうつろ。「おい」と声をかけるとハッとして、またドリルに取り組もうとするのだけれど、1分もたたないうちにタマシイがどこかへおでかけしてしまう。

「目の前のことに集中できない、すぐに想像のお花畑に遊びに出かけてしまう」ことが成績絶不調の原因だった。とはいえ、それは今に始まったことではなく、幼い頃からの傾向であるらしい。そこでお母さんに来てもらって、小さい頃からの様子を聞いた。

 すると、その子が極端な「おばあちゃん子」であったことが判明した。この子が生まれてから5才くらいまで、食事も全部おばあちゃんが口元まで運んでやり、着替えも何もかもおばあちゃんが先回りして世話していたらしい。自分一人でやろうとしても、「うまくできないでしょ、おばあちゃんがやったげる」。

 そのうち、自分で何をしようと思っても全部先回りして準備されてしまうので、自分から何かをしようということを諦めるようになり、その代償として「想像のお花畑」に出かけるようになったらしい。学習に集中できないのは、自分で何事かを成し遂げるという自己効力感を奪われたためだった。典型的な「おばあちゃん子は三文安い」パターンだった。

 この子が自己効力感を取り戻すには、「いま、ここ」に意識を保つ必要がある。そこで「リハビリ」を優先することにした。「タマシイ飛ばし」が起きたら机をバンと叩き、大声で「ほら、またタマシイが飛んでったぞ!」とビックリさせる。それを何度も何度も繰り返した。

 これまではタマシイを飛ばしても(意識があらぬ方向に飛んでいったとしても)、誰もとがめることはなかった。しかし、そればかり集中して注意されるようになって、しかもビックリさせられるものだから、次第にタマシイが飛ぶまでの時間が長くなり、「いま、ここ」に集中できるようになってきた。

 すると、小学校の内容はあっという間に終えた。「いま、ここ」に意識を集中させると、自分でもあやふやだと思っていた内容を着実に理解ができて、自己効力感が得られるようになり、楽しくなってきた。するとタマシイは自然と、「おでかけ」しなくなった。

 大きな峠は因数分解。これが全く分からない。ワンワン泣いた。高校生なのに中学の内容を理解できないことが悔しくて。しかしこれは大きな成長の証し。「できなくて悔しい」から泣くなんて、彼はこれまでの人生でなかった。自己効力感が得られることの楽しさに目覚めたから悔しいのだ。

 もう、できないからといってタマシイを飛ばすことのなくなったその子は、因数分解にかじりついた。そしてとうとう克服すると、その後はウソのように中学校の内容をスルスルと終えた。

成長の阻害要因は何か?

 子どもは個性がさまざまだ。成長を妨げる原因もそれぞれで違う。それさえ取り除けば瞬く間に成長を遂げるのに、なかなかその原因が何なのか、見抜いてくれる大人に出会うことができず、成長の機会を逃している子は多いように思う。

 個性さまざまな子ども一人ひとりの、成長を妨げている原因を突き止めるには、どうしたらよいのだろう? そして、処方箋を個性に合わせて提供するにはどうしたらよいのだろう?

 そのコツが、自己効力感ではないか、と私は考える。「できない」が「できる」に、「知らない」が「知る」に変えられる、着実に自分は成長していると実感できる感覚、自己効力感が得られさえすれば、人は成長することが楽しくなり、努力を努力とも思わずに楽しく努力する

 ところが上述した2人の子どもは、それぞれの事情で自己効力感が得られない状態になっていた。努力しても空回りするから、努力することを諦めてしまった状態だった。ならば、「できない」を「できる」に変えられる、着実な成長を実感できる状態に持っていってやればよい。

 前者の子どもはスペルミスが空回りの原因だったし、後者の子どもは意識が空想に奪われることが原因だった。ならば、その原因に適した処方をして、空回りしないですむようにし、着実な成長を実感できるようにしてやればよい。自己効力感が得られるところまで持っていってやれば、子どもは教えなくても勝手に成長するようになる。

 これは部下の育成においても同じだ。自己効力感が得られず、空回りしているのはなぜなのか。その原因を話し合うことで突き止め、それに少しずつ対処していけば、歯車がガチッと噛み合ったように、自己効力感を得られるようになる。

 上司は、部下が自己効力感を得られる状態になっているかを見守り、それができていないなら手助けする。自己効力感が得られていたら、報告・連絡・相談だけしっかりさせて、正確な状態を把握すれば、なるべく放っておく。そうすると、部下はのびのびと自分の能力を伸ばし、発揮させるものだと、私は考えている。

 詳しくは、拙著『子どもの地頭とやる気が育つおもしろい方法』(朝日新聞出版社)、『自分の頭で考えて動く部下の育て方』(文響社)をご覧いただきたい。

筆者:篠原 信