ジャケットを選ぶポイントを外せば、直しだけではピッタリになりません

写真拡大

スーツやジャケットは、できることならばオーダー品を着るのが最善です。しかしながら、現状では手が出せないという方もいらっしゃるかと思います。今回は既製品を購入する際に気を付けていただきたいポイントをお伝えいたします。(ファッションスタイリストジャパン代表取締役 西岡慎也)

ジャケットの丈詰めは
しない方がいい理由

 既製品のスーツやジャケットを購入する際に気を付ける一番重要なポイントは、サイズ感です。最も基本となるのは着丈と袖の長さ。ここで気をつけていただきたいのは、「丈が合っていないものは選ばない」ということです。

 ジャケットの丈は、詰めすぎると腰ポケットの位置に掛かってしまうため、サイズを詰めるのにも限界があるのです。まずは丈が合っているものを選びましょう。この上で、必要に応じて袖の直しを行うようにすれば、大失敗をせずに済みます。

 ただ、自分の体型が平均から大きく外れている方の場合、やはり既製品は避けるべきです。

 既製服は基本的に標準体型の方を基準につくられています。このため、極端にお腹が出ていたり肩幅が狭かったりする場合、直すことが難しいのです。たとえば、体を鍛えていて胸板が厚い方などは、胸や肩回りにサイズを合わせると、どうしても他の部分が大き過ぎてしまいます。このあたりは、既製服では限界があることも知っておくとよいでしょう。

 そして、サイズと見た目を鏡で確認する際、一つ気を付けていただきたいポイントがあります。それは、横からもチェックするということです。例えば、シャツを着た時に、正面からはぴったりに見えても、横から見ると背中でシャツが余って浮いていたりするというケースが少なくありません。これからは、ぜひ前からだけではなく横からもチェックしてみてください。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)