かつての日本人は、英語の授業で文学や評論に親しみ、文化的な香りを楽しみながら英語を学んでいた(写真はイメージです)

写真拡大

2020年東京オリンピックでの「おもてなし」に向けて、“英語ファースト”の時代が訪れている。「いまの時代、英会話ぐらいできないと」、「英語は早いうちから学んだ方がいい」と言われるが、『その「英語」が子どもをダメにする』(青春出版社)の著者・榎本博明氏は、そんな思い込みが蔓延する英語“偏重”な教育現場に警鐘を鳴らす。

小さい頃から英会話を学ぶと、
日本語が弱くなる!?

 グローバル化の時代もあって、「わが子には英会話くらいできてほしい」と幼稚園や小学校低学年から英語を学ばせる親が最近増えている。それにともない、幼児向け英会話教室や英語教材も大人気だ。

 子どもにできるだけ早い時期から英語を習わせたい親には、次のような考えを持っている傾向があると榎本氏はいう。

(1)親自身、英語が苦手で、英語ができる人をすごいと思っている。
(2)英語の成績はよかったが、英会話はうまくできなかった。
(3)親自身、英会話が得意で、優越感を持っている。

 いずれにせよ、「自分の子どもには英語に強くなってほしい」という親の並々ならぬ思いから、つい昨今の英会話ビジネスに乗せられてしまうのである。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)