価格高騰の高波を乗る越える知恵とは?(写真:xiangtao / PIXTA)

値上げの春がやってきた。

まず、業務用ビール系飲料が上がり、そして「ゆうパック」送料改定、さらに引っ越し料金も上がっている。それだけでなく、2017年からの異常気象の影響で、軒並み野菜が高い。


この連載の記事一覧はこちら

特に、鍋料理に欠かせない白菜や大根は手が出せない価格となった。白菜4分の1個の見切り品ですら200円という値段を見た時はのけぞった。暖かい地域ならましかと沖縄県内のJA直売所で調べたところ、2月上旬でやはり白菜1個が380円であり、日本全国ほとんど逃げ場なしという状況。4月には価格が落ち着くのではという報道は出たが、まだまだ足元は厳しい。

服やレジャー費は我慢できても、高いからと言って食べないわけにはいかない。思えば2016年も北海道を直撃した台風の影響で野菜が高騰した。ホッとしたのもつかの間、2017年でも夏から秋にかけての長雨や台風・低温が野菜の生育を妨げ、そのまま今に至るわけだ。

エンゲル係数は高止まっている

総務省発表の「家計調査報告(家計収支編)平成29 年(2017 年)」の速報によると、2人以上の世帯の消費支出のうち「食料」にかかるおカネは2016年比では微減。具体的に数字を言えば、月にかかった食費は7万2866円となっており、前年に比べ名目で0.1%、実質で0.8%の減少だ。

エンゲル係数(消費支出に占める食料費の割合)は25.7%と、こちらも0.1ポイントの低下となっている。ただエンゲル係数はここ数年上昇し、昨年は1987年以来29年ぶりの高水準を記録している。昨年はほぼ横ばいと高止まっている状況といえる。

日本全体を相手にしての平均額などあまり意味がないとは思うが、せっかく国が調べてくれた数字なので、各家庭でどのくらいの食費がかかっているのかを、もう少し細かく見てみよう。

世帯主の年齢階級別家計支出(2人以上の世帯)別にみた食費は、40歳未満が月6万3693円(24.9%)、40代が7万7100円(24.5%)、50代が7万8052円(22.7%)となっている。驚くのが、いわゆる60代以降のリタイア世代。60代が7万6608円(26.4%)、70代以上でも6万8065円(29.0%)と、現役世代とさほど数字が変わらない。年を経ても食費は想像以上に減らないということだ(食費には外食費含む。カッコ内の%はエンゲル係数)。

さらに、年収を5段階に分けたデータで見ると、年収455万円までの家庭は5万9731円(26.6%)、455万〜592万円では6万5505円(25.9%)、592万〜732万円では7万3945円(25.1%)、732万〜923万円は8万389円(22.8%)、932万円以上は9万3348円(21.1%)と、順当に年収増に応じて金額が増えていく(なお、年収の区切りが細かいのは、世帯を年間収入の低いほうから並べ、それを抽出率を調整した世帯数により5等分する分類「年間収入五分位階級」によるため)。

先のデータともあわせると、消費支出のうち25%前後を食費に費やしている家庭が平均的だと考えていいかもしれない。このように、わが家の家計費に対して25%をかけてみて、その金額と実際の食費を比べると、多めか少なめかのイメージが持ちやすいのではないだろうか。

これで少なかったとしてもホッとしている場合ではない。25%、つまり家計費の4分の1を食費が占めるのだ。さらに、先に見たようにシニア世代になってもそれほど食費は落ちていない。収入が年金中心になり大幅減するにもかかわらず、食にかかる金額が減らないとなると、なかなかしんどそうだ。年金暮らしに突入する前に、食費をむやみに上げない知恵をつけておかないと厳しいことになる。野菜高騰時代に歯を食いしばって踏ん張るための、節約思考に取り組んでみよう。

安いものからあれこれ買うのは失敗のもと

こう野菜が高いと、スーパーで特売価格のものを見ると、つい手を出してしまう。筆者の近所ではモヤシやピーマン、小松菜や水菜あたりがそうだったりするが、ここで何も考えずに買ってはいけない。安いからといって、何を作るかのビジョンなくあれもこれもカートに入れては、単純に買いすぎとなる。

モヤシが安いと思ったら、レトルト調味料(“回鍋肉の素”などのあれ)のコーナーに行ってモヤシを使ったレシピを見つけよう。麻婆モヤシ、モヤシのひき肉あんかけソース、モヤシの中華丼、モヤシの卵炒め等々、それをヒントにメニューを固め、他の食材を買いそろえればいい。無論、それなりにお高いレトルト調味料を買うわけではない。パッケージの表記を見れば、味つけに使うべき調味料も書いてあるからだ。

逆に、安く買ってもうまくメニュー化できないなら買わないほうがいい。ノーアイデアで買い物に行くなら、野菜売り場に行く前に総菜売り場を見るのも一案だろう。この野菜を使ってこんな総菜ができるのかとヒントをもらえる。

食費アップの大敵が買いすぎであることは明らかだ。農林水産省の食品ロスに関する資料を見ると、一般家庭から出ている食品廃棄量は822万トンで、うち食べ残しや直接廃棄(買ったけど食べずに捨てたなど)が282万トンもあるという(平成26年度推計の数字)。生ごみの約3割は、食べられるのにむざむざ捨てている計算になる。買いすぎ、作りすぎ、そしてゴミへ。これが食費のムダ部分とすれば、まず使い切れるものを買うべきなのだ。

とはいえ、安いものを買うのが悪ではない。筆者が以前、雑誌の企画で食費達人たちにアンケートを取った時、メニューをきっちり決めてから必要な物を買うのと、当日に安いものを買ってメニューを決めるのとの、どちらを実践しているかと質問したところ、やはり当日安いものを買ってからメニューを考える人が多かった。

となると、買い物時に有効な手段は、レジに向かう前に再度カートの中をチェックすることだろう。最初はメニューのアイデアを持たず、安いからとどんどん放り込む。しかし、買い回るうちに徐々にメニューが固まってきて、最初のほうで選んだうち「これはなくても大丈夫」というものが出てくるはずだ。ここで面倒がらずに棚にお戻しすれば、買いすぎも支出も抑えられる。

高い野菜はチョップドサラダ方式で大事にいただく

安いものの買い方はよしとして、では高騰している野菜はどうすればいいか。野菜が高いときのセオリーは、_然覆安定している冷凍食品を使う、袋入りのカット野菜を選ぶ、L掬魂奪織ぅ廚量邵撻献紂璽垢鮗儿みなどに使う、といったところ。どれも加工品であるため、生鮮食品のように価格が大きく変動することはあまりないからだ。

また、スーパー店頭では、さすがにキャベツや白菜が高すぎて、2分の1個や4分の1個での販売となっているが、それでも十分高い。泣く泣く高価な野菜を買ったときは、ぜひ食べ方に一工夫しよう。題して「とんかつ屋のキャベツ方式」だ。まるで糸のように芸術的に細く千切りされたキャベツは、その小山のような見た目ほど実際には大量でない。細かくカットすればその分ふんわりとして多く見えるのだ。家庭ではあれほどの細さにカットするのは至難の業だが、できるだけ細かく切ることはできる。

少し前にはやったチョップドサラダ風にすればいい。これは、その名のとおり具材を小さくカットして混ぜ合わせたサラダのことで、葉物でも根菜でもOKだ。キャベツ、大根、ニンジン、水菜を千切りやざく切りして合わせただけ、またはおつまみで残ったナッツやレーズン、枝豆をトッピングに加えてもいい。歯ごたえが違うものが入っていると満足度も高くなるからだ。

サラダをあえるドレッシングも買ってくる必要はなく、プレーンヨーグルトに塩を加え、粉チーズ少々を入れて混ぜればシーザーサラダドレッシング風、ポン酢にごま油(あれば豆板醤)を加えて混ぜれば中華風に、しょうゆとオリーブオイル(もしくはサラダ油)に少しのワサビを加えれば和風にと、家にある調味料類で十分それらしいものが作れる。

最後の手段としては、野菜高騰の折には割り切って総菜のサラダを買うという手もある。高騰野菜に払う金額を考えると買ったほうが安いというのが現状だからだ。

コストの安いおかずに悩んだら、激安居酒屋のメニューをヒントにする手もある。300円程度のつまみには、コストをかけないための工夫が潜んでいる。ハムカツに鶏皮の和え物、豚キムチ炒め、イカゲソの唐揚げ、肉豆腐など、安く買える素材をどう魅力的に変身させるかは、外食のプロから盗めばいい。

家庭での食事は嗜好品でもぜいたく品でもなく、家計費4分の1のコストの中で行う日々の営みだ。しかし、その世界は変幻自在で決まりごともない。価格高騰の高波を乗る越える知恵は、私たちの中にある。