横浜の商業施設「ジョイナス」内に新たにオープンするフードコートに、あきんどスシローの新業態となる「スシローコノミ」が開店する(記者撮影)

回転ずしチェーンで最大手のあきんどスシローが、回らない新業態で勝負に出る。

同社は3月20日、初のフードコート業態「スシローコノミ」を横浜市の商業施設に出店する。店内にはスシローでおなじみの回転レーンは見当たらない。紙に食べたいネタを記入して店員に渡し、会計をした後に商品が出てくる仕組みだ。

郊外の出店競争は厳しくなるばかり

スシローコノミを出店するのは、20日に横浜駅に隣接する商業施設「ジョイナス」にオープンするフードコート「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」。スシローコノミ以外にも、カフェやイタリアン、ラーメンなど幅広い業態の飲食店が軒を連ね、130席の共有イートインスペースを設けている。


3月20日にオープンを迎える「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」。130席の共有イートインスペースも設けた(記者撮影)

新業態となるスシローコノミでは、最初に6貫、8貫、10貫、12貫の4種類から注文貫数を選択。そしてその数に合うようにスシネタを選ぶ。すしは1貫60円、100円、200円(いずれも税抜き)と、それぞれの金額のカテゴリーから好きなネタを選ぶ。

それ以外にも、みそ汁といったサイドメニューや、スシローのほかの店舗で注文できるラーメンやうどんなどの麺商品も提供する。生ビールなどのアルコールやソフトドリンクも、用紙に記入して注文することが可能だ。

スシローがフードコート内に出店するのは今回が初めて。郊外のロードサイドを中心に出店攻勢を続けてきたスシローの店舗数は現在約490店。昨年9月には島根県に出店し、47都道府県への出店を達成するなど順調に見える。そんなスシローがなぜ今、フードコートという新たな領域に進出するのか。

「郊外は競合他社も積極的に出店している。競争は厳しい状況だ」。スシローの福田哲也・取締役執行役員はこう危機感をあらわにする。スシローは年間30〜40出店を計画する一方で、競合のくらコーポレーションも年間20出店を継続。そのほかの回転ずしチェーンも出店を加速するなど、郊外立地の"陣取り合戦"は年々激しさを増している。


スシローコノミの店舗にはテイクアウトメニューで盛り合わせなど幅広い商品もそろえる(記者撮影)

こうした状況下でスシローは郊外以外への出店に乗り出している。2016年9月には東京・池袋に、2017年5月に東京・五反田に都心型モデルの回転ずし店舗を出店。今回のフードコート型は、都心型店舗と同様に、郊外とは異なる立地への展開を目指したものだ。

今回、フードコートに出店するにあたり、通常の回転ずしのスシローとは異なる点もある。ネタを入れる業務用冷蔵庫は、扉タイプではなく、引き出しタイプのものを導入し、ネタを載せやすくするようにした。うどんは通常よりも半分の時間でゆであがるゆで麺機を使用し、客の待ち時間を短縮することに力を入れた。

多店舗展開を視野に入れる

商品面では通常店舗で提供する「あぶりもの」の商品を扱わない。火を使うと初期投資がかさむこともあり、今回の店舗では提供しないことにした。一方で、「生サーモンアボカド」や「えびアボカド」(いずれも税抜きで1貫100円)という手間のかかる商品は、オペレーション上の観点から反対意見もある中、最終的にメニューに入れ込んだ。


福田哲也・取締役執行役員(右)とスシローコノミの郄徳理代店長(左)。郄徳店長は新卒でスシロー入社3年目。神奈川県内での店舗経験の多さと、本人の熱意で今回店長に抜擢された(記者撮影)

「立地を考えると女性のお客様も多くいらっしゃる。看板商品ということもあり、これだけは外せないということで頑張って入れた」(山本直幹・事業創造推進部長)

他方、ターミナル駅に隣接する商業施設のフードコートという好立地を考慮すると、当然賃料などは安くないはず。ただ、通常店舗で働く人員が20〜30人に対し、今回のフードコート店はピーク時でも6〜7人。「人件費だけではなく、店舗サイズも小さいので初期投資は大きくない。コストとのバランスをみながら、しっかりと利益が出せるモデルを構築していきたい」(山本部長)。

2号店のフードコートの出店はまだ決まっていないというが、多店舗展開を視野に入れているという。「回らない」新たなスシローの取り組みは消費者に受け入れられるだろうか。