[フランクフルト 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は19日、ユーロ圏のインフレ率の上昇に向けすべての条件は整っているとしながらも、市場の混乱を回避するためにECBは刺激策の引き揚げにはなお慎重に対応する必要があるとの考えを示した。

メルシュ専務理事は「インフレがわれわれの目標に向け持続的に調整していくことに必要な条件はすべて整った」とし、インフレ見通しの改善に伴い、ECBは債券買い入れを段階的に縮小させていくことができると述べた。

ただ、消費者物価の上昇を支援するために、ECBは緩和的な金融政策を維持する必要があるとの立場も示した。