バルとレストランの2つを気分で使い分け!
〈小田急ホテルセンチュリーサザンタワー〉の〈サザンタワーダイニング〉が3月19日(月)にリニューアルオープン!

〈小田急ホテルセンチュリーサザンタワー〉内にあるレストランが、新しく〈サザンタワーダイニング〉としてオープン。活気溢れるオープンキッチンを主役にした“バルゾーン”に、静かな空間の中夜景を楽しむ“レストランゾーン”と、利用シーンによって使い分けできる2つのゾーンで構成された新しい店舗に。オープンに先立ち行われた、メディア向け食事会に行ってきました!

まずは〈小田急ホテルセンチュリーサザンタワー〉の客室見学。

今回食事会とともに客室の見学も行われました。なんとこのホテル、年間93%もの高稼働率を維持するとか。
こちらは「シーニックツインルーム」。奥には、ホテル自慢の東京の夜景が望めます。

夜景を眺めながら寛いでもらいたいと、窓の高さに合うようにソファやテーブルを設置するなど、細部までこだわりが。

三方向が窓で囲まれた、「パノラミックキングルーム」。電気を消すと、より窓からの夜景がくっきりと浮かび上がります。
高層階からの東京の夜景を、独特の浮遊感とともにすっかり堪能しました。

いよいよ〈サザンタワーダイニング〉でディナーを。

〈サザンタワーダイニング〉は、〈小田急センチュリーサザンタワー〉の20階にあります。

店内に入ると、大人数用のテーブルや奥にはシェフが行きかうオープンキッチンが見え、ホテルにあるレストランとは思えないようなカジュアルな雰囲気。

オープンキッチンで、シェフたちが切ったり盛り付けたり…。自分がこれからいただく料理が目の前で作られるという、ダイナミックな光景を間近で見ることができます。

バルゾーンでは、ガラスケースに入れられた素材やメニューをチェックしてから注文できます。メニュー名を見てもどんな料理かなかなかピンと来なかったりもするので、このサービスは嬉しいですね。

店内はオープンキッチンがあり賑やかな“バルゾーン”と静かな“レストランゾーン”の2つのエリアに分かれていて、こちらは“バルゾーン”で味わえるフードメニュー。みんなでシェアして楽しむような料理が多め。

こちらは“レストランゾーン”。音も抑え目で静かなので、落ち着いて夜景を眺めながら料理を味わうことができます。

“レストランゾーン”で味わえるフードメニューは、フレンチのコース料理。特別な日のディナーにもしっかり対応しています。

宮城県の海産物や、熊本県の野菜・肉を使ったフードメニュー。

〈サザンタワーダイニング〉では被災地を応援したいとの想いから、宮城県の女川の魚介類や、熊本県の阿蘇のあか牛、野菜などを使用しているとのこと。シェフが現地まで赴いて吟味した素材を使ったメニューが味わえます。

スパークリング ロゼで皆さんと乾杯して、食事会がスタート。

「雑穀米の3種のライスボールとフォワグラのソテー〜マカ、アサイー、キヌア〜」

マカやアサイー、キヌアなどのスーパーフードがご飯に混ぜ込まれ、フルーツを載せた可愛らしい見た目も女性を意識したメニュー。こってりした味のフォワグラが、お米に合います。

「宮城県女川産タコと海草のベニエ」

スピルリナという海草の粉末を衣に使用。ふわっふわの柔らかいタコの食感がやみつきに。

「季節野菜のメランジェサラダ」

野菜と海草とタコの上に、イクラがたっぷり。とっても贅沢な味わいのサラダ。

「宮城県女川産シーフードのブイヤベース ルイスソースとバケットを添えて」

海老やムール貝、ヒラメやスズキなど、その日入荷した新鮮な魚介を煮込んだスープ。濃厚な魚介の旨みがたっぷりでとっても美味しい。

「熊本県あか牛のローストビーフ」

柔らかい赤身肉で、噛み締めるほど肉そのものの味わいが感じられました。

「自家製パスタ」

パスタマシーンを導入し、パスタは全種類ここで作っているとのこと。自家製ならではのモチモチの食感がたまりません。

「自家製ピザ」

ピザも目の前で皮を伸ばして、ソースと具を載せてピザ釜で焼き上げる自家製。出来立て熱々の一枚が味わえます。

ドリンクやデザートも豊富に揃っています。

ドリンクは、メニューに載っているだけでワインやビール、カクテルなど15種類以上。こちらは、東京のクラフトビール「Far Yeast」。「東京IPA」も飲み応えがありましたが、勧めていただいた「東京ホワイト」が華やかな香りで美味しかったです。クラフトビールは他にも3銘柄ほどありました。

ジャーの中に入っている可愛いカクテル、「爽やかスミノフレモネード」。レモンの甘酸っぱい味でさっぱり。飲みやすいからか、このドリンクを飲んでいる女性が結構多かったです。

デザートもショーケースの中に5種類ほどあり、好きなものをチェックしてから選べます。熊本産のミニトマトやデコポンを使ったゼリー、春らしいよもぎのクリームブリュレなどがありました。こちらは目の前でメレンゲをフランベして仕上げてくれるスイーツで、中には苺のジェラートが。

新宿駅南口徒歩5分圏内というアクセス抜群の場所にあって、リニューアルしてバルやバーとしても使えるようになりますます便利になった〈サザンタワーダイニング〉。新宿でのショッピング帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【 店舗情報】
◼︎住所:東京都渋谷区代々木2-2-1〈小田急センチュリーサザンタワー〉20階
◼交通アクセス:JR新宿駅南口より徒歩3分、都営地下鉄線新宿駅A1出口より徒歩1分
◼︎電話:03-5354-2152
◼︎営業時間:10:00〜23:00(フード22:30LO、ドリンク23:00LO)
 HP:http://www.southerntower.co.jp/restaurant/st_dining/