宮崎出身の三浦桃香(撮影:米山聡明)

写真拡大

<アクサレディス 事前情報◇12日◇UMKカントリークラブ(6,505ヤード・パー72)>
今月の頭から始まった国内女子ツアーは早くも4戦目。今週は九州は宮崎に舞台を移し、「アクサレディス」が行われる。
【関連写真】12年ぶりの大阪でルーキー・三浦桃香が躍動!1000枚を超える写真で振り返る!
昨年大会では首位と4打差の7位タイから出た若林舞衣子が、ホールインワンを達成するなど“66”の猛チャージで逆転優勝。「しんじられない」と自身もびっくりの結婚後、初優勝を挙げた。その若林は開幕戦から二戦連続で予選落ちが続いたものの、先週の「Tポイントレディス」で今季初の予選を突破。思い出の地で一気に調子を上げていきたい。
そのTポイント-を制した鈴木愛は海外メジャー「ANAインスピレーション」に挑むため不在。また、昨年の賞金ランク3位のテレサ・ルー(台湾)、同4位で2016年大会覇者のキム・ハヌル(韓国)、同5位の申ジエ(韓国)は欠場。昨年の賞金ランクトップ5ではイ・ミニョン(韓国)のみが出場する。
鈴木と最終組で優勝争いをして破れた宮崎県出身の三浦桃香が出場予定。アイドル級のルックスで注目を集めたルーキーは、地元で先週のリベンジを決めることができるか。
また昨年の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」以来となる出場予定の地元の雄・大山志保にも注目が集まる。同大会で首を負傷し、「トーナメント特別保障制度」(公傷制度)を使用して治療にあててきた。6月ぶりの試合ではどんなプレーを見せてくれるのか。その他、同じ宮崎出身の柏原明日架、永峰咲希、山内日菜子にも期待が集まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>