<ロシア大統領選で不正の瞬間を捉えた映像が大量に拡散! 全国から報告された実態に唖然>

3月18日に行われたロシア大統領選で7割を超す得票率で再選を確実にし、任期をさらに6年延ばしたウラジーミル・プーチン大統領。今回の当選で通算4期目に突入し任期満了の2024年までロシアを支配することが決まったが、これはかなり大規模な不正の上に成り立った勝利かもしれない。昨日の「イカサマ」投票の瞬間を捉えた映像がインターネットで拡散されている。

AP通信によると、ロシア各地に設置された投票所で職員が投票箱に複数枚の投票用紙を入れる不正があったという。選挙管理委員会は、全ての不正疑惑を調査し、必要に応じて選挙結果を無効にすると話しており、プーチンを取り巻く状況の雲行きは怪しい。

75.9%の得票率はこうして作られた?


英デイリーメールは、モスクワ郊外リュベルツィの投票所であった不正を報じた。記事によると、選挙管理官が記入した投票用紙が平然と投じられた。監視カメラの映像では、この直後に他の管理官も投票用紙を投票箱に入れていることが分かる。

ダゲスタン共和国の投票所でも不正があった。1126番投票所では、格闘家のような男たちが監視する係員を妨害する騒ぎが発生。その間に別の男が記入済みの投票用紙を投じた。

AP通信によると、不正を捉えたビデオはチェチェン共和国でも確認されている。白い帽子の男が繰り返し投票する姿が写っている。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部