カシオ計算機は3月15日、電卓機能とシューティングゲーム機能を一体化した「ゲーム電卓 SL-880」を23日に発売すると発表した。ネットではゲーム電卓を知らない若者から勘違いの声が上がっている。

「ゲーム電卓 SL-880」は同社が1980年に発売したゲーム電卓「MG-880」をベースに、特大表示や税計算機能など実用性を改善し復刻させたモデル。「MG-880」はゲーム電卓の1号機として一世を風靡し、発売以降、ボクシングやベースボール、占いに囲碁などラインナップが拡充。ゲーム電卓は80年代前半を中心に幅広い層の人気を集めた。

ゲーム内容は当時と同様で、ゲーム右側から攻め込んでくる侵略者の数字に、「・」キーを押して照準を合わせ、「+」キーでビーム砲を発射し迎撃する。ビーム砲台は3基あり、侵略されるごとに1基ずつ減少。得点は侵略者を迎撃した位置によって決まり、UFOを撃ち落とすと300点が加算されるといった具合だ。

Twitterでは、

“この文化知らないから欲しい”
“世代じゃないけどめっちゃハマりそうな奴だこれ。”

と未経験世代から興味を示す声が寄せられている一方で、

“ゲーム電卓ってトレンドにあって、今までの課金総額を叩き出すやつかと思ったらそういうのではなかった”
“ゲーム電卓がトレンド入りしていて、それを知らないわたしは「え、なに?乱数とかお供レベルとか残りHPとか計算してくれるの?」と考えていた…違ったわ。”

と勘違いする声も。

同社によると、様々なものがネット連携で便利になる中、1980年代の電子ゲームをはじめとする、シンプルさが心地よい過去のヒット商品を再評価する動きも見られるという。今回の復刻に「懐かしく感じる世代からゲーム電卓の未体験世代まで、幅広い層に楽しんでいただけます」と太鼓判を押す。

馴染みのない世代に思わぬ誤解を生むほど話題を呼んだゲーム電卓。若者にシンプルさが受けて再ブレイクなるか。

(山中一生)

■関連リンク
1980年代に一世を風靡したゲーム電卓が復活
https://www.casio.co.jp/release/2018/0315_sl-880/