【歓送迎会】ありなし調査 蠍座・水瓶座は会社の飲み会必要なし派!

写真拡大

 人事異動の季節です。旅立つ人を送る送別会、新人さんの歓迎会、楽しみにしている人もいれば、正直、出たくない人もいるでしょう。12星座それぞれに、歓送迎会は、「あり」 なのか、「なし」なのか、本音を聞いてみましょう。

■歓送迎会は、あり!……山羊座・蟹座
 「ありよりのあり」、あるべきと考える、山羊座の理由は「業務だから」。名目上は有志の歓送迎会でも、同僚も上司もいるなら、それはもう仕事。「出ない」という選択肢がありません。それに、これまでずっと行ってきたのなら今年だけしないわけにもいきません。「例年通り行う」の一択です。蟹座がありなのは、仲間を思う気持ちから。仲間を送る送別会、新しく仲間になる人を迎える歓迎会は、「あったほうがいい」と蟹座は思うのです。

■あってもいい……牡牛座・天秤座・射手座・魚座
 なくてもいいけど、あるほうがいいかも、という「なしよりのあり」派は、牡牛座・天秤座・射手座・魚座。人見知りな牡牛座は、歓迎会で優しくされてうれしかったという、自分自身の経験から。逆に人見知りしない天秤座は、歓送迎会という場で、普段話せない他部署の人と話せたりするのは楽しいのです。飲み会好きな射手座は、歓送迎会という名目で飲んだり食べたりがしたいので、ありなのですが、あまり深くは考えていないでしょう。魚座は、お世話になった人にお礼の気持ちをあらためて伝えたいから、送別会はあっていいと思うのです。

■できればなしで……牡羊座・双子座・獅子座・乙女座
 あってもいいけれど、できればなしにしてほしい「ありよりのなし」派は、牡羊座・双子座・獅子座・乙女座。牡羊座は、個人主義。歓送迎会をしたいなら「出たい人だけ出れば、いんじゃね?」。時間を拘束されるのは勘弁してほしいのです。双子座は、仲間とワイワイ楽しむ飲み会は好きですが、会社主催だと気が進みません。その分の時間を損しているような気がするのです。獅子座は、歓談の席がそもそも苦手。たとえ自分が送られる、迎えられるほうでも気が重いでしょう。几帳面な乙女座は、飲み会の席ではリラックスできません。人間関係が微妙な送別会や、気を使う歓迎会は特にお断りしたいでしょう。

■歓送迎会は必要なし……蠍座・水瓶座
 「歓送迎会は必要なし!」ときっぱり言い切るのは、蠍座と水瓶座の2人。実は蠍座は義理堅いし、人間関係をとても大事にしています。だからこそ、義務感で出席する会なんてないほうがいいと思うのです。水瓶座は、お世話になった人が転勤するなら個人的にお礼したいし、新しく入る新人のことも歓迎するつもりです。でも、「会社にそこまで面倒みてもらいたくない」から、必要なし! となるのです。

 なんと、世の中には「送られる本人」不在の送別会なるものが存在するそうです。どんな理由で退職することになったのか、悪い想像しか浮かびません。どうせ参加するなら、みんなが参加してよかったと思える、歓送迎会でありたいものです。
(高橋桐矢)※画像出典/shutterstock