画像提供:マイナビニュース

写真拡大

SAPジャパンは3月16日、通信事業者および企業に向けたクラウドベースのマネージドサービスに狭帯域のモノのインターネット(NB-IoT)接続を追加し、モバイルサービスを強化した「SAP IoT Connect 365」を提供開始すると発表した。

新サービスにより、屋内カバレッジを確保し、コストとバッテリーを節約する必要がある用途のサービスを統合するという。また、単一の契約の下で通信事業者と企業はコネクテッド時代のニーズに安全かつ確実に対応するとともに、IoT接続を合理化できるとしている。

「SAP IoT Connect 365, enterprise service」と「同operator service」は、仮想データセンターを介して企業とモバイル通信事業者にNB-IoT帯域を提供し、容量はニーズに応じて無制限に拡張、調整できるという。

初期投資が高額なオンプレミスでの導入とは異なり、同サービスは既存のネットワークインフラストラクチャーにシームレスに接続できるため、ユーザー企業はコストと市場投入までの時間を最小限に抑えられるとしている。

同サービスの企業向けサービスおよび通信事業者向けサービスは、無数の繋がるモノで構成する複雑なネットワークを管理するものとなる。広範囲に繋がるモノの使用状況、コスト、パフォーマンスを監視できる上に、優れたユーザーエクスペリエンスを提供するとしている。

同サービスのAPIにより、ユーザー企業は複数国にわたる導入を効率的に実現し、繋がるモノをリアルタイムで管理できる。

通信事業者と企業は、1つの繋がり及びSAPとの1つの契約を通じて、競争優位性を強化し、ブランド力とマーケティング力を高めると同時に、グローバルな接続性と管理機能を利用して、他社との差別化を図ることができるという。