画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ネスレ日本の新サービスはサプリとどこが違うか

3兆円の市場規模を持つともいわれる国内コーヒー市場で最大手のネスレ日本が、事業規模で「コーヒー超え」も狙えると期待を示す新たな事業がある。それが「ネスレ ウェルネス アンバサダー」を核とするヘルスケア市場での取り組みだ。健康を意識した食品やサプリメントは巷に溢れるが、ネスレ日本はある問題点に気づいた。

○平均寿命と健康寿命のギャップに目をつけたネスレ日本

ネスレ日本は栄養診断ができるサービスと栄養素が入った飲み物を武器にヘルスケア市場を開拓する。飲み物はカプセルで購入し、コーヒーのようにマシンで入れて飲む。先にマシンを売るか無償で貸与してから、そのマシンで作る中身(この場合は抹茶とミルクのカプセル)を後から定期便で供給するビジネスモデルは、同社が「ネスカフェ」のコーヒーマシンで編み出した手法を別の分野に展開したものだ。ちなみに、飲み物を入れるマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」では、抹茶とミルク以外にもコーヒーやカプチーノといった飲み物を作ることができる。

なぜネスレ日本がこのビジネスに取り組むのか。先日の事業戦略発表会に登壇した同社代表取締役社長兼CEOの高岡浩三氏は、「世界一の食品・ウェルネス企業として、やらなければならないのは、おいしいものをリーズナブルな値段で提供する役割以上に、“健康寿命”を延ばすということ、そこに貢献できるような食生活を届けること」とする。医学の進歩で平均寿命は延びるが、そのスピードに健康寿命、つまり健康に生きられる期間の伸び率が追いついていない。ネスレ日本が着目した日本の問題点だ。

サプリを服用している人の割合は、日本では30%に達しているらしい。しかし、サプリを日常的に服用している人の中で、実際のところ自分に何の栄養素が足りていないかを把握し、必要なものを的確に摂取できている人は、どのくらいいるのだろうか。なんとなく、自己流の健康診断を自らに施し、その結果に基づき、実は自分にとって不要なサプリを選んでいる人は、意外に多そうな気もする。

「それを我々は、顧客が気づいていない問題と捉えた。ようするに、一人一人への“診断”がない。どんな栄養素が足りないか。足りないとどんな病気になるリスクがあるか(を把握できている人は少ない)。病気になってからの診断はあるが、なる前の診断はない。その診断を先にして、足りない栄養素を補う。さらには病気のリスクを検査して、そのリスクが高い人には、このカプセルを飲んでくださいと(提案する)。お客様が選ぶのではなく、薬と一緒で(飲んでもらうものを)我々が選ぶ。こんなビジネスモデルを立ち上げた」(高岡CEO)

ネスレ日本のビジネスが単なるサプリの販売と違う最大のポイントが、事前の診断に基づく各人に合わせた製品の提供だ。例えば抹茶のカプセルには現状、栄養素の配合が異なる8種類を用意している。

●ネスカフェ アンバサダー以上の会員増加ペース

○定期便購入額はネスカフェ アンバサダーの1.5倍

ネスレ日本・Eコマース本部のダイレクト&デジタル推進事業部で部長を務める津田匡保(まさやす)氏によれば、ネスレ日本では診断結果に基づき、同サービスを顧客各自の健康状態に合わせてパーソナライズしていく方針だとして、次のように話した。

「現状では、ウェブサイトで食事の内容などを尋ねるいくつかの質問に答えると、自分に最適なカプセルを提案してくれる仕組みとなっている」

「将来的に、よりパーソナライズしていくためには、個人の栄養とか健康状態、体の状態を知るデータが必要になる。そのためには、血液検査やDNA検査のようなものを使って提案をしていく必要がある。これが完成すると、人間ドックに行かなくても、会員になってさえいれば自分の健康状態が把握できて、そこに最適な飲み物が送られてくるようになる。そういう姿を目指して、いろいろな企業とアライアンスを検討している」

マシンを無料で借りて、家庭や職場に置いて「ネスレ ウェルネス 抹茶」などのカプセルを定期購入する「ネスレ ウェルネス アンバサダー」は、「ネスカフェ アンバサダー」の立ち上げ時を上回るペースで会員数を伸ばしているという。月間1万件のペースで応募があり、2017年10月に本格展開が始まった同サービスの会員数は、すでに6万人を超えているそうだ。

高岡CEOの見立てでは、会員数は「2020年までに25万人くらい」まで伸びる。コーヒーに比べると、抹茶カプセルを中心に供給する「ネスレ ウェルネス アンバサダー」は単価が高いビジネスなので、同サービスの規模拡大はネスレ日本の売り上げ増加に直結するだろう。ちなみに、「ネスカフェ アンバサダー」の会員数は2018年3月現在で40万人、2020年目標で70万人だ。

○“意識低い系”には訴求できるか

では、実際に「ネスレ ウェルネス アンバサダー」は普及するのだろうか。すでに「ネスカフェ」を導入済みのオフィスが、追加料金を払うような感じで「ウェルネス」を導入するような流れとなれば、会員数の増加ペースは加速しそうだ。健康経営を打ち出す企業は、社員の健康管理に使えるツールの1つとして導入を検討するかもしれない。

ただ、「健康」は失うまで、その大切さに気づきにくいものでもある。自戒を込めていえば、自身の健康状態に根拠のない自信を持つ人は確実にいるし、そういう人に「ネスレ ウェルネス アンバサダー」を利用してもらうには、いくつものハードルがあるだろう。同サービスの利用条件は、1回あたり最低1箱以上のウェルネスカプセルを購入すること。価格は1箱1,458円〜1,749円で、1杯あたりの単価で換算すると100円前後となる。

まずは、日常的にサプリを飲んでいたり、野菜ジュースを買っていたりするような、自身の健康状態に大なり小なり気を使っている人が、同サービスに関心を持ち、加入を検討することになりそうだ。健康面における“意識低い系”にまで「ネスレ ウェルネス アンバサダー」が広まれば、ネスレ日本は本当に日本の健康寿命を引き上げられるかもしれない。