画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●「空間デザイン」「センシング」「作法」チームが実験

ヤフーと京都工芸繊維大学新世代クリエイティブシティ研究センター(以降、NEO)は1月15日から2月6日にかけ、Yahoo! Japan紀尾井町オフィス内のLODGE(ロッジ)において、共同で新しい働き方を探求する公開実験「"はたらく"のつなぎかた」を実施した。

今回、実験のリーダーを務めたヤフー スマートデバイス本部 コワーク推進部 部長 LODGE サービスマネージャーの 植田裕司氏と、京都工業繊維大学 大学院工芸科学研究科 デザイン・建築学系 教授の仲隆介氏に、実験の狙いと内容について聞いた。

○多様性があるLODGEだからできた実証実験

--LODGEで公開実験を行った狙いを聞かせていただけますか--

植田氏: LODGEはオープンイノベーションにつながる働き方を進めたいと考え、2016年11月にオープンした場所です。外部から来るゲストの中には、事業の成長を助けてくれる人もいるでしょう。ヤフー社員とゲストが交流を深めれば「井の中の蛙」にならない気づきを得られるかもしれないと思ったのです。

今回の実験は、LODGEを箱とするコンテンツの1つとしての試みです。自分たちでやりたい取り組みは多いのですが、なかなか手が回らないものもあります。仲先生が主宰するNEOには多くの専門家が集まっていますから、ゲストとヤフー社員との橋渡しに役立ちそうだと考えました。

仲氏: NEOはオフィスをテーマに掲げた研究機関で、家具メーカーをはじめとする9つの企業および17のアドバイザーが参画する産官学の連合組織になります。さまざま専門分野を持つ研究者もNEOに参加し、10年前からオフィスに関する共通の課題解決に取り組んできました。

最近のテーマは「境界のデザイン」。組織の役割分担が明確になると、壁ができてくる。それを境界と読んでいます。でも、今のように組織横断的な働き方が求められるようになると、必要な場合は人々が交流し、そうでない場合は踏み込まない「浸透膜」のような境界設計が必要になります。

同時に、今、欧州で生まれたリビングラボ(Living Lab)という生活者参加型の社会課題解決スタイルが注目されています。今までのNEOは議論中心でしたが、これまで考えてきたことを実際にやってみてどうなるかを検証したいと思っていました。約2年前から実験に適した場所を探していて見つけたのは、あるコワーキングスペースでした。そこで1年ぐらい実験をしてきたものの、会員の多様性が乏しいという問題に直面したのです。

植田氏: LODGEのコンセプトは「どんな人でも歓迎する」というもの。ゲストの属性を調べたところ、最近のアンケートからも、大企業、スタートアップ、個人事業主や大学生と、バランスのいい構成比になっていることがわかりました。業種別に見ると、インターネット系を含め、製造業やサービス業など、職種で言えば、エンジニアやライターが多いですね。1人で来ている人が過半数、残りがチームで働いている人たちで、中にはメンターを探している人もいます。男女比では男性が概ね8割、女性が2割という構成です。

○3つの実験を同時進行

--LODGEの特徴である多様性が今回の実証実験の場にマッチしたわけですね。実験の具体的な進め方を振り返っていただけますか--

仲氏: 「空間デザインチーム」「センシングチーム」「作法チーム」の3つに分かれ、1月15日から2月6日にかけて、各実験を同時並行で進めました。成果の検証はこれからとなります。

空間デザインチームは、NEO参加メンバーの教授の所属研究室の学生たちに「人のつながりを支援する家具」という課題を与え、審査で評価された3つの作品を実際に製作し、LODGEに置いてみました。その中で最もインパクトがあったのが色々な使い方のできるベンチだったのです。普通の机と椅子は使い方が決まっていますが、このベンチの場合、椅子にも、テーブルにも、棚にもと使い方を楽しめるのが特徴です。

これまで空間や家具の力を信じていなかった人にも、気づきを与えることができたと思います。人間を変えれば問題が解決すると思うかもしれません。でも実は家具には背中を押す大きな力がある。劇的にコミュニケーションは増えていないと思いますが、少なくとも話しかけられる確率を上げることに役立ったという印象です。

--相席になっても、お互いに遠慮しない使い方が自然にできるわけですね。センシングチームでは何をしたのですか--

仲氏: センシングチームは、温度、湿度、騒音、照度が取得できる環境センサーや、利用者の動きや軌跡を取得する人流センサーなど、5種類のIoTセンサーやデバイスをLODGE内に設置し、データを集めました。

正直なところ、当初はそんなデータを集めて何になるのかと思っていました。でも、データを翻訳することが大事なのです。湿度1つを取っても、女性用に肌マップを作ると途端に意味があるデータに変わります。よく「見える化」と言いますが、それだけでは不十分で「わかる化」の必要性に気づきました。

植田氏: 予約スペースに予約しない人が座っていることがわかるなど、人の動きを把握することは、運営側にもメリットがあります。プライバシーの問題には留意しました。ヤフーはデータの会社ですから、ゲストのセキュリティはきちんと確保しなければなりません。画像はそのまま使わずに、クライアント側で数字に変換して使うようにしました。そのほかについても、社内のセキュリティ担当者に相談し、センサーがどんなデータを送っているかを整理し、可否を判断したのです。

●実証実験でわかってきた「働き方の見える化」

○苦心した交流を促す仕掛け作り

--センシングチームの取り組みは、テクノロジーの会社らしい進め方で、他のデータの解析結果が出てくるのが楽しみですね。最後の交流を促す仕掛けを「作法チーム」はどう作ったのでしょうか--

仲氏: どうすれば交流してもらえるか、その仕掛け作りは大変でした。まだ試行錯誤中でもあります。最初は「今、話ができる」ことを示すバッジを付けてもらったのですが、身に付けてもらうところにハードルがあり、思ったようには進みませんでした。面白がってくれるかなと思ったのですが。

そのほか、自己紹介カードの交換や、「環境/エネルギー」や「教育/生涯学習」などのテーマによって作業エリアを区切るなど、興味関心の近いゲスト同士の交流を促す仕掛けを用意しました。LODGEに来る人は仕事に集中するために来ているので、「忙しくても参加してみよう」と思うインセンティブが必要かもしれません。

植田氏: キーワードの旗を立てて、当てはまる人に集まってもらう取り組みは以前からやってみたかったことです。ヤフーの社内でもやってみました。オフラインだけでなく、オンラインでも同じような取り組みも試そうとしています。ヤフーの場合、新たな試みをやってみて失敗したとしても、分析して次につながれば許容される組織文化があります。その意味で、LODGEは失敗が許されるスペースだと思いますね。

仲氏: 本来のリビングラボとは、そんなトライアルアンドエラーが許される場所なのです。本業以外の仕事の仲間を持ち、いろいろなコミュニティの一員であることが生み出す価値は大きいと見ています。そういう人のほうがいいアイデアを出せる。会社の中でしか使えないスキルは意味がないですし、クリエイティブな仕事ではアンテナを広げることが大事です。

植田氏: 兼業を認める会社も増えていますし、交流で得た知見を会社に還元することの価値を実感してほしいですね。逆に、専業を許さない会社が出てくればいいと思います。

○ヤフーでは「コミュニケーター」がコミュニティ運営の要

--複数のコミュニティに属していることがイノベーションの力になると。LODGEのような場所は、コミュニティにとってどんな場所になるのでしょうか--

植田氏: 私たちがLODGEを「オープンコラボレーションスペース」と呼ぶのは、意図を正しく伝えるためなのです。日本のコワーキングスペースの多くは、来た人同士が仕事の悩みを話し合う場ではなく、お金を払って集中するための場になっています。決して無料で集中できるスペースを貸す社会貢献活動を行っているつもりはありません。

仲氏: 私も長年あるコワーキングスペースを契約していますが、同じような人が集まる傾向があると感じています。会員同士、誰かにつながろうと思っていないこともあるでしょう。

植田氏: 働き方が多様化すると、1週間のうち2日間は集中するための場所、コミュニケーションを大事にしたい時は別の場所という使い方をしてもいいと思いますね。2018年、起業家向けのコワーキングスペースを運営するWeWorkが日本に進出を果たしました。WeWorkの場合、場所だけでなく、コミュニティ形成に意識的に取組んでいることが評価されています。

仲氏: 日本人の場合、初めて会った人とすぐ打ち解けることが難しいのかもしれません。北米や欧州では、自分は安心できる人だということを示すため、目が合えばほほえみ、その後に話しかけます。そんな慣習がないのに、WeWorkが上陸したからといって急に知らない人同士のつながりができるのかは疑問です。

植田氏: WeWorkの場合はゲスト同士をつなげるだけでいいのですが、ヤフーの場合はゲストと社員をつなげる必要があります。ですから、彼らのやり方をそのまま参考にするつもりはありません。ヤフーには2種類のコミュニティマネージャーがいます。まず、外から面白いゲストを連れてくる社員が何名かいます。そして、われわれが「コミュニケーター」と呼ぶ、ゲスト同士に加えてゲストとヤフー社員をつなげる役割の専任者が1人います。ランチ会など、イベントのアレンジなどはコミュニケーターにやってもらっています。社員につなげるにはヤフーの社員でないとできませんから。

仲氏: コミュニケーターの方には、実験の時に相談に乗ってもらいましたね。

--最後に実証実験を総括していただけますか--

植田氏: データの分析はこれからなので、現時点では定性的な評価になってしまいますが「やってよかった」と思います。実験をやっていると、通りがかりの社員も面白がってくれました。他者からのコラボレーションの引き合いや取材依頼など、外部からの反応がありましたし、見える化やわかる化のアイデアも得られました。

その意味で、LODGEは実験の場として定着したといえるでしょう。ヤフーでは、計画中のサービスの実験的な取り組みも進んでいます。イベントも勉強会もLODGEで行えるわけですから、若い人たちに魅力的な環境になりました。ゲストに参加してもらう「ものづくり」も浸透させていきたいですね。

仲氏: 今でこそ「デザイン思考」が注目されるようになりましたが、これまでのオフィスは「箱」だけをデザインしているようなものでした。生産性が向上する(儲かる)ビルを作ってほしいという要望に対しては、今までのデザイン手法は通用しません。働き方が見えないとデザインができないからです。人間がどう働くのがいいかを設計することが求められています。国が進める働き方改革は、単にきれいなオフィスにするだけではなく、会社をパワーアップするオフィスにしようとするきっかけになると期待しています。