心理学博士 浦上ヤクリン氏

写真拡大

行き詰まった現状を打破するにはどうすればいいのか。「プレジデント」(2017年12月4日号)では、4人の識者に「最高の自分」をつくる方法を聞きました。第2回はドイツ人心理学博士による「ものごとをポジティブに捉える方法」――。(全4回)

■すべての失敗経験が、成長の糧になる

仕事をしていれば、うっかりミスをしてしまうこともあります。

「14時のアポイントを(午後)4時と勘違い」「重要な会議に大遅刻」「発注数のケタを間違えた」……。

聞き間違い、記憶違いといった類いもよくあるでしょう。さらに、ミスではないけれど、ノルマや目標を達成できない自分にがっかりすることもあるかもしれません。

こうした状況のとき「自分はダメな存在だ」と落ち込み、鬱々とした気持ちを引きずっていると、再びミスを犯しかねません。ネガティブな循環を断ち切るにはどうしたらいいか。私は「ものごとをポジティブに捉えることが大切」だと考えます。

そもそも、人間は生きていたら大なり小なりミスをします。赤ちゃんも、転んだりぶつかったりして歩けるようになります。失敗経験を積み重ねて、徐々に成長していくのです。それは状況や年齢の差はありますが大人も同じ。仕事でのミスはきっと自分の成長の糧になるはずです。

ただ、そうやってミスをプラスに捉えることができない人は、ひとり反省会です。2度と同じ失敗をしないために原因をしっかり探って対策を立てます。繰り返しはしない、と意識することで多くの場合は改善します。そして、このとき1番大事なのは、「悪いのは“自分”ではなく“行動”」と考えることです。

やってしまったことは悪いことでも、あなたという人間が悪いわけではありません。自分という人間の“資質”と、“行動”は別ものです。修正すべきは、行動。自分の資質は簡単には変えられませんが、行動は変えられます。失敗の原因究明と対策をやったら、あとはいい意味で開き直るのです。逆に、自分の資質を責めてしまうとネガティブな循環から抜け出しにくくなります。

極端な自己否定からはプラスなものは生まれません。当然のことですが、人にはそれぞれ長所があります。短所ばかりではありません。

ところが、日本人の国民性として、「マイナス」部分により着目する傾向があるように感じられます。

日本は世界的に見ても、「不確実性の回避」をする文化の国のひとつです。いつ何がどうなるかわからないといった不確実な状況を極力避けたい人が多く、「いつもと違うこと」や「急な変更」「不測の事態」を好みません。これは、失敗や間違いを忌み嫌う文化であることを示唆していると思われます。

■数分の遅延でも許されない日本の鉄道の「異常」

例えば、何かのパーティー。日本では、始まりと終わりの時間があらかじめ決まっていることがよくありますが、海外ではそうした例はあまり聞いたことがありません。

また、日本の鉄道はたった数分の遅延でも許されない緊張感があります。時間を守ることにとても厳しい。こうした100%安全確実を目指す社会の中で暮らすことにより、失敗やミスはいけないことだという意識が個人の中にも深く定着しているのではないでしょうか。

心理学の研究では、不確実性を極度に回避したがる人、または不確実性への許容度の低い人は、うつや不安になりやすいと言われています。よって、自分がしてしまったミスを過剰に受けとめ、激しく自己嫌悪することでメンタルヘルス上の問題を抱えてしまうケースもあります。

好むと好まざるとにかかわらず「不確実性の回避」という文化にどっぷり浸かっているからこそ、前述したポジティブなものごとの捉え方が必要になってくるのです。

外国人の私から見てもうひとつ思うのは日本人には「完璧主義者」が多いということです。仕事の面でも、常に100点を目指して頑張る人が多いのではないでしょうか。満点を取れない自分がダメだという減点主義的な思考はまさにネガティブ発想。

全力投球で仕事をするのは素晴らしいことです。しかし、どんな仕事に対してもフルパワーで臨むのは、かえってリスクを伴います。仕事が重なって忙しいとき、タイムプレッシャー(締め切り時間)があるとき、人はミスを犯しやすい。一切の手抜きをしないで自分を追い込むようなワークスタイルであれば、そのストレスの蓄積でいつかバーンアウトしたり、大きなミスを犯してしまったりするかもしれません。

例えば、どのプレゼンテーションでも資料作成で100点満点を目指す。女性が自分の仕事と家事・育児を両立させようと大車輪で働く。

そうした理想を掲げるのはいいのですが、無理がたたって燃え尽きてしまったら元も子もない。「ほどよく力を入れていく」「最初は完璧ではなく、まずは及第点を目指す」。そんな大人のゆとりを持って、仕事に“緩急”をつけることが自分を潰さないコツかもしれません。

■20、30代でためた“毒”が40、50代で病気を引き起こす

日本人は男性だけでなく、女性も仕事と家庭の両方をうまくやらねばならないという“成功プレッシャー”がそもそも強すぎるのではないかと感じます。「自分を許す」という気持ちを持たないと、ちょっとしたことですぐに心が折れ、クヨクヨする体質になってしまいます。

人生100年と言われる時代。70代以上になっても働かなければいけなくなるかもしれません。であれば、若いうちから自分に鞭を打ちすぎて心身を消耗させることは、「長く働く」ことを不可能にしてしまうリスクがあるとも言えます。

20、30代の若いうちは無理がききます。でも過剰な仕事のストレスやネガティブな発想は、体内に“毒”のようなものを溜め込んでしまい、40、50代以降に病気として“発症”することもあるのです。

そこで求められるのは、ミス・失敗をいい経験にしていこうというポジティブな発想の転換。ただでさえ、ブラックな職場環境の企業が多いと言われる日本です。過剰に真面目になりネガティブになっていては身がもちません。

働くうえで、心の環境を保つための簡単なマネジメント法があります。それは、愚痴もこぼせる同僚や友人、家族などを持つことです。「失敗しちゃって……」と話すことで少し気持ちが楽になる。アドバイスももらえるかもしれない。ひとりで抱え込まずにすむ、人とのつながりを充実させることがイザというときの自分の支えとなり、人生をポジティブなものにしてくれるのです。

----------

浦上ヤクリン
心理学博士

東京工業大学工学部経営工学系助教。専攻は心理学・人間工学。ドイツ出身。米国へ交換留学、英国でインターンを経験、2002年シェムニッツ工業大学で博士号取得、同大学で准教授。03年来日し、複数の私立大学で非常勤講師を務めた後、現職。

 

----------

(心理学博士 浦上 ヤクリン 文=大塚常好 撮影=キッチンミノル)