写真=iStock.com/chombosan

写真拡大

誰もが希望通りの職場で働けるとは限らない。だが「就活」で不本意な企業に入ったとしても、未来を悲観する必要はない。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は「最初の勤め先でその後の人生がすべて決まるわけではない。ちょっとした心がけと最低限の常識があれば、他に活路が見つかるものだ」と述べる──。

■就活や会社員人生を悲観的にとらえない

2019年3月に卒業を迎える大学生の就職活動が始まった。今年も新卒就活は引き続き“売り手市場”と評されているが、そうはいっても超人気企業に入るのは、やはり難しいこと。誰もが自分の希望する会社に入れるわけではない。

きっと就活時期が終わるころには、「結局、第一志望の会社には入れなかった……」「他に、もっといい会社があったんじゃないだろうか」などと思う人も数多く出てくるだろう。また、今年3月に大学を卒業する4年生のなかには「あぁ、ついに学生生活が終わってしまう」「これから、不本意な職場で何十年も会社員人生を送らなきゃならないのか」といった絶望的な気持ちになっている人もいるかもしれない。

とはいえ、そこまで未来を悲観する必要はない。もはや最初に入った会社によって人生が決まるような時代ではないのだ。それに現在、いろいろな領域で活躍している人たちのなかには、過去に職を転々とした人や、そもそも会社に入ったことすらない人が大勢いるではないか。新卒就職をそこまで大ごとに捉えず、「あくまで自分主導で人生を送っていたら、その過程で『就活』という選択肢があった」「長い人生で、たまたま最初に入った会社がここだった」くらいの感覚でいてもまったく構わない。とりあえず、何かしらの縁があって採用されたのだろうから、せっかくなので働いてみる──まずはその程度の認識でも問題ない。

本稿では、一概に転職を推奨しない。最初に入った会社が仮に第一希望ではなかったとしても、それなりに幸せや納得感を得られるのであれば、それは素晴らしいことだ。そのまま、そこで働き続ければいい。

だが、実際に1社目の職場で働いてみて、絶望してしまった人に対しては、「想像以上に、世間はあなたに対してドアを開いているよ」「意外とあなたを必要としてくれる環境や、能力を評価してくれる職場は多いよ」ということを伝えたい。転職も選択肢のひとつだが、会社を辞めることなく異動を待ってもよいだろう。自分の人生なのだから、自分で責任が持てるなら、好きに生きればいいのだ。

■公的データに見る転職事情

ここで少し、データにあたってみよう。転職に関するデータだ。

厚生労働省の「労働経済白書」(2014年版)の第3章「職業生涯を通じたキャリア形成」には、次のような記述がある。

<男性では、30歳台から50歳台半ばまでの年齢層で、約半数が初職から離職することなく就業し続けている者で占められている>
<女性では、初職から離職せずに就業し続けている者は少数派であり、40歳代後半では、約4割の者が初職から2回以上転職している>

要するに「転職経験者はかなり多い」ということだ。

また、労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計2017」によると、1990年以降、15〜24歳男性の転職率は年ごとに7.5〜13.2%の間で推移しており、最新の2016年では10.0%だった。ちなみに転職率とは「労働者に占める転職者の割合」を示している。

他の年齢層や女性に目を向けて見ると、25〜34歳男性は同じく4.2%〜6.9%で、2016年は6.0%。15〜24歳女性は同じく9.1〜15.8%で、2016年は13.0%。25〜34歳女性は同じく6.0%〜9.9%で、2016年は7.9%となっている。これは非正規も合わせた数字だが、正規職員・従業員の場合は男女合算して1990年以降、毎年3〜4%台だ。2016年は3.2%である。

■誰でも一度くらい「もうイヤだ」と思うもの

それでは転職している人は、何回ぐらい転職しているのだろうか。厚労省の「転職者実態調査」(2015年)によると、転職経験のある15歳以上のうち、転職回数が1回の人は28.8%、2回は19.1%、3回は20.0%、4回は12.5%で、5回以上の人は18.6%だった。つまり転職者の3分の2以上は転職回数が3回以下ということになる。

これらのデータから浮かび上がるのは「若手や女性の転職率が高い」「転職経験を持つ人でも、多くの転職回数は3回以下」ということである。私の知り合いには「転職9回成功男」「年間3回転職男」などもいるが、彼らはレアケースなのでここでは紹介しない。多数派はあくまでも「一生で1回くらいは転職するかもしれない」という人生だ。

生きていれば、「これ以上は耐えられない」と感じるような経験をすることなど日常茶飯事である。どんなことでも、一度くらいは「イヤだな」と思ったりするものだ。だからこそ、会社に入る前や入った直後の段階でいきなり絶望しないでほしい、とまずは言いたい。人生なんて、そんなものなのである。

そして、私自身の経験や周囲の例などを見て感じるのは、どうしても耐えられずに会社を辞めたとしても、路頭に迷うようなことは意外に少ないということだ。「もうイヤだ」と直情的に会社を飛び出したにも関わらず、転職に成功しているケースは数多い。

■転職が多い業界、少ない業界

私の仕事は東京を舞台としたウェブメディアの運営ということもあり、IT業界および出版業界、そしてときどき広告業界が主戦場となる。これは業界の風土も関係しているだろうが、出会う人々は転職経験者やフリーランスだらけだ。さらに、彼らの多くはそれなりに幸せそうな人生を送っている。

その一方、大学の同級生でいわゆる一流企業に入社した人々は、ほとんど転職していない。なかには転職する人もいるが、それは少数派である。転職をしていない同級生が勤める会社の名前を挙げると、以下のような感じだ。

トヨタ自動車、日本銀行、三菱商事、三井物産、住友商事、みずほ銀行、日本生命、東京海上日動、キリンビール、KDDI、NTTコミュニケーションズ、住友電工、三菱重工、石川島播磨重工、三菱地所、三井不動産、朝日新聞社、読売新聞、テレビ朝日、フジテレビ、朝日放送、埼玉県庁、NEC、富士通、東芝、TBS、講談社、小学館、集英社、マガジンハウス……。

とりわけ金融、商社、メーカーあたりは、新卒で入った会社に残り続ける人がかなりの割合を占める

対して、上記企業と同様に「就活の成功者」たる人々が行く企業でありながら、電通や博報堂といった「業務範囲がやたらと広くて潰しが効く」広告代理店や、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループといった外資系コンサルティングファームなどは他の職場に転職していく人がそれなりにいる。これも、業界の風土や文化の違いといえるだろう。

■会社の10年後など予測できない時代

なお、前述した「勝ち組」企業に東芝を紛れ込ませたのは“あえて”である。私が新卒のころ、東芝はまごうことなき勝ち組の就職先だった。大学時代の友人・知人が3人、東芝に就職したが、彼らはまだ会社にいる。きっと彼らは「なんとか会社を立て直したい」と考えて、職務にあたっているのだろう。

おそらく、東芝に入ったときは「これで一生、安泰だ」といった考えも持ったのではなかろうか。昨今、東芝は大変な状態にあるが、それでも彼らは残っている。私からすれば「なんでさっさと泥船から脱出しないんだよ!」なんて言いたくなってしまうところなのだが、結局、世の中には「転職できるタイプ」と「転職できないタイプ」が明確に分かれて存在しているのだと思う。「一カ所に固執するタイプ/しないタイプ」と言ってもいいかもしれない。

それを踏まえると、内定獲得後にモヤモヤしたり、4月1日の初出社を前にモヤモヤしたりしている人は、単に「転職できるタイプ」「一カ所に固執しないタイプ」の予備軍であり、どこに行こうともそれほど満足せず、より良い場所を探し求めてしまう可能性がある。

その時代の勝ち組であろうが、10年後にはどうなっているかわからない、というのが現代の新卒就活の特徴である。私が就活をした当時、勝ち組の就職先だった日本債券信用銀行(日債銀)、山一證券、北海道拓殖銀行は、もはや存在すらしていない。考えようによっては、一カ所に固執しないような腰の軽さを備えているほうが、世渡り的には有利と見ることもできる。

■転職して本当に良かった

さて、転職をしてどうなるか。私の体験で言えば「転職をして本当に良かった」としか思えない。

新卒で博報堂に入ったが、4年で辞めてしまった後、無職の期間を経てフリーライターになった。世間的にはそれなりに高給取りといえる会社を突然辞め、「不安定」「仕事がないと貧乏への道まっしぐら」という印象が付きまとうライターという職業を選んだことを、面白がってくれる人が多かったように思う。また、博報堂で培った「長時間労働に耐える力」「お金を出す発注主がいちばん偉いことを理解している下請け根性」「仕事は楽しくするものだという思想」は、確実に私の土台になっている。それらを糧にしながら、会社を辞めて17年、途切れることなく仕事を依頼され続けている。

現在、人生や仕事に対してまったく不満はない。博報堂への感謝はかなりあるが、正直44歳の自分が今もあそこに残っていたら、おそらく不幸せだったと思う。どう考えても出世していないだろうし、きっと若者からウザがられる、ヒマな給料泥棒的オッサンになっていただろう。

■仕事を依頼される理由は意外と単純

会社を辞めて以来、本当にいろいろな人から仕事を依頼され、さまざまな形で助けられてきた。ただ、私に発注してくれた理由は千差万別だ。いくつかの例を箇条書きしてみよう。

・ヒマそうでギャラの安い若者にガンガン働いてもらいたかったから。
・広告業界出身のフリーランスだから。
・酒が強いので、やたらと飲みたがる上司を押し付けて、自分は逃げられそうだから。
・メールの返事が早いから。
・電話をかけたら絶対に出るから。
・大企業における社内稟議の煩雑さを理解しているから。
・それなりに礼儀正しく挨拶をしたり、クライアントを立てたりすることができるから。

「なんて単純な!」とあきれるかもしれないが、仕事なんてものは、案外この程度の理由でもらえてしまうのである。なかには、フリーランスとして何度か仕事をした後、「ウチの正社員にならないか?」と誘ってくれた取引先もある。

どれも大した能力ではない。だが、「次のオファー」が来るきっかけは、こうしたささいな理由であることが多い。だから、初めて入った会社に違和感を覚えている人、イヤでしかたない人はさっさと辞めてしまってもいい。目の前の仕事に粛々と取り組んでさえいれば、案外、世間はあなたに優しくしてくれることが多い──そんなふうに社会人22年目、フリーランス18年目を向かえた私は思っている。とりあえず1社目に入ってしまい、イヤなら辞める。その程度の軽い気持ちで就職をとらえ、肩の力を抜いて仕事に取り組むほうが、よりよい人生を歩める可能性は上がるのではないだろうか。

----------

【まとめ】今回の「俺がもっとも言いたいこと」
・就活や最初の勤め先に満足できなくても、それで人生が決まるわけではないので、絶望するな。
・どうしてもイヤになったら転職すればよい。意外とうまくいくものだ。
・基本的なこと、ちょっとした配慮を怠らなければ、そこから活路が開けることも多い。

----------

----------

中川 淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
1973年東京都生まれ。ネットニュース編集者/PRプランナー。1997年一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。博報堂ではCC局(現PR戦略局)に配属され、企業のPR業務に携わる。2001年に退社後、雑誌ライター、「TVブロス」編集者などを経て現在に至る。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『ウェブでメシを食うということ』『バカざんまい』など多数。

----------

(ネットニュース編集者/PRプランナー 中川 淳一郎 写真=iStock.com)