<アーノルド・パーマー招待 最終日◇18日◇ベイヒルC&ロッジ(7,419ヤード・パー72)>
米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」最終日。トータル7アンダー・10位タイから出たタイガー・ウッズ(米国)が、トータル10アンダー・5位タイで同大会を終え、完全復活に向けて確かな兆しを見せた。
【連続写真】タイガーのニュースイングはまるで「武術の達人」
15番まででスコアを5つ伸ばす躍進を見せ、一時は首位と1打差まで迫ったウッズ。しかし、16番でティショットを左のOBに入れて連続ボギー。スコアを2つ落として優勝争いからは陥落したが、結果を見れば5位タイ。「昨年末にはまだ何も見えていなかったが、この結果は非常に大きい。この5、6週間は非常にいい結果だ。毎試合、少しずつショットがよくなっている」。前週の「バルスパー選手権」では2位と、2週連続でツアートップ5フィニッシュを果たし、着実に調子を上げてきている。
大会初日には20メートル超えの超ロングパットを決めるなど、ギャラリーを大いに沸かせたウッズ。「今週もファンからたくさんのアドレナリンをもらった。オーガスタは非常に楽しみにしている」と、4月の「マスターズ」ではさらにファンを熱狂させることは間違いない。「これからオーガスタに向けてしっかりと調整、また道具なども変えていきたいと思う」
あの芝でもう2年もパットをしていないから、試合に前にオーガスタに行って、コースを見ないとといけない」。大舞台での優勝に向けて調整を重ねていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

タイガー、松山の順位は?アーノルド・パーマー招待の結果
「大変な戦いになるがチャンスはある」タイガー・ウッズはカムバックを実感
「勝ってオーガスタに向かいたい」間近に迫るタイガー・ウッズの完全復活
【PGAツアー動画】タイガー・ウッズが20m超のロングパットを決めた!ショット・オブ・ザ・デイ
タイガー・ウッズの究極のチャレンジ【舩越園子コラム】