タイガーは首位と6打差でホールアウト(撮影:GettyImages)

写真拡大

<アーノルド・パーマー招待 最終日◇18日◇ベイヒルC&ロッジ(7,419ヤード・パー72)>
米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」最終日。トータル7アンダー・10位タイから出たタイガー・ウッズ(米国)が、トータル10アンダー・5位タイでホールアウトしている。
世界NO.1の呼び声も、松山英樹の2018年最新スイング【連続写真】
15番までで5ストローク伸ばし、一時は首位と1打差まで迫ったウッズだったが、16番から連続ボギーを叩いて6バーディ・3ボギーの「69」でフィニッシュ。現在首位と6打差となっている。
現在、トータル16アンダー・単独首位にはローリー・マキロイ(北アイルランド)が、2打差2位タイにはブライソン・デシャンボー(米国)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【PGAツアー動画】ウッズ、11.5メートルのロングパットを決めてバーディ奪取!