中国の内モンゴル自治区の湖・チャガンノールから出土した竜脚類ヌーロサウルスの化石。フフホト市内の内蒙古博物院にて筆者撮影


 突然だが、スズメやカラスが恐竜であることはご存知だろうか? 近年の研究によると、鳥が小型獣脚類(映画『ジュラシック・パーク』に登場するヴェロキラプトルの種類である)から進化したことはほぼ確実であるばかりか、鳥類と小型獣脚類の間に学術上の厳密な線引きをもうけることすら困難であるという。

 近年の古生物学の世界において、“恐竜”という生物のわかりやすい定義は「スズメとトリケラトプスの最も近い共通祖先から生まれた子孫すべて」と説明される。私たちが日々、タマゴを目玉焼きにしたり肉にタレと七味唐辛子をかけて晩酌のツマミにしている生物の正体は、実は恐竜(のある系統の子孫)だったのだ。

小型獣脚類デイノニクスの化石(左)と、鳥類の始祖鳥の骨格模型(右)。区別が難しいほどよく似ている。アメリカ自然史博物館で筆者撮影


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

中国は恐竜の化石の宝庫

 鳥類=恐竜説が根拠付けられるうえで大きな役割を果たした国は、実は中国だ。1990年代半ば、東北部の遼寧省において羽毛の痕跡が明確に確認できる小型獣脚類・シノサウロプテリクス(中華龍鳥)が出土。以来、現地の熱河層群と呼ばれる地層から、羽毛痕跡を持つ恐竜の化石が続々と発見されたのである。

 熱河層群からはティラノサウルスの祖先やその仲間も見つかっている。2004年に発掘されたディロング(帝龍)は白亜紀前期に生息した体長1.6メートル程度の小さな恐竜だが、やがてアジアからベーリング海峡(当時は陸地でつながっていた)を通じて北米に渡り、約3500万年をかけて体長13メートルのティラノサウルスに進化したという。

 このディロングの化石にも羽毛の痕跡が認められた。さらに2012年に熱河層群から出土したティラノサウルスの仲間、ユウティラヌス・フアリ(華麗羽暴龍)は、体長9メートルという巨大な羽毛恐竜として学会を騒がせた。

 近年、ティラノサウルスに羽毛を生やした復元図が登場しているのも、中国で出土した近縁種の化石が根拠のひとつになっている(ただしティラノサウルス自体の羽毛の痕跡は現在まで発見されていない。また、幼体はさておき巨大な成体の体がびっしり羽毛で覆われていると熱がこもりすぎるため、どの程度まで羽毛が存在したかには疑問も多い)。

 広大な中国大陸では熱河層群以外の場所でもさまざまな恐竜の化石が発掘されている。なかでもトゥオジャンゴサウルス(沱江龍)やマメンチサウルス(馬門溪龍)の出土で知られる四川省自貢市付近、ルーフェンゴサウルス(禄豊龍)など原竜脚類化石の出土が多い雲南省の禄豊市、ゴビ砂漠から伸びる恐竜化石出土地帯がある内モンゴルなどは特に「アツい」。

 ほかに新疆・甘粛・河南・江西・広東などでも化石が見つかっている。2009年、中国で発見された恐竜の属・種の数は、従来の恐竜大国であるアメリカを追い抜き世界1位となったという。

1982年生まれのすごい学者・シン博士

 ところで2016年末、ミャンマーの中国国境地帯にあるカチン州で、生前の状態を残したまま琥珀の内部に保存された恐竜のしっぽが発見・報告されたニュースはご存知だろうか。

 従来、骨や生活の痕跡(足跡など)しか判明していなかった恐竜の「生身の姿」の一部が見つかったのは世界初のこと。わかりやすく日本史で例えるならば、本能寺の変の真相を記した当事者の一次史料が明らかになるくらいの大発見だ。

 この大発見を発表した国際研究チームのトップが、中国地質大学副教授の中国人研究者、シン・リダ(邢立達)博士である。

 シン博士は2017年6月にも、9900万年年前の原始的な鳥類(ひな)の全身が閉じ込められたミャンマー産の琥珀についての論文を発表。世界を仰天させ続けている。

2016年12月8日、シン博士らが科学誌『カレント・バイオロジー』に寄稿した琥珀内の恐竜の尾に関する論文 "A Feathered Dinosaur Tail with Primitive Plumage Trapped in Mid-Cretaceous Amber" で紹介された撮影写真。羽毛の様子がくっきりとわかる


 シン博士は1982年8月、中国広東省潮州市生まれ。なんと『カレント・バイオロジー』誌上で世紀の大発見を報告したのは34歳のときであった。中国人の世代で言えば、改革開放政策後に生まれた「八〇後(バーリンホウ)」と呼ばれる新世代に属する人物である。

『中国青年報』などによると、子どもの頃の博士は日本の特撮番組『恐竜戦隊コセイドン』や児童向けの科学読み物、映画の『インディ・ジョーンズ』『ジュラシック・パーク』などを愛する、どこにでもいる恐竜マニアの冒険好き男子だったらしい。

 だが、博士は思春期を迎えても恐竜好きであり続け、高校生になった1998年に中国で最初の恐竜専門ホームページ『恐竜網』を立ち上げる。中国科学院古脊椎動物・古人類研究所に手紙を送り、大学進学後は彼らにくっついて発掘現場にも赴いていた。

 大学卒業後、いったんは就職するも恐竜への夢を諦めきれず半年で退職。世界的な恐竜産地であるカナダのアルバータ大学に留学して修士号を取り、やがて帰国して中国地質大学で博士号を取得。前出のユティラヌスの報告者である中国恐竜学の大家・徐星博士や、『ジュラシック・パーク』の主人公のモデルにもなったカナダの古生物学者フィリップ・J・カリーの指導も受けた。

 シン博士の特徴は、「八〇後」世代で90年代末のネット黎明期から恐竜ホームページを作っていたギークであるだけに、オンラインでの人気が高いことだ。学生への説明のなかでドラゴンボールを引き合いに出すなど、軽妙な語り口でも知られている(現時点で原文を押さえられていないが、かつて恐竜についてのエッセイ中で日本のAV女優に言及した例もある模様だ)。

 彼のあだ名は「龍帝」「恐竜達人」。本人のゆるいキャラクターや、恐竜学への啓蒙を目的に一般書を書きすぎたせいで、中国のネット上ではやっかみ半分の攻撃を受けることもあるようだが(ネット発で成功した若い人がやられがちな例のアレである)、いかんせん彼の場合は仕事が研究対象への愛に満ちているうえに実績がズバ抜けている。

恐竜好きの男の子がそのまま30年経った感じのシン博士。ご本人のフェイスブックページより


無政府地帯で琥珀を発見する

「(ミャンマー東北部の)現地では琥珀が採掘されると(地元の軍閥である)カチン軍の軍費になるわけです。ミャンマー政府のこの地域に対するコントロールは非常に弱く、政府の勢力下にない場所なので、私たちが現地にリサーチに行くときはビザも要らないんですよ」

 こちらは2016年12月21日、シン博士が中国の大手ネット企業・新浪から表彰を受けた際に、しっぽ恐竜「エヴァ」発見の裏事情について述べたスピーチ(『新浪科技』)の一部だ(なお、しっぽの主である恐竜の標本は、前出のカリー博士の妻の名にちなんで「エヴァ」と呼ばれている)。

 エヴァが見つかったミャンマー東北部のカチン州は、少数民族の軍閥であるカチン独立軍(KIA)が割拠しており、ネピドーの中央政府の統制に服していない。現地の軍閥は中国の影響が強く(文化大革命中の紅衛兵出身者や、国民党軍の子孫の一部が軍閥軍に合流しているためだ)、中国人であれば言語や人脈構築の面でアドバンテージが大きい地域とはいえ、危険地帯には変わりない。

「なので非常にやっかいな危険や、本気で危険なことや潜在的に危険なことがいろいろあります。例えば、ある人から琥珀を売りつけられたときは、夜になってホテルでその相手ともう一度出くわす事態にならないか、彼が琥珀をもういちど持ち去って、しかもお金も返さないといったことにならないかの心配をしなくてはいけません。山賊と付き合うような奇妙なことがいろいろと、たくさんあるんです」

『ナショナル・ジオグラフィック』によると、エヴァが含まれた琥珀はカチン州州都のミッチーナーの琥珀市場で、シン博士の研究チームが入手したもののひとつだったらしい。実際に採掘された場所は、かつて第2次大戦中の援蒋ルートが通っていた秘境・フーコン渓谷である模様だ。

「(琥珀の採掘地域は)非常に混乱していて、非常に原始的な採掘がおこなわれており、個々のテントの下に一本の坑道があるわけです。坑道はとても狭いですから、僕のようにガッシリした人間は入れません。児童労働者や青少年が、腰に一本の縄を付けて小さな桶を持って坑道に入って採掘しているわけで、非常に危なく、穴が塞がれて亡くなる人もしばしば聞かれるようです。現地は道路事情も悪くて泥だらけ、バイクが走った後はゾウがひっきりなしに(牙でえぐった)ようになります」

 他にもシン博士は中国の科学サイトの取材を受けた際に、かつて四川省涼山イ族自治州での発掘作業中に同行していた中国登山隊のメンバーが暴風雨を受けて滑落死しかけた話を語るなど、ハードな環境で採掘を続けている模様である。古生物の化石は人里離れた山の中や砂漠に残されていることも多いため、彼に限らず恐竜学者はこうした場所に赴かなくてはならないのだ。

ラオス南部で出土した竜脚類タンヴァイオサウルスの化石。東南アジアなどの発展途上国では恐竜化石の扱いがぞんざいであることも多い。ラオス、サワンナケート恐竜博物館で筆者撮影


 恐竜は長年にわたって、オタク気質のある小学生男子を魅了し続けている。世の男性のなかには、子どもの頃の将来の夢が「恐竜博士」だった人もいることだろう(他ならぬ私自身がそうである)。かつては『インディ・ジョーンズ』ばりのアドベンチャーにあこがれた人も多いに違いない。

 そんな人が、そのまま大きくなって大冒険の末に世界的な大発見を繰り返している。・・・シン博士の人生が、どうしようもなく羨ましくてたまらないのは私だけであろうか?

筆者:安田 峰俊