イタリアで総選挙が行われ、EU懐疑派のポピュリズム政党が躍進を遂げた。単独政党としてトップに立ったのは、南部、島部を中心に票を集めた「五つ星運動」。

 「政治家は去れ」と声高に訴え、元コメディアン、ペッペ・グリッロが中心となり結党、ネット上で直接国民の声を聞く新興政党は、単純に右派、左派と色分けすることができない「反体制」である。

 一方、連立会派として最大勢力となったのは北部を押さえた右派連合。そして、シルヴィオ・ベルルスコーニ元首相率いるフォルツァ・イタリアを凌駕し、その主力となったのが「同盟(Lega)」だった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

反移民、反EUを強く押し出す

 もともと「北部同盟(Lega Nord)」として活動してきた北部郷土主義のポピュリズム政党だ。

 今回、マッテオ・サルヴィーニ党首は、選挙スローガン「Prima gli Italiani」つまり「イタリア・ファースト」を掲げ、反移民、反EUのスタンスを強く押し出し、単に「同盟」として戦った。

 中道左派の現与党、民主党は、中部の一部などを取るにとどまり、従来型政党の低迷は顕著。

 五つ星運動も同盟も、政権を担うことに意欲を示しているものの、単独での首相指名はできない。

 何らかの連立により両党党首のどちらかが新政権を率いるのか、挙国一致体制の可能性もささやかれているが、まさかの五つ星運動と同盟の連立ともなれば、EUにとってまさに悪夢・・・。

 1994年3月28日

 前日の総選挙でのベルルスコーニの勝利を伝えるテレビを見て、不満タラタラの映画監督ナンニ・モレッティ。

 「イタリアでは首相がテレビ局を3つ持っている。フランスでは到底考えられないことだ」と語るフランス人ジャーナリストからは「イタリアをテーマに撮るべきだ。ユーモアを交え市民感覚で」と進言される。

 政界の大規模な汚職捜査に伴う大混乱、再編を経て、極度の政治不信が世を覆った1990年代前半、メディア王ベルルスコーニが新党フォルツァ・イタリアを結成、中道右派政権首相となる時に始まる『ナンニ・モレッティのエイプリル』(1998)は、イタリア政治を概観する手頃なガイドともなる。

 カンヌ、ベルリン、ヴェネツィア、3大映画祭すべてでの受賞歴を持つナンニ・モレッティ独特のユーモアとリアリズムが共存する手法がさえわたる一篇である。

 1996年春、右派政権はすでに倒れ、世は再び選挙の季節。

社会的憎悪も階級差も排除する

 「この国の記録映画にするのだ」と意気込みドキュメンタリーを撮り始めているナンニは、テレビ討論でのベルルスコーニの発言と左派の不甲斐なさに怒りを隠し切れない。

 ベルルスコーニは野外集会では「私たちは自由の権利を保障し、誰もが安全で自由に暮らせる国を実現する。社会的憎悪も階級差も排除する。イタリア国民が古い政党に勝つのだ」と力説している。

 しかし、結果は左派の辛勝。自らの第1子も誕生し、ナンニは歓喜爆発・・・。

 9月、ナンニは北部を横断するイタリア一の大河ポー川に浮かぶ船に乗っている。これから川を下ってくる北部同盟の船を取材するのだ。

 しかし、どうにも気持ちが乗らない。ヴェネツィアで行われるウンベルト・ボッシ党首の演説の撮影もスタッフに任せた。

 そこでは、大衆の熱狂のなか「独立宣言」が発せられる。

 「パダーニャはイタリアじゃない。自らの道を行く」

 「我々パダーニャの人民はいまここに宣言する。パダーニャは独立し主権を持った連邦共和国だと」

 北部同盟は、1994年の選挙でベルルスコーニの右派連合「自由の極」に加わっていた。しかし、連立政権での分権が不十分と、95年1月、左翼民主主義者党の内閣不信任案に賛成票を投じ造反、連合を離脱、党も分裂した。それでも、96年の選挙で、躍進を遂げていた。

 ポー川のラテン名「Padus」を語源とし、北イタリア一帯を示す「パダーニャ」。南部が北部経済の足かせ、との論説で、分離独立、より高度な自治などを要求、「パダーニャ・ナショナリズム」を主張する、複数の地方主義の寄り合いが北部同盟だった。

 サルデーニャに始まるイタリア王国統一運動の際、最後に残った南部では暴動やゲリラ活動が頻発、新政府は「山賊」と呼び弾圧した。

北部が南部を見下し、対立が絶え間ない

 そして、絶え間ない対立が、北部が南部を「未開」「貧困」とみなす差別意識を生んだ。さらに、「経済の奇跡」により、北西イタリアの工業化が急速に進み経済格差が顕著となると、差別意識も進んだ。

 そんな経済格差は数々のイタリア映画から感じ取ることができる。

 1955年のロンバルディア州、州都ミラノを舞台にした『若者のすべて』(1960)もそんな一篇。

 南部の故郷を後にし、長男を頼りやって来た老母と4人の息子の苦難の現実を、ミラノ貴族の血筋を引くネオレアリズモの巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督が描く名作の「都会」と「田舎」の対比は、そのまま、イタリアの地理的、経済的「南北問題」のリアリズムである。

 1997年春、アドリア海に面するプッリャ州の港湾都市ブリンディジ。

 ナンニはアルバニア難民の取材をしている。イタリア海軍船が衝突し難民船が沈没、89人が犠牲となったのだ。

 しかし、そんな大惨事があっても、また数日すればアルバニアからの船は来るだろう、とナンニは考える。そして、難民たちもアルバニアに戻る気はないと語るのである。

 アドリア海を介し国境を接する隣国アルバニアは、欧州にあって長く半鎖国状態にあった特異な現代史をもつ。

 しかし、独裁者エンヴェル・ホッジャ亡き後の解放に向かうなか、武器密輸とリンクしたネズミ講に多くの国民が手を染め、挙句に破綻。暴動が頻発し治安が極度に悪化するなか、多くの難民がイタリアへとやって来たのである。

 イタリアで外国人労働者の問題が議論されるようになったのは1980年代末頃からのこと。それでも1%にも満たなかった外国人人口は、90年代後半になって急速に増加、中道左派政権下の98年、国境警備を厳重化する法も成立している。

素性を隠し難を逃れる

 父とともにやって来たギリシャでヨットクルーズを楽しむ少年サンドロは、海に転落してしまい、溺れそうになっているところをオンボロ移民船の運び屋の男たちに助けられる。

 金持ちなら身代金を取れるとの下心から、サンドロに素性を聞く男たち。しかし、状況を察したルーマニア人青年ラドゥの「彼はクルド人孤児」との言葉に救われる。

 船がイタリア領に入ると、男たちは逃げた。そして、漂流の末、警備隊に発見され、不法移民難民たちはイタリアに上陸した。

 収容施設では、様々な言語が飛び交い、審査が行われる。年齢、犯罪歴なども加味し、送還などの処遇が決定されるのだ。

 北部の街ブレシアで工場を経営する裕福な家庭に育ったサンドロは、両親にラドゥとその妹がイタリアで暮らせるよう、里親になることを頼むが・・・。

 ブレシアは、ミラノを州都とするロンバルディア州にあるイタリア有数の工業地帯の中心地。

 北イタリアの経済発展の象徴のような地で生まれ育った裕福な少年が、陽光降り注ぐ地中海でクルーズに興じるさなか海に転落したことから、一転して陰の世界の現実を知る『13歳の夏に僕は生まれた』(2005)は、当時まだ少なかった不法移民難民問題を正面から扱った一篇。

 収容施設の不法移民、難民は、カメラに向かい、自らの出身地を語る。

 コソボ、ブルンジ、シリア、アルバニア、クロアチア、ボスニア、モンテネグロ、スーダン、ヨルダン、スリランカ、パキスタン、インド、そして、ルーマニア人のラドゥ・・・。

 イタリアへやって来る移民難民の出身国は、英仏のようにかつて広大な植民地を有していたわけではないこともあって、実に多様。イタリアを最終目的地としない者も少なくなく、居住地域も南北に広く分布している。

 とはいえ、1990年代終わり頃から、アルバニアとともにその増加が目立ったのがルーマニア(そのEU加盟は2007年)。ルーマニア語というラテン系言語が母語であることも大きいようだ。

物議を醸したロマの強制送還

 21世紀に入って復活したベルルスコーニ中道右派政権が行ったルーマニアなどからやって来たロマ(「ジプシー」と呼ばれる人々)の強制送還強硬策が物議をかもしたことも思い出される。

 2002年、滞在許可証の年数削減、定住外国人の指紋押捺義務化など、EU域外の外国人への制限強化策を打ち出す際、中心的役割を果たした人物の1人が、北部同盟党首ボッシだった。

 「この20年間で約40万人の移民が上陸。シチリア海峡で溺死した移民の数は1万5000人と推定される」

 そんな字幕に始まる2016年の作品『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』は、難民船の苛酷な内部、救出の様子までもが実映像のドキュメンタリー。シチリアよりさらに南、イタリア最南端に浮かぶ小島ランペドゥーサが「ヨーロッパの門」となっている様が映し出される。

 「ナイジェリアでは暮らせない。大勢死んだ。爆撃も受けた。サハラに逃げて大勢死んだ。今度はリビアに逃げた。ISの連中がいてそこにもいられなかった」

 「人も山もかくまってくれないから今度は海に逃げた。大勢が命を落とした。海はヒトの通れる道じゃない。だけど俺たちは生きている。命をかけなきゃ生きていけない」

 2011年、アラブの春を契機に、地中海を介し接するチュニジア、リビアから大量の難民がなだれ込むようになった。

 そしていま、ボコ・ハラム、ISから逃げる人々がやって来ていることを、収容施設でのチャントともラップとも言えるナイジェリア人たちの魂の叫びが伝える。

 映画は、12歳の島民の少年の静かな日常を、不法移民難民たちの死とさえ直面する境遇と対比するように映し出す。

 料理を用意しながら移民船遭難のニュースを聞き嘆く祖母の姿はあっても、彼らが、直接、不法移民や難民と接することはない。すぐに本土などに送られることもあり、島民との密な接触は少ないという現実もある。

 そんななか、難民を診療し検死をも行う医師が「媒介役」となる。

普通の人々の強烈なメタファー

 その医師に弱視の治療を受ける少年の姿は、メディアが伝える難民船の映像が日常とさえなり、基本的人権さえ失っている人々の姿にも不感症となっている「普通の人々」の強烈なメタファーとなっている。

 シチリア島中央部カルタニセッタ。

 かつて栄華を誇った硫黄鉱山も衰退し、閉鎖に追い込まれてしまう。仕事はやめない、と立て籠もる鉱夫たち。しかし屈服。

 失職した男たちは、村にやって来たブローカーの「フランスに行けば割のいい仕事がある」との言葉に乗り、家財を売り前金で費用を支払い、20人ほどの一団でシチリアを後にした。

 しかし、本土で列車に乗り込み到着したローマでブローカーは姿をくらまし、騒ぎのさなか警察に連行された村人たちは帰郷を命じられてしまう。

 すでに故郷の財産もない一行は、トラックに乗せてもらい、北西部エミリアロマーニャ州パルマ近くまで北上、10日ほどの予定の農園で住み込み労働を得る。

 しかし、北部人から差別を受け、仕事も「スト破り」のものだったことから、厳しい状況に置かれた彼らは、ついに、希望の地フランスへと、雪山越えを敢行することになる・・・。

 第2次世界大戦後、共和国となったイタリアは、政府間協定による組織的な移民送り出し政策をとり、仏独などへと移民が向かった。

 しかし、原案脚色にフェデリコ・フェリーニも参加、役者の多くにシチリアの素人を配したピエトロ・ジェルミ監督のネオレアリズモ作品『越境者』(1950)は、「不法移民」も後を絶たなかったことを示している。

 1970年代中盤までイタリアは移民の送り出し側で、戦後30年ほどの間だけでも500万人が他の欧州地域へと移住している。そして、南部から北部への移動のみならず、欧州他国への移住者も、南イタリア出身者が多くを数えるのである。

ニューヨーク、エリス島での屈辱

 20世紀初頭、カルタニセッタの北方のペトラリーア・ソッターナ。

 男やもめの農民サルバトーレは、老母や息子たちとともに、生産性の低いこの地を去り、巨大な野菜が実り、カネをばらまき飛ぶロバ、ミルクの川さえ流れるという「新世界」米国への移住を決意する。

 我先にと、おびただしい数のイタリア人が乗り込む移民船で、妙齢の謎の英国人女性とも知り合い、ひどい船酔いにも悩まされながらも、ようやく米国ニューヨーク、エリス島に到着する。

 そして、始まる入国審査。屈辱的とも言える知能検査、身体検査が続き、はねられる者もいて・・・。

 イタリア統一以後の50年間の外国への移民は1660万人にも上り(ただし、帰国を前提とした「出稼ぎ型」も少なくなかった)、その3割が米国。

 『新世界』(2006/日本劇場未公開)は、そんな彼らの移民船やエリス島での審査などの様子を、寓話的に、ユーモア、ファンタジーを交えながらも、苦難のリアリティたっぷりに描く数々の賞を得た異色作。

 映画には審査の後、入国する様は描かれず、「その後」については全く触れられていないが、入国を果たしても遅れてきた「新移民」であり、多くがカトリックのイタリア人たちは、すでに根を張る「旧移民」WASPのNativismに直面、苦難を強いられることになる。

 まさに、いま、米国やEUへの移民難民の立場そのものにあったわけである。

 『新世界』の米国公開には、シチリア移民の血をひくマーティン・スコセッシ監督が大きく関わった。

 移住先であれ、送り出した故郷であれ、その子孫たちが祖先の苦難の歴史に真摯に向き合い、地道に世に発信していくことで、「他人事」に過ぎない人々の注意をひくことは大きな意味をもつ。

 しかし、移民難民受け入れに極めて消極的な日本では『新世界』のDVDリリースさえない・・・。

(本文おわり、次ページ以降は本文で紹介した映画についての紹介。映画の番号は第1回からの通し番号)

(1366) ナンニ・モレッティのエイプリル (1367) 若者のすべて (1368) 13歳の夏に僕は生まれた (1369) 海は燃えている (1370) 越境者 (1371) 新世界

ナンニ・モレッティのエイプリル


1366.ナンニ・モレッティのエイプリル Aprile 1998年イタリア・フランス映画

(監督・脚本・主演)ナンニ・モレッティ
(出演)シルヴィオ・オルランド

 1994年のベルルスコーニ政権誕生の時から「イタリアの今」を撮ろうと奮闘する『親愛なる日記』(1993)のナンニ・モレッティの様子をユーモアたっぷりに描く自作自演作。

若者のすべて


1367.若者のすべて Rocco e i suoi fratelli 1960年イタリア映画

(監督)ルキノ・ヴィスコンティ
(出演)アラン・ドロン、レナート・サルヴァトーリ、アニー・ジラルド、クラウディア・カルディナーレ
(音楽)ニーノ・ロータ

 年老いた母親と南イタリアからミラノへとやって来た息子たちそれぞれの苦難を『山猫』(1963)『ベニスに死す』(1971)などの名匠ルキノ・ヴィスコンティ監督が描くヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞受賞作。ニーノ・ロータの音楽も印象的。

13歳の夏に僕は生まれた


1368.13歳の夏に僕は生まれた Quando sei nato non puoi piu nasconderti 2005年イタリア映画

(監督)マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
(出演)アレッシオ・ボーニ、ミケーラ・チェスコン

 裕福な家庭に生まれ育った少年が、地中海ヨットクルーズのさなか海に転落、難民船に助けられたことから、世界の陰の部分を知るようになる『輝ける青春』(2003)のマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督が描く少年の成長物語。

海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜


1369.海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜 Fuocoammare 2016年イタリア・フランス映画

(監督)ジャンフランコ・ロージ

 イタリア最南端の島ランペドゥーサ島に次々と漂着し、救援される難民船の様子を、島民の少年、難民たちの検死をも受け持つ医師の姿を追いつつ描く『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』(2013)でドキュメンタリー映画で初めてヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を獲得したジャンフランコ・ロージ監督によるベルリン国際映画祭金熊賞受賞のドキュメンタリー。

越境者


1370.越境者 Il Cammino della Speranza 1950年イタリア映画

(監督)ピエトロ・ジェルミ
(出演)ラフ・ヴァローネ、エレナ・ヴァルツィ
(音楽)カルロ・ルスティケリ

 鉱山での仕事を失ったシチリア島民が、「高収入」を得られるというフランスを目指し、ローマから北西部、そして、不法な雪山越えを敢行する苦難のみちのりを、演技者の多くにシチリアの素人住民を配し、『鉄道員』などのピエトロ・ジェルミ監督が描くネオレアリズモの代表作の一本。

新世界


1371. 新世界 Nuovomondo 2006年イタリア映画(映画祭のみの日本公開)

(監督)エマヌエーレ・クリアレーゼ
(出演)シャルロット・ゲンズブール、ヴィンチェンツォ・アマート

 20世紀初頭、シチリアでの厳しい生活をあきらめ、「新世界」米国を目指す農民一家の姿を、移民船やエリス島での入国審査などを中心に、克明に、そして、独特のファンタジーとユーモアを交え、自身、シチリア人の両親をもち、不法移民・難民問題を描いた『海と大陸』(2011)などの作品もあるエマヌエーレ・クリアレーゼ監督が描くヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞作。

 シチリア系米国人であるマーティン・スコセッシが米国での公開に尽力した。

筆者:竹野 敏貴