安価な家電を販売するメーカーという印象はもう昔のもの。今や、“ありそうでなかった”ニッチ商品で攻める家電メーカーに生まれ変わった(写真は野水社長)

写真拡大

家電業界では最近、中堅メーカーが躍進を遂げている。その理由は何なのか?なかでも冷蔵庫、洗濯機といったコモデティ化したはずの市場に、新商品を投入してヒットを連発しているツインバードに注目し、業績急伸の理由と、その開発手法を探った。(経済ジャーナリスト 夏目幸明)

冷凍室が大きい冷蔵庫や
1人分を10分で洗える洗濯機が大ヒット

「ツインバード」という社名にどんなイメージをお持ちだろうか?アイロンやトースターなどの小物家電を、大手メーカーより安価で販売する企業――というのは今や昔。同社は2011年に父より事業承継した野水重明社長のもと、マーケティング主軸の企業に生まれ変わっているのだ。

「当社の従業員数は約300人、売上高は約140億円で、東証二部に上場しているとはいえ、家電メーカーとしては決して大規模ではありません。しかし、この規模だからこそ得意なことがあるんです。それは『小ロット多品種』生産。当社は大企業と違って生産設備が大規模ではありません。大手さんなら数万ロットからでなければ生産できないものも、当社なら数千ロットから商品化できるんです」(野水重明社長)

 この特徴が有利に働く。なぜなら現在は、すべての業種で「個食化」の影響が見られるからだ。個食化とは「1人で食事をとる機会が増える」ことを指し、最近、その影響が食品以外の業種にも広がりつつあるのだ。商品企画担当の岡田剛氏が話す。

「家電の業界でも、ユーザーの価値観や生活スタイルが多様化しているんです。だから当社は近年、『小ロット多品種』生産を活かし、“ありそうでなかった”、“私にピッタリ”な商品をつくっているんです」

 例えば、同社が17年11月に発売した『2ドア冷凍冷蔵庫 ハーフ&ハーフ』だ。

「この商品、スペースの半分が冷凍室なんです。現在、単身世帯が増加し続け、その多くで冷凍ニーズが高まっています。最近とみにおいしくなっている冷凍食品を活用する方や、特売で食品をまとめ買いし、大量に調理して凍らせておく方が増えているんです。すなわち“冷蔵スペースは余裕があるのに、冷凍スペースはパンパン”な方が多い。そこで我々は『ハーフ&ハーフ』でスーパーの買い物かご約2個分の冷凍食品を収納可能にしました」(岡田氏)

 また同社は同じ時期、洗濯機の市場にも、約1kg(およそ1日分の日常着)の洗濯物を、なんと10分で洗える「快速モード」を搭載した『全自動洗濯機 5.5kg 』を投入している。

「忙しい朝や、帰りが遅かった夜、気軽にお使いいただけます。また家族で使う場合、自分のものは自分で洗えますし、色柄ものだけ分けて洗うこともできます」(岡田氏)

 いずれも、ありそうでなかった商品だ。そして岡田氏によれば、売れ行きは上々。家電量販店のバイヤーから、発売前から「何台ほしい」と具体的な数字を示されるなど強い引き合いがあるという。

「発売後は、生産が追いつかず大変な思いをしました(笑)。当社では年間5000台くらい売れればヒットと言っていいのですが、現在、年間1万台ペースで推移しています」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)