見た目からおいしいおやつ。
乙女心をくすぐる。この春、京都で食べたい【フォトジェニおやつ】3選

見て楽しい、食べて美味しい。そんな乙女心をくすぐるスイーツが京都には勢揃いしているんです。思わずパシャッと撮りたくなる、目にもうれしいおやつをご紹介します!

1.〈Cafe1001〉の「チョコミントパフェ」/西陣

チョコミントスイーツの豊富さも話題で、“チョコミント好きの聖地”としても有名な、町家ブックカフェの大人気のメニュー。チョコミントアイスをベースに、ガトーショコラやミントジュレなどが添えられた清涼感抜群の佇まい。ぬくもりある空間でひんやりしたものを食べる温度差がなんとも贅沢!1000円(税込)

2.〈EREMY&JEMIMAH〉の「京わたがし」/祇園四条

京都を代表する観光エリアに昨年オープンしたわたがしスタンド。手渡された瞬間にわかるその大きさに驚きを隠さずにはいられません。材料のザラメからこだわった風味豊かなわたがしは、京都ならではの桜餅や抹茶といったフレーバーのほか、珈琲や柚子などの変わり種をはじめ全9種類。各600円(税込)

3.〈SHIN-SETSU〉の「クリームソーダ」/寺町京極

老若男女から愛される喫茶メニューの代表格・クリームソーダの専門店が寺町京極商店街にあるんです。定番のメロンをはじめ、乙女カラーのストロベリー、珍しいブルーキュラソーなど、24種類がラインナップ。何を飲もうか決められないときは、好みの色でチョイスしてみるのもありかも。各690円(税込)

(Hanako1131号掲載:photo:Koichi Higashiya text:Awa☆Moriko)

こんな記事もおすすめ!
☆Hanakoセレクト!ときめき京都旅まとめはコチラ!
☆京都ならではの美食が堪能できる隠れ家的名店3選はコチラ!
☆フォトジェニックメニューに出会える京都の隠れ家カフェ3軒はコチラ!