21世紀の今、評価される君主制を考える(写真:brize99/iStock)

「非合理な制度」君主制で、変化が起きている。『立憲君主制の現在』を書いた関東学院大学国際文化学部の君塚直隆教授に聞いた。

スウェーデン型の「象徴君主制」がトレンドになるのか

――男女同権が欧州王室の中で最も早いのはスウェーデンなのですか。

スウェーデンで女系同等王位継承制を取り入れた王位継承法が施行されたのは1980年1月。グスタフ国王の長男カール・フィリップ王子(1979年5月生まれ)に代わり、国王の長女ヴィクトリア王女(1977年7月生まれ)が王位継承第1位とされ、彼女が18歳の誕生日を迎えた1995年7月に正式に皇太子に就任した。欧州王室の中でも最も早い男女同権だった。

その後、オランダ(1983年)、ノルウェー(1990年)、ベルギー(1991年)などが続き、英国では2013年に「絶対的長子相続制」が採用されている。2017年現在、男子優先を採るのはスペインだが、女子も継げる。ただ、リヒテンシュタイン公国はいまだ男子のみの継承法を維持している。

スウェーデン型の「象徴君主制」が今後の北欧、さらに欧州全体の君主制のトレンドになるかどうかは定かではないが、21世紀の議会制民主主義に根差した君主制の1つの指標になることは間違いない。

――ベネルクスの君主には譲位あるいは生前退位の事例がよく見られますね。

オランダ、ルクセンブルク、ベルギーでは慣例化している。

これらの国では君主が重要な役割を果たしてきた。特に第2次世界大戦を契機に国民との一体感が強まった。ただ、ベルギーのレオポルド3世の場合はヒトラーに降伏してしまったことから、失望と裏切られた感が国民の間に湧き起こり、戦後引きずり降ろされている。

――生前退位は日本ばかりではないわけですね。

2016年8月8日の天皇陛下のお言葉が午後3時から地上波すべてで放映され衝撃的だった。欧州では、2013年1月28日にオランダのベアトリクス女王(当時74)が33年の在位を終える譲位のビデオメッセージを国民に送り届けている。同じ年の7月にはベルギーのアルベール2世(79)、翌2014年6月にはスペインのフアン・カルロス1世(76)が「同じ道」をたどった。


君塚直隆(きみづか なおたか)/1967年生まれ。英オックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジ留学。上智大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程修了。東京大学客員助教授、神奈川県立外語短期大学教授などを経る。専攻は英国政治外交史、欧州国際政治史(撮影:大澤 誠)

これらの方々は20代からの陛下の友人であり、同世代。陛下のお言葉にはベアトリクス女王の原稿と重なるところもある。たとえば国民に寄り添い、苦楽を共にし、とても幸せだったとの主旨のところ。参考にされたのではないか。

陛下や日本は決して孤立しているわけではなく、天皇としては30年だが、皇太子時代を含めれば60年に及ぶ友人知己が世界にいる。王様は孤独な一方、公務が同じように課せられる。そこから自分も潮時だと思われたのだろう。

――今は民主政治が当たり前になっています。

もちろんそうでない国もまだある。雑誌の「最悪の独裁者たち」と題された特集を眺めると、その人たちの肩書はほとんどが大統領で、王様は1人としていない。いくつかの国は王様を自分たちの手で追い落とし、その大統領を自ら選んだ。しかしデモクラシーのはずがいつしか独裁になり、逆に差別と弾圧を行う「共和国」になり下がった。

君主世襲は生まれながらにして王位が確定し、デモクラシーとは相いれないはずだが、実はその地位につく人のほうが時流をわきまえ、世界の現実を認識している場合がほとんどだ。絶対君主や専制君主ではなくて、「象徴君主」として議会、政府、裁判所とタイアップしながらかかわっていく。もちろん実権は彼らに託すが、いざという時にはかかわり方も強まる。現実にはこのほうが健全に動く。

その国の伝統や文化を担い続けてきた王室

――多くの王室は外交にもかかわっています。

王室はその国の伝統や文化を担い続けてきた一族。各種の団体や組織の長として芸術や学術の振興にかかわり、その面でも詳しい人が多い。経済面にもかかわる。たとえば英国の場合、チャールズ皇太子や弟のアンドリュー王子は経済界の代表を数百人引き連れて、自国の通商や産業の振興のために世界を回ることもある。アンドリュー王子はドバイ地下鉄の受注で活躍したとか。

最近の事例では、オランダのウィレム・アレクサンダー国王夫妻が平昌(ピョンチャン)五輪に参加したついでということで中国を公式訪問。習近平主席や李克強首相に会って通商の話もしている。欧州では国王、王妃、あるいは皇太子にビジネスに深くかかわる人が多い。文化や歴史の宣伝者であると同時に、ほどほどの距離で政府の活動の穴を埋める役割を担う。

――継続性が大事になる?

ドイツやイタリアのように大統領が元首といっても、長老政治家がなるから党派性はぬぐいきれず、公正中立の存在になるのは難しい。なかなか決まらないこともある。国王の場合は代々、引き継ぐ。継続性、連続性、安定性がことさら意識され、それを体現する存在として重宝されてもいる。

これからの「君主制」

――英王室の転機はダイアナ事件ですか。

その後、力を入れたのがネットでの情報公開。毎日のように更新して、公務の大変さが国民の間に浸透し、信頼を回復していった。ほかの欧州の王家も盛んに情宣を手掛ける。昨年4月スペインのフェリペ6世が来日した時に、私自身舌を巻いた。迎賓館での儀仗兵閲兵や宮中晩餐会での様子をユーチューブに即刻アップしていた。

――英国では生前退位はない?


規定はなく、たぶん慣例としてない。1760年から1820年に在位したジョージ3世時代の晩年に摂政を置いたことぐらい。現女王も来月で92歳、何が起こってもおかしくないが、女王陛下のままで公務をチャールズ皇太子に引き継ぐことになるだろう。

――議会政治、政党政治の場合、公正中立は難しいのでは。

20世紀、ほとんどの国、特に世界大戦で負けた側では君主制が潰れた。だが日本は唯一、負けたのに君主制が潰れなかった希有な存在。日本の象徴天皇制はでき上がってから70年余。70年余もという言い方もできるが、考え直すには時間が必要だ。

――考え直す?

近現代は、明治維新から数えて150年。戦後の象徴天皇制はその半分近くになり、定着してきたものの公務を担える皇族の数は知れている。女性天皇を視野に入れる必要があるのではないか。