AIは現在、マーケティング業界の主要なバズワードのひとつとなっている。だが、さまざまなバズワードの例にもれず、その定義は多種多様だ。米DIGIDAYは、エージェンシー幹部8人に、明確かつ簡潔なAIの定義を尋ねた。回答は以下の通り。わかりやすくするため、少し編集を加えている。

自らタスクを実行可能なシステム

ジェイソン・ゴールドバーグ氏 / レイザーフィッシュ コマース・コンテンツ担当 SVPAIとは通常であれば、人間の知能を必要としつつも、自らタスクを実行可能なコンピュータシステムのことだ。機械学習はAIの機能のひとつであり、ディープラーニングは機械学習の一種だ。ディープラーニングの本質は、一連のプログラムを書いてルールを構築するかわりに、もととなるモデルケースをAIに与えてしまえば、蓄積されたデータをもとに学習させることが可能な点にある。たとえば、ある消費者行動をモデルケースとして学習させることで、我々は新規顧客がどんな商品やサービスを求める可能性が高いかを知ることができるのだ。

 

アルゴリズムによって得られる知見

ロビー・ミニコラ氏 / ワンダーマン・シアトル 社長 兼 ワンダーマンAIサービス グローバル最高責任者AIとは、機械学習のアルゴリズムによって得られる知見のことだ。多くの人間は、機械学習とAIを同じものとみなしている。だが、機械学習はAIなしでも成立するが、AIに機械学習は欠かせない。機械学習は完全に自主的な学習ではなく、人間のコントロール下にある。AIはより自律性が高く、AIを成り立たせる機械学習のアルゴリズムは、データを網羅することで自由度を増している。これにより、まったく未知なる現象を発見することが可能になるのだ。そして、それこそがAIなのだ。したがって、(新たな発見のためでなく)知見をビジネスにおける意思決定に利用するために活用するなら、それは単なる機械学習にすぎない。

 

ニューラルネットを利用した一連のアルゴリズム

ジェナ・ニーベン氏 / アールジーエー(RGA) クリエイティブディレクターニューラルネットを利用して大量のデータを処理する一連のアルゴリズムがAIだ。単語をクラスター化する単純なものや、自律走行車のように複雑なものも存在するが、複数の層から成るネットワークを利用し、ある結果の生起確率を算出する点は、すべてに共通している。

 

目標達成のために決定をくだすもの

ジェイソン・ベッカーマン氏 / ユニファイド CEO私はAIを(テクノロジー発展の)最終的な結果として定義している。AIは機械学習によるデータ処理を行い、定められた目標を達成するために何をすべきかを決定する。マーケターがいうAIは、実際には機械学習を意味していることが多いが、機械学習はAIの一部だ。マーケターの頭に機械学習がまっさきに浮かぶのは、それを利用すれば人が介入することなくコンピュータに効率的にデータを分析させることができ、しかも学習内容に基づいてより深い洞察を自動的に導き出すことができるためだ。

 

知能の代わりになるものすべて

ウィンストン・ビンチ氏 / ドイチュ・ノースアメリカ 最高デジタル責任者人間の知能の代役を完璧に果たせるものは、すべてAIだ。いまある技術のほとんどは、実際には拡張知能の例であって、純然たるAIではない。拡張知能は車線逸脱防止支援システムのようなものだ。それは部分的なAI体験であり、完全には自動化されておらず、依然として人との相互作用や人の関与がある程度は必要になる。だが、自律走行車はAIと呼べる。

 

真の知能といえるシステムはまだない

アレクサンダー・リア氏 / DDBニューヨーク クリエイティブテクノロジー責任者AIは、通常なら人間の知能によって遂行されるタスクを実行するコンピュータを指すことが多い。AIはいまやクリックを呼び込み、インプレッションを増大させるバズワードだ。「AIとは何か」よりも、「AIは何ではないか」を説明する方が簡単だ。というのも、その正体はまだよくわかっていないのだ。いまのところ、我々が手にしているツールは、非常にすぐれたパターン認識、系列学習、機械学習だ。真の知能といえるシステムはまだない。それに、AIと自律走行車は一緒くたに語られがちだが、自律走行車もAIではない。プログラムされたことをどうすれば実行できるかを理解している、単なるコンピュータにすぎない。自律走行車は、乗客が本当に欲しているのは軽食で、会社に遅刻してもいいからドライブスルーに寄りたいと思っていても、察してはくれないからだ。

 

個別化された顧客体験を実現する一連のAPI

マーク・マレー氏 / ハバス・コグニティブ グローバルディレクターエージェンシーやブランドが、高度にターゲティングされた消費者層を対象に、個別化された体験やコンテンツを創造する際に利用できる、一連のAPIのことだ。だが、もし専門の大学教授や、Amazonのエンジニア、国家安全保障局(NSA)のエージェントに聞けば、広告業界はAI技術でできることの氷山の一角すら把握していないと、彼らはいうだろう。だからこそ、これほど人によって定義がバラバラなのだと思う。

 

テクノロジーによって解決する営みすべて

ジェイソン・ハーンドン氏 / レイン(Rain) テクノロジーイノベーションディレクターAIとは、かつては人間にしか解決できなかった問題をテクノロジーによって解決する営みすべてを指す。あるテクノロジーがAIかどうかの判断基準のひとつとして、「その技術が我々にどれだけ日常生活を取り戻させているか」という基準を、いずれ含めるべきだろう。

 

Ilyse Liffreing (原文 / 訳:ガリレオ)