女を数十年もやっていれば、「もう女やめたいな」と思うことも一度や二度、いやそれ以上あるのではないでしょうか。女であるからこそ楽しさや喜びを感じることもある一方で、女であるからこそ厄介だったり面倒だったりすることもありますよね。ここではそんな「あーもう女やめたいな」と思った瞬間について女性たちに聞いてみました。

帰宅後にメイクを落とすとき

「仕事から疲れて帰ってきて、そのまま寝たい! ってときもメイクを落とさなきゃなって重い腰をあげるとき。男なら翌朝シャワーを浴びて終わりなのになぁって羨ましくなる」(20代/IT)

▽ 疲れているときでもメイクを落とさなければならないのはしんどいもの。メイクを落とさずに寝てしまうと翌朝肌がカピカピになってしまいます。こんなとき「メイクをしなくてもいい男性なら……」と羨ましい気持ちになることもあるでしょう。同様に、朝寝坊をしてメイクを慌ててしているときも「女やめたい」と思うことがあるようです。

生理前でイライラしてしまうとき

「生理前にイライラして家族や恋人に八つ当たりをしてしまうとき。自分の感情をうまくコントロールできなくて、ひとりで勝手にイライラする自分がすごく嫌!」(20代/看護師)

▽ 生理前は心のバランスが崩れ、変なところで怒ってしまったり涙が出てきてしまったりすることもあるでしょう。そんな情緒不安定な自分にうんざりしてしまうことも。感情がうまくコントロールできずに八つ当たりしてしまう自分に気づき、自己嫌悪に陥ることもありますよね。「生理がなかったらなぁ」と思ってしまうようです。

生理痛がツラくて動けないとき

「生理痛が痛すぎて、一歩も動けないとき。会社は休まざるを得ないし、本当にツラい」(20代/不動産)

▽ 生理前はイライラしますが、生理になると今度はお腹が痛くてしんどい状況が続きます。ときには、家から一歩も出られないくらいツラい思いをすることも。鎮痛剤を切らしているときはしんどくてたまりません。生理痛のせいでデートに行けなくなったり、会社に行くのが困難だったりすると、もう女やめたい! なんて思いますよね。

ムダ毛を処理しているとき

「夏にお風呂場で全身のムダ毛を剃っているとき。基本がズボラなので、男だったら絶対に生やしっぱなしだっただろうなって思う」(20代/学生)

▽ 全身のいたるところにムダ毛は生えるもの。どんなに剃っても生えてくるため、なくなってはくれません。まさに、不毛な戦いです。ムダ毛に手間をかける必要があるたびに、男だったら生やしっぱなしでもいいのになぁなんて感じるのかもしれません。

結婚式に呼ばれたとき

「結婚式に呼ばれたとき。男性はスーツ着ていれば問題ないけど、女性はドレスだったりバッグ、靴、髪の毛などいろいろこだわらないといけないからお金もかかるし大変」(30代/IT)

▽ 結婚式にはおめかしをするのが暗黙の了解です。男性なら礼服でOKなところ、女性はヘアメイクもきちんとしなければなりません。正直面倒に感じることもありますよね。

男性になりたいわけではないものの、女性でいるのがしんどいとき。「女やめたいな」と思ったら、ちょっとだけ女性らしさを休憩するのもいいかもしれませんね。