<アーノルド・パーマー招待 3日目◇17日◇ベイヒルC&ロッジ(7,419ヤード・パー72)>
米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」3日目。予選ラウンドを終えて、2アンダー・31位タイにつけていた松山英樹は、スコアを1つ伸ばし、トータル3アンダーとしたものの、35位タイに後退した。
世界NO.1の呼び声も、松山英樹の2018年最新スイング【連続写真】
また4アンダー・17位タイからスタートしたタイガー・ウッズ(米国)は「69」でトータル7アンダーに伸ばし、5打差10位タイに浮上している。
首位はトータル12アンダーのヘンリック・ステンソン(スウェーデン)。1打差2位でブライソン・デシャンボー(米国)、2打差3位でローリー・マキロイ(北アイルランド)が追っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

アーノルド・パーマー招待 リーダーボード
【2日目動画】松山英樹、バンカーショットをノーバウンドで直接カップイン
【連続写真】1年ぶりの復帰、タイガーのニュースイングはまるで「武術の達人」
【記者の目】「スピーディかつシンプルな」ルール改正でゴルファー人口は増えるのか?
R&AとUSGAが「2017ディスタンスレポート」を発表、世界中で飛距離が一挙に伸びた理由は?