アル・ヴェルの強さが圧倒的な理由は……(写真はトヨタのサイトより)

アル・ヴェルが高級ミニバン市場で独走

トヨタ自動車の高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」(アル・ヴェル)。全長約4.9m×幅1.85m×高さ約1.9mという背の高い大柄な車体のボディに加えて、押し出しの強いフロントマスクや広々とした室内、豪華な内装などを備えるこの兄弟車が、このクラスの高級ミニバン市場で独走態勢を築いている。


東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

2017年(1〜12月)、アルファードは日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で25位となる4万1923台、ヴェルファイアは同22位の4万6757台を販売した。2車種を合計すると実質的には10位に相当する。コンセプトの近い日産自動車「エルグランド」は8068台で49位、ホンダの大型ミニバンとして最も高価な「オデッセイ」も2万0832台で34位だったことを考えると、アル・ヴェルの強さは圧倒的だ。

現在、アル・ヴェルともに通常モデルの納期は3〜4カ月、高級バージョンの「Executive Lounge」は5〜6カ月程度かかるという。アル・ヴェルはもっとも手軽なグレードで見積もってもざっと総額400万円、売れ筋なら同500万円も下らない高額車両としては、かなり売れていると言っていいだろう。

直近では2015年に登場した現行モデル(3代目アルファード、2代目ヴェルファイア)が、昨年12月25日にマイナーチェンジ(一部改良)を発表。今年1月8日に発売となって1カ月足らずの1月21日時点での受注台数は、アルファードが約1万4000台、ヴェルファイア約1万1000台と、合計約2万5000台に達した。

「計画の倍近くで驚いた」。新型アル・ヴェルの開発責任者を務めた吉岡研一主査は明かす。今回のマイナーチェンジでは先進安全装備が付いたのに加え、各部の仕様向上などによって魅力が増した。

加えてアル・ヴェルが売れている要因の一つと考えられるのが、中古車として手放す時点での価格が他車と比べてあまり落ちないことだという。新車で買って3年後にオークションへ出したとすると、アルファードは新車価格の87% ヴェルファイアは同80%ぐらいで取引される。

国内にしっかりと中古車市場が存在するのはもちろん、東南アジアや中国など海外でも中古のアル・ヴェルが飛ぶように売れていることも挙げられる。そこでは「グレーインポーター」と呼ばれる正規ではない現地の並行輸入業者の存在も小さくないわけだが、いずれにしても中古車の引き合いが強いことには違いない。

新型アル・ヴェルの売れ筋は、2.5リッターエンジン車の2列目シートに肘掛けの付く「エグゼクティブパワーシート」が装備されるグレードだ。アルファードで30%、ヴェルファイアで25%を占めているという。いずれも2015年のフルモデルチェンジ前は、ひとつ下の「リラックスキャプテンシート」付きグレードが最量販だったのだが、現行型ではユーザーの志向が高級方向にシフトしていることが見て取れる。実はこれが営業的に読めておらず、当初は納車待ちが増えてしまったらしい。

一方で、700万円超の「エグゼクティブラウンジ」が全体の10%超に達している。もともとは3%程度を見込んでいたそうだが、フタをあけてみたらはるかに多かったことには関係者も驚いているという。

変更点は多岐におよぶ

今回のマイナーチェンジでの変更点は多岐におよぶ。外観デザインの変更は見てのとおりで、より両車の個性が際立った。外野ではいろいろ物議を醸しているようだが、これが嫌いという人に何を申し上げても仕方がないだろうし、実際の購入者層にとっては期待に沿うものであることには違いないように思える。

機能面での最大の目玉は、先進安全運転装備の進化だ。従来は「トヨタ セーフティセンス」ですらなかったところ、「LTA(レーントレーシングアシスト)」をはじめ新機能を搭載した第2世代となる最新版へと一気にアップデートされた。また、走行性能面では、ガソリンV6エンジンが刷新され、待望のアイドリングストップ機構が付いたことも特筆できる。ATも「ダイレクトシフト」と呼ぶ新しいものに換装された。

使い勝手についても、ユーザーの声を反映したテコ入れがなされている。たとえば「エグゼクティブラウンジシート」について、これまで左右とも電動ウォークインスイッチのみの設定だったところ、右側がマニュアル操作で即座に動かせる仕様も選べるようになった。

これは2列目シートの背もたれが寝かせた状態から3列目に乗り込めるようにするのにかなり時間を要していたことへの対処であり、もともとエグゼクティブラウンジの3列目の使用頻度は少ないであろうという割り切りからあえてこのようにされていたのだが、3列目へのアクセス性向上を求める声も少なくなかったようだ。

あるいは、これまでも3列目の使い勝手を優先して、あえてひとつ下の「エグゼクティブパワーシート」を選ぶユーザーも少なくなかったのだが、シートヒーターや読書灯がなかった。ビジネスに使う人にとって、それではあまりよろしくない。

そこで本革シートを選ぶとそれらが付いてくるよう設定が変更された。また、中堅グレードの上級仕様のシート生地が、これまでファブリックと合成皮革のコンビだったところ、すべて見た目にも質感の高い合成皮革にするとともに、前席シートヒーターや空調シート、ステアリングヒーターなど設定した。

さらには、エアロ仕様のエグゼクティブラウンジを追加したり、逆にハイブリッドのエアロ仕様にもエントリーグレードを設定して選択肢を広げたりするなど、より実際のニーズに即した設定とされた。

そういった表面に出るものだけでなく、目に見えない部分も全体的に大きく進化していることも、実際にドライブするとよくわかる。まず感じるのが、静粛性の高さと乗り心地のよさだ。

高級セダンにも負けない快適性を目指した

マイナーチェンジにあたって、高級セダンにも負けない快適性を目指したという。聞けば、開発にあたって本当の高級車というのはどういうものかを学ぶため、運転手付きの高級車として最高峰ともいえるメルセデスの「マイバッハ」を題材とし、その域に一歩でも近づけるようにと研究したという。音や振動はもとより、ブレーキング時にほとんどカックンとなることもなく、同乗者が不快に感じないその仕上がりだ。

静粛性については、これまでフロントのみ採用していた合わせガラスを2列目にも採用したのをはじめ、各部を手当したことで大幅に高まっている。今ではマイクとスピーカーを使って1列目と3列目の間で会話できるようにしたミニバンもあるが、これならそのままでも問題なく会話できる。

乗り心地についても、サスペンションチューニングを見直すとともに、ボディの変形を抑えるべく、これまでリアサスまわりのみ施していた構造用接着剤の使用部位を大幅に増やした。この効果はかなりのもので、実際にドライブフィールにおいても、土台がしっかりしたことで足まわりが抵抗なく、よく動くようになったことを直感する。これに伴い操舵応答性や直進安定性も大きく向上している。

そんな、内容の濃いマイナーチェンジを行った両車。中身の進化を金額に換算するとそれなりになるであろうところ、あまり上昇していない点も評価できる。現行モデルの初期型ユーザーでも、もし試乗したら乗り替えたくなるのではと思うほどの仕上がりになっている。